テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2021年8月7日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
38歳女性から、結婚相談所で紹介され10ヶ月の交際期間を経て結婚して11年、2年半前、夫の転職を機に夫婦関係が悪化。原因は家計管理している夫に「交通費2千円を下さい」と言ったところ「ダメだ」と喧嘩になり口を利かなくなった。1年半経ち「離婚」と言われる。それから1年、1週間前に夫が家を出て行き、夫の親から家を明け渡せと言われている。

相談者は38歳女性、夫40歳、子供なし、結婚し11年

加藤諦三氏の〆の言葉『自分に正直、それが最善の生き方です』

目次

スポンサーリンク

夫の親から家を明け渡せと言われる

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい。

加藤諦三:最初に年齢教えてください。

相談者:38歳です。

加藤諦三:38歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:40歳です。

加藤諦三:40歳、お子さんは?

相談者:いないです。

加藤諦三:いないですか、すっと今は2人で生活してんですねぇ?

・・

相談者:今は、

加藤諦三:はい。

相談者:主人があのぅ・・1週間ほど前に出て行ったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:1人でぇ、生活しております。

加藤諦三:はいわかりました。でぇ、え・・1週間前に出て行ったと言ってぇ、結婚したのはいつですか?

相談者:11年前です。

加藤諦三:11年前・・はいわかりました。でぇ、どんな相談ですか?

相談者:主人が、

加藤諦三:はい。

相談者:1週間ほど前に出て行ってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、わたくしも・・主人の親などから、

加藤諦三:ええ、

相談者:まあ、あと1ヶ月ほどでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:今の、住居明け渡さなきゃ、い、いけないみたいな感じでぇ・・はい。

加藤諦三:今の・・住んでる所は、そうすっとご主人の、名義になってんですか?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:あのぅ、土地も建物も両方共ねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました。それでぇ、それを・・出てってくれと、本人ではなくてぇ、ご主人本人ではなくてぇ、ご主人の親から言われてぇ?

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ離婚をしてくれとは言われてないんですか?

相談者:あ、言われてます。

加藤諦三:離婚してくれ・・じゃあ、その、離婚の話が出たのはどのぐらい前ですか?

相談者:1年前です。

加藤諦三:1年ぐらい前に・・離婚の話が出たと、

加藤諦三:でぇ、それからずーっといろいろ・・その離婚についての話し合いがあったんでしょうけれども、これは、恋愛結婚?

相談者:あ、そうです。

加藤諦三:もちろん最初はうまく行ってたんでしょうけれども、恋愛の期間っていうのはどのぐらいあったの?

相談者:10ヶ月ぐらいです。

加藤諦三:10カ月、そしてぇ、結婚をしてぇ・・いつ頃からですか?そのぅ・・揉め出したのは?

相談者:ん、2年・・半前ぐらいまでは、

加藤諦三:はい。

相談者:うまくやってたんです。

加藤諦三:どういうことが原因でぇ、まずくなり出したんですか?

相談者:あのぅ、主人が転職しましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、それからなんか、あのぅ、ちょっとしたことで喧嘩をしてしまってぇ、

加藤諦三:ちょっとしたことでの喧嘩っていうのは、例えばどんなこと?

・・

相談者:あのぅ、主人が全部・・ウチの家計を管理してたんですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、

相談者:たまたまどこどこに行きたいから・・交通費としてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:いくらいくらください・・って言ったら、

加藤諦三:ええ、

相談者:ダメだって言われてぇ、

相談者:それでぇ、喧嘩になっちゃったんですよねぇ、

加藤諦三:あの、交通費くださいってぇ、そこでもう、大揉めになったってことはねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:元々うまく行ってればそんなことでぇ、そんなすごい話にならないわけですよねぇ、離婚の、

相談者:はい。

加藤諦三:だから元々なんか・・一緒にいて楽しくないっていう期間が、

加藤諦三:かなりあった、わけ・・でしょ?

相談者:そーですねぇ、それは・・ちょ・・っと、

・・

相談者:それまでホントに仲良かったのでぇ、

相談者:あのぅ・・

加藤諦三:でぇ、でぇ、でもあなた例えば、ホントに仲が良かった・・ことがですよ、

相談者:はい。

加藤諦三:こんなことで離婚になります?

・・

相談者:うーん・・

加藤諦三:だからあなたが、うまく行ってると思っていたけど、夫のほうは・・大変失礼な言い方だけども、

相談者:うん、

加藤諦三:心は、もう離れていた。

相談者:はい。

加藤諦三:あなたが、夫が心が離れているということに気が付かなかった。

相談者:はい。

加藤諦三:ということはあなたも・・夫から・・心が離れていたってことでしょう?

相談者:うーん・・

・・

加藤諦三:じゃあ、

相談者:はい。

加藤諦三:もっと言うと・・すっと、あなたから見ると・・ちょっとしたことでもってぇ、まぁさっき、生活費って言っていましたけど・・離婚の話になったということねぇ?

相談者:はい。

加藤諦三:それからはずーっと・・生活は、おも、それまで通りだったの?

・・

相談者:会話がなくなってぇ、

加藤諦三:それまで会話ありました?

相談者:ありました。

・・

加藤諦三:でぇ、そこ・・

相談者:会話・・

加藤諦三:そこで急に、会話なくなった?

相談者:はい、なりま・・なくなりました。

・・

・・

加藤諦三:うーん・・

加藤諦三:ちょおっと、す、

加藤諦三:話聞いてて理解しにくいんですけどねぇ、

相談者:うん、

加藤諦三:でぇ、離婚の理由はなんなんですか?

相談者:わたしのことが、やっぱ気に入らないからっていうのが、

・・

相談者:も、聞きましたねぇ、

加藤諦三:具体的に言うと気に入らない・・っていうのは、どういう・・ことなんですか?

相談者:だか、なんか・・性格でなんか、あのぅ・・

・・

相談者:短気だったり(涙声)・・

・・

相談者:そういうの、とかぁ・・

・・

相談者:いろいろ、病気があってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:家事とかが、あのぅ・・100%、

・・

相談者:できなかったりするからぁ、

加藤諦三:う、うーん・・

相談者:そういうのが、あのぅ・・気に入らない・・って言われました。

加藤諦三:あのぅ、あなたは、それでぇ、

加藤諦三:ご主人から、あのぅ・・別れたいと言われてぇ、あなた自身はどうなの?別れたいの?・・別れたくないの?

・・

相談者:わたし自体は、初めは、別れたくない・・と、かったんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:親とか・・

相談者:いろんな人の話聞いてると、

相談者:条件、次第とかでぇ、

・・

相談者:折れるしかないっていうのを、

・・

相談者:言われるのでぇ、

・・

加藤諦三:そうすっと今日・・の相談っていうのは、その条件の話ですか?どういうことを知りたくてぇ、電話くれたんですか?

相談者:今の家を、親が決めることじゃなくて自分たちで決めることなのに、

加藤諦三:うん、

相談者:出てかなきゃいけないのか?と、いうことと・・今後・・わたくしが、調停っていうんですか?

加藤諦三:ええ、

相談者:ああいうのでぇ、

相談者:離婚調停はあれですから、円満調停って言うんですか?

加藤諦三:ええ、

相談者:あれに申し込もうかなぁっていうのが、

加藤諦三:うん、

相談者:考えてたんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:うん・・

加藤諦三:要するにこういうような状態の中でぇ、

相談者:うん、

加藤諦三:家庭裁判所の、調停に、話を持って行きたいけれども、どうだろうかっていうのが、今日の相談ですかねぇ?

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました。今日はあのぅ、スタジオに弁護士の、坂井眞先生がいらしてんのでぇ・・伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA