テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2021年8月6日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
49歳女性から、夫の子供で元妻と暮らす娘が、高校1年で学校を辞めて引き籠りになった。何かしてあげたいが下手に口を出さないほうがいいか?というご相談です。

相談者は49歳女性、夫50歳(バツイチ)、一緒になって4年の二人暮らし。近所に住む夫の元嫁と元嫁との間の子2人、長男19歳、長女17歳

加藤諦三氏の〆の言葉『自分の人生を活性化する最も安易な方法は、他人の人生を巻き込むことです』

目次

スポンサーリンク

余計なお世話かな?

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい、もしもし・・

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いしますぅ・・

加藤諦三:はい、最初に年齢教えてください。

相談者:49歳です。

加藤諦三:49歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:50です。

加藤諦三:50歳、

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:主人の、ほうに・・娘さんが・・10・・7歳、

加藤諦三:はい。

相談者:息子、さんが、19歳ですねぇ、

加藤諦三:はい、でぇ、今・・は・・何人でぇ、暮らしてんですか?

相談者:今は、夫婦2人でぇ、

加藤諦三:2人で暮らしてる。

相談者:住んでいましてぇ、連れ子ちゃん達は、元の・・奥様、の、ほうと・・近所で、暮らしてます。

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:でぇ、相談は、どんな相談ですか?

相談者:娘・・ちゃんのほうなんですけども、

加藤諦三:17歳の?

相談者:あのぅ・・そうですねぇ、はい、

加藤諦三:はい。

相談者:高校1年生のときに、学校・・を、辞めてしまいましてぇ、

相談者:何ヶ月か、仕事を、転々と就いたんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:まったく続かず、

加藤諦三:はい。

相談者:今、あのぅ、朝、起きれない状態でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:昼と夜とが逆転している状態でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ずっと家にこもってるんですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:なんとか・・したいなぁとは思ってるんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:口を出さないほうがいいのかぁ?・・何かできることはないか、という気持ちも・・ありながら、

加藤諦三:はい、はい。

相談者:このまま、ニートになられても、困るという気持ちもありながらということでぇ、

加藤諦三:ああ、なるほどねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:この引きこもってしまったこのお嬢さん、から、助けを求められてるとか、あなたのご主人から・・頼まれてるわけではないんですねぇ?

相談者:以前、娘ちゃんのほうから、

加藤諦三:ああ、

相談者:こちらのほうでぇ、住みたいと、

加藤諦三:あっ、

相談者:いうことは、言われたんですねぇ、ただ・・息子ちゃんのほうと、2年間、住んでたことがありましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:そのとき・・の、まあ教育、方針といいますか、

加藤諦三:うん、

相談者:そういったことでぇ・・主人と揉めたり、

加藤諦三:うん、

相談者:男の子と衝突しましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:母親の元に、帰ったという・・ことがありましたのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしのほうから・・お兄ちゃんがいたときもそうだったけれども・・同じことを、叱られる、であれば、お母さんから、叱られたほうが、納得も行くだろうから、

加藤諦三:うん、

相談者:お母さんの、下にいてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:やりくりしたほうがいいんじゃないかと・・

加藤諦三:では・・

相談者:いうことでぇ・・伝えたんですけれども、

加藤諦三:今日の相談というのは・・あなたが助けたいという気持ちがあるのでぇ、

加藤諦三:何か・・助ける方法があるかという、そういう相談ですか?

相談者:そうですねぇ、あのぅ、以前、あのぅ、主人にも伝えましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:過眠症である・・の、であれば、

加藤諦三:うん、

相談者:あの、自分で治すこと、も難しい・・のではないかと思うのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:病院に行く気があるのであれば、

加藤諦三:うん、

相談者:一緒に行くよ・・というふうな、ことも言ったんですけども、

加藤諦三:うん、

相談者:言ったものの、あんまり、干渉しないほうが、立場的に、いいのかなぁ・・なんて思ったりも、しましてぇ、

加藤諦三:うん、うん、あなたが、助けたいという、気持ち・・を、確かめるために聞くんですけども、今現在あなたの、夫婦関係はうまく行っている・・ですか?

相談者:はい、子供がいないと、うまく、行くんですが、

加藤諦三:うん、

相談者:子供の問題になると、揉める、原因になってしまいます。

加藤諦三:まあ、意見が違うからねぇ、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:ええ、助けたい・・っていうのには2種類あってねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:ヘルシーサポートっていうのと、健全な、助けと、不健全な助けっていうのがあってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:要するに、自分の心が、

加藤諦三:孤独だったり、無意味感を持っていたり、生活に張りがなかったり・・実存的欲求不満っていうんですけれども・・そういうものを持ってると、

加藤諦三:人に、関わって行くという、

加藤諦三:自分の側の心の必要性から・・助けたい、だから、劣等感を持ってる人は助けたがるっていうのはそこでぇ、あなたの場合には、

加藤諦三:劣等感を持ってる人を助けたがるとか、

相談者:はい。

加藤諦三:そういうことではないんですねぇ、

相談者:もしかするとですねぇ、まあ、自分が子供を産めなかったのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:その、もしも自分・・に子供がいたら、こんなことには、させなかったという気持ちも、ありますねぇ、

加藤諦三:うーん、

加藤諦三:助けるっていう行為は・・非常に難しいんです。

相談者:ああ・・

加藤諦三:したほうがいいっていう場合と、

加藤諦三:手ぇ出しちゃいけないっていう場合・・自分が、生活に張りを持たせるために、相手を巻き込むっていう場合とあるんですよ、

相談者:ああ・・

・・

相談者:巻き込むのかもしれませんねぇ、

・・

加藤諦三:ああ・・それだと、

加藤諦三:当然・・いろんな犠牲をはらってぇ、助けてぇ、みても・・感謝を求めるとかね、

相談者:はい。

加藤諦三:劣等感を持ってる人が、人を助けたがるっていうのそこなんですよ、

相談者:ああ・・

加藤諦三:感謝をされたいから助けるんです。

相談者:そうです、あのぅ・・男の子のほうと、一緒に住んでたときは、

加藤諦三:うん、

相談者:血の繋がっていない、わたしが・・ましてやその母親は生きているときに、

加藤諦三:ええ、

相談者:頑張ったところでぇ、お節介にしか思われないんだというのは・・

加藤諦三:あっ、

相談者:わかりました。あはははは・・

加藤諦三:ありがた迷惑、ふっふっ・・要するに、

相談者:そう、

加藤諦三:報われない努力をする人っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:相手が求めてぇ・・ないのに、こちらから出て行く。

相談者:はぁい。

加藤諦三:自分の人生を、活性化するために、人を巻き込むことの、助けっていう場合なんですよねぇ、

相談者:ああ・・

加藤諦三:まあ今の話を見ると、僕はちょっと積極的に、出ないほうがいいと思うんですけれども、今日はですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:法律上の問題はもちろんですけれども、いろんな、経験、知識を、お持ちの、弁護士の、中川潤先生がいらしてんのでぇ、ご意見を、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA