テレフォン人生相談
柴田理恵・大原敬子

柴田理恵・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年8月5日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育)
53歳男性から、高校生の長男は進学校に入ったが鬱病になりテストの答案用紙も白紙で出すようになった。長男とどう向き合えばいいか?というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です

相談者は53歳男性、妻51歳、子供2人、長女(高校3年生)、長男(たぶん高校1年生)

目次

スポンサーリンク

テストの答案を白紙で出した息子

柴田理恵:もしもし?

相談者:あ・・

柴田理恵:テレフォン人生相談です。

相談者:あ、もしもし?

柴田理恵:はい、こんに・・

相談者:よろしくお願いします。

柴田理恵:はい、こんにちは、

柴田理恵:今日はどんなご相談ですか?

相談者:あっ・・はい、高校生の息子・・のことでぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:え・・相談したくて、電話しました。

柴田理恵:ああ・・そうですか、

相談者:はい。

柴田理恵:息子さん、どうなさったんですか?

相談者:えっ・・えーっと・・まあ、中学生・・のときには、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、順調に学校に通ってぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:まっ、友達関係も良かったんですが、

柴田理恵:はい。

相談者:高校生・・になってから・・まあ、学校に馴染めないのか、

柴田理恵:はあーん、

相談者:ちょっと、勉強についていけないのか、ちょっとわからないんですが、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、学校には通ってるんですが、

柴田理恵:うん、

相談者:体調・・が、すぐれないところが・・ありましてぇ、

柴田理恵:お・・はい、はい、はい。

相談者:ええ、でぇ・・まぁ本人の口から、

柴田理恵:うん、

相談者:ええ、ちょっと病院に連れてってくれないかと、

柴田理恵:うん、ふん、

相談者:でぇ・・心療内科に、

柴田理恵:うん、

相談者:連れてっ・・たんですよ、

柴田理恵:はい。

相談者:でぇ、そうしましたら、あ・・心療内科の先生から、

柴田理恵:はい。

相談者:まあ、うつ病ですと、

柴田理恵:はぁ・・ん、

相談者:ええ、そういうふうなことを言われましてぇ、

柴田理恵:はああ、

相談者:でぇ、授業・・でもなんか・・先生から見ると、あまりやる気が、見られないような、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:感じだというふうなこと言われたものでぇ、

柴田理恵:はい、はい。

相談者:ええ、

相談者:そういうとこです。

柴田理恵:え・・はい。

相談者:はい。

柴田理恵:えっと、あなたおいくつですか?

相談者:っと、53歳です。

柴田理恵:はい、奥さんは?

相談者:え・・51歳、です。

柴田理恵:はい、お子さんは?

相談者:2人です。息子の上に、

柴田理恵:うん、

相談者:え・・娘が・・高校3年生です。

柴田理恵:はい、じゃあ、うつ病っていうことに、なったわけですか?

相談者:いや、でも・・今までまあ、結構、元気だったのがぁ、

柴田理恵:はい。

相談者:なんかこう、いっ・・学校から帰ってきてもすぐ、

柴田理恵:うん、

相談者:横になってぇ、

・・

相談者:寝てみたりとか、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:こう、覇気がなくてぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:ええ、でぇ、なんかおかしいなぁとは思ってたんですが、

柴田理恵:うん、なんか原因っていうのは・・息子さんはなんかおっしゃ・・ったり、してます?

相談者:特には・・

柴田理恵:うーん、

相談者:ええ・・それまでは、結構、自宅でも明るく、

柴田理恵:うん、

相談者:普通に、

柴田理恵:うん、

相談者:ええ、過ごしてたんですが、

柴田理恵:うん、

相談者:一時期から・・なんかこう、ホントに、口数が少なくなってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:ええ、元気がないな・・っていう感じ・・であったものでぇ・・ええ、

柴田理恵:うーん、

相談者:先だってぇ、

・・

相談者:え・・学校でぇまあテストがあったときに、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、白紙でぇ・・出したらしいんですよ、

柴田理恵:はい、はい。

相談者:ええ、でぇ、それがその・・問題が全くわからなくて出したのか、それともそのぅ・・こう、病気からくるものでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:このようにしたのか・・ちょっとわからなくてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:そこが一番心配でぇ、

柴田理恵:ああ・・

相談者:ええ、

柴田理恵:したら、テストで白紙、出しちゃってぇ、

相談者:ええ、

・・

柴田理恵:そのことは、お聞きになったんですか?そのぅ・・息子さんに、

柴田理恵:「どうしてぇ?」・・ってぇ、

・・

・・

相談者:あっ、そこの部分はまだ・・

相談者:自分・・

柴田理恵:聞いてらっしゃらない?

相談者:ええ、ええ、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、学校の、担任の先生から電話が・・あのぅ、うちの嫁さんにあったものでぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:ええ、

・・

柴田理恵:あのぅ・・例えば学校でぇ、いじめにあったとか、そういうことはあったりするんですか?

相談者:それは、ない、ようですねぇ、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:まあ、学校に馴染めないのか、先生・・方から、

・・

相談者:なにかこう、プレッシャーみたなのを・・受けていてぇって、今ちょっと感じたんですが、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:友達関係は、まあ中学校のときの仲のいい友だちが・・

相談者:何人かいるのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ、新しく、めぐりあった、生徒ともなんか、うまくいってるような・・

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:感じを話してるものでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、友達関係ではないのかなぁ・・とは思ってたんですが、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:ええ、

柴田理恵:たとえば部活とかは?

相談者:文化部・・なんですよ、

柴田理恵:はい、はい、はい。

相談者:でぇ、そこの文化部も仲のいい、

柴田理恵:うん、

相談者:友だちと、行ってるものでぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:クラブでもない、

柴田理恵:うーーん

相談者:よう、だなと、

柴田理恵:なるほど、

相談者:感じてました、はい。

柴田理恵:先生からのプレッシャーってぇ、例えば、

・・

柴田理恵:勉強ですか?

・・

・・

相談者:だと思います。

柴田理恵:進学校なんですか?

・・

相談者:そう・・ですねぇ、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:ええ、うちら、まあ、夫婦は・・親は、そんなに勉強しろとか・・必ずこういう大学行けとか、そういうのは一切しゃべらないものでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:はい。

柴田理恵:息子さんが、頑張らなきゃあと思ったり、し、してる、そこのプレッシャーになってきてるってことですかねぇ?

・・

相談者:そう、なのかもしれない・・ですねぇ、はい。

柴田理恵:うーん、その辺も・・ご本人はしゃべったりなさらないわけでしょ?

・・

・・

相談者:そう・・ですねぇ、はい。

柴田理恵:ふぅーん、

柴田理恵:じゃあ今日のご相談はアレですかね、

柴田理恵:そういうふうに、

相談者:ええ、

柴田理恵:うつというか、

相談者:ええ、

柴田理恵:そういう状態になった息子さんをこれからどう育ててっていいか?

相談者:まあ、まっ、そうですねぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:どのように、あのぅ・・接したらいいのかなぁ・・

柴田理恵:うん、

相談者:っていう部分・・

・・

相談者:でぇ、まあ、電話、しました、はい。

柴田理恵:はい、わかりました。じゃあ、先生に聞いてみましょう。

相談者:はい。

柴田理恵:はい、今日の回答者の先生は、幼児教育研究の、大原敬子先生です。

相談者:はい。

柴田理恵:先生よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA