テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2021年8月2日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
55歳女性から、7年前から不倫して1年半前に離婚したが相手の男性は離婚調停が進んでいない。婚約指輪をもらったけれども彼を好きかどうかわからなくなったというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、メンタルトレーナーの田中ウルヴェ京さんが回答者です。

相談者は55歳女性(バツイチ・独身)、1年半前に離婚、子供3人、上二人は就職して独立、3番目は高校生の息子で支援学級に通っている。不倫相手は離婚調停中、今現在、妻、実母、娘2人(3人の内)と一緒に暮らしている

加藤諦三氏の〆の言葉『人は嫌いな事を続けることで消耗します。好きな事を続けるとエネルギッシュになります』

目次

スポンサーリンク

彼を好きかどうかわからなくなった

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:お、あ、あ、よろしくお願い致します

加藤諦三:でぇ・・はい、最初に、

相談者:はい。

加藤諦三:年齢を教えてください。

相談者:50・・5歳です。

加藤諦三:55歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:今してません。

加藤諦三:離婚されたんですか?それともずーっと1人・・

相談者:そう・・です。

加藤諦三:ああ・・

相談者:はい。

加藤諦三:何年前ですか?離婚したのは?

相談者:え・・っと、1年半前です。

加藤諦三:あ、1年半ぐらい前、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:3人いるんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:上の2人はもう、就職して独立しております。

加藤諦三:はい。

相談者:下だけが、高校生で、

加藤諦三:はい。

相談者:今一緒に・・いるんですけども、ちょっとこれが・・支援学校に、通ってる・・ものなんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:はい。

加藤諦三:男の子?女の子?どっちですか?

相談者:男の子です。

加藤諦三:男の子ですか、

相談者:はい。

加藤諦三:はい、わかりました、それでぇ、どんなことですか?

相談者:あ、

加藤諦三:相談というのは?

相談者:今、ちょっともう離婚しちゃってるんですけれども、

加藤諦三:あはい。

相談者:7年、前から、元の夫と別居しておりまして、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしに別の男の人ができたというのもあるので、

加藤諦三:いつ・・男の人ができた?

相談者:7年ほど前かな?

加藤諦三:じゃあ別居始めた時ですね?

相談者:そうですね、もうちょうどその方が、今住んでる所に、お住まいなのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしは、その息子を連れてきてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:ここに、引っ越ししてきたという・・経緯なんですけども、

加藤諦三:この男性は、独身の男性ですか?

相談者:いえ、両方とも、妻帯者でした。

加藤諦三:ああそうですか、はい、それでぇ?

相談者:はい、1年半前に、わたくしの方だけが離婚しました。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、向こうの方がですねぇ、8ヶ月ほど前から、離婚の、裁判を、しているようなんです。

加藤諦三:はい。

相談者:そこからまだ、全然進んでないよですね、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしが聞くところによると、

加藤諦三:はい。

相談者:でその話をすると、なんか割と機嫌が悪くなるので、

加藤諦三:はい。

相談者:結局は、もうそのままなんか、こう、放ったらかし状態で、

加藤諦三:はい。

相談者:いてぇ、でぇ、今も前の奥さんとは、同居されてます。

加藤諦三:ああそうですか、はい。

相談者:行く末は、一緒になりたいねとかいう話をしていたんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:なんかそういう・・経緯があったので、わたしの方がちょっと興ざめてしまいましてぇ(苦笑)、

加藤諦三:はい。

相談者:とりあえずまぁなんとか頑張っていったらぁ、

相談者:わたしの力で・・なんとか生活していけるのではないかと、

加藤諦三:はい。

相談者:なんか、そんな気がしてきたのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:婚約、のお約束というのは、

相談者:もうなんか疲れてきちゃってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:しかも、わたくしのほうの子供が、

相談者:支援学校に通っているので、

加藤諦三:はい。

相談者:就職しても普通・・の、就職ができないと、

加藤諦三:はい。

相談者:いう感じ・・なんですね、

加藤諦三:はい。

相談者:だからもう、子供に頼ることもできないし、

加藤諦三:はい。

相談者:あちらはあちらで、もう娘さんが3人おられて、

加藤諦三:はい。

相談者:そちらと、交流もあるみたいなので、

加藤諦三:はい。

相談者:結婚っていうのは家族同士じゃないですか、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、ご家族同士の触れ合いっていうのかなぁ、なんかこうやっぱり、なかなか・・一緒に・・何かしてぇ、楽しもうとか、そういう感じ、ではないので、

加藤諦三:はい。

相談者:なんかいろいろ、考えちゃうと、わたしは彼のことが好きなのかどうかわからなくなっちゃったんですね、

加藤諦三:はい。

相談者:一応婚約・・指輪をいただいてもらってるんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:このまま、先に進んじゃっていいかどうか、

加藤諦三:あっ、

相談者:本当に、

加藤諦三:はい。

相談者:好きなのかどうかも、それすらもわからなくなっちゃ・・てるんです。

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、

加藤諦三:ってことは、

相談者:はい。

加藤諦三:今日の相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:こういう状態で、 2人は、

相談者:はい。

加藤諦三:一応結婚するというふうに、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:お互いの間で約束になってるけれども、

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:このまま進んでもいいのか、

相談者:はい。

加藤諦三:それとも、もう1人で、

相談者:はい。

加藤諦三:生活できるための、

相談者:はい。

加藤諦三:生活能力もできたので、

相談者:はい。

相談者:はい。

加藤諦三:今までのことは、

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:ご破算にした方がいいのか、どちらでしょうか、

相談者:はい。

加藤諦三:という・・

相談者:そうですね、

加藤諦三:はい。

相談者:そんな感じです、はい。

加藤諦三:よろしいですか?

相談者:はいお願いします。

加藤諦三:はい・・***、それは今日はですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:シンクロの、銅メダリストで、

相談者:はい。

加藤諦三:メンタルトレーニング、上級指導士の、

相談者:はい。

加藤諦三:田中ウルヴェ京先生がいらしてんので、

相談者:はい、あっ、

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:よろしくお願いいたしますぅ。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA