テレフォン人生相談
今井通子,中川潤

今井通子,中川潤
テレフォン人生相談 2021年8月14日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:中川潤(弁護士)
婚姻2年、6ヶ月の息子がいるが離婚協議中、嫁側は婚姻費用分担金の件で調停を申し立てている。親権の問題や引き伸ばし工作に憤慨したという相談者、過去の嫁母の不倫や、嫁父のDVをショートメールで送り、息子を同じ目に合わせるのかと送ったところ弁護士を立てられた。やり過ぎたなとは思うが、この先、どういう要求をされるのだろうか?パーソナリティは今井通子さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は36歳男性(バツイチ)、妻35歳、長男6ヶ月、婚姻2年、前妻との間に2人の娘あり。妻の両親

目次

スポンサーリンク

やり過ぎて嫁側が弁護士を立てた

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、もしもし?よろしくお願い致します。

今井通子:はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:離婚協議中でしてぇ、

今井通子:はい。

相談者:婚姻費用・・分担の調停中なんですが、

今井通子:はい。

相談者:それとは別件でぇ・・今の調停中の・・

相談者:妻の・・両親に対してぇ・・ちょっと、憤りを感じてしまってぇ、

今井通子:はい。

相談者:ショートメールでえ・・過去の・・

相談者:両親の、不倫とかDVのこととかをちょっと、打ってしまってます。

・・

相談者:そういった状況でぇ、

今井通子:それ、ちょ、ちょ、ちょっと、まってぇ、

相談者:はい。

今井通子:ショートメールでぇ、打ってしまってるの?

相談者:メ、メールを打ってます、ショートメール、

今井通子:メ、メールを打ってるのね、

相談者:はい。

今井通子:はい。

・・

相談者:それでぇ、まぁ警察からの、あの、注意の・・電話が来たのと、

今井通子:はい。

相談者:妻からは、え・・代理人を立てますという、弁護士を立てますっていう・・の連絡が来ましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:そのぅ・・弁護士は、を立てることによってぇ、

・・

相談者:どういった・・状況が今後起こり、うるのかっていうの・・を、お聞きしたくてぇ、

相談者:ご相談なんですけれども、

今井通子:なるほど、まずですねぇ、あなたおいくつですか?

相談者:36です。

今井通子:36歳、奥さまは?

相談者:35です。

今井通子:ご結婚何年目?

相談者:2年、ほどです。

今井通子:お子さんいらっしゃる?

相談者:長男の、ゼロ歳がいます。

・・

今井通子:ゼロ歳?

相談者:はい。

今井通子:あっ・・っていうことは何ヶ月?

相談者:6ヶ月ですねぇ、

今井通子:6ヶ月、

相談者:はい。

今井通子:はい。

・・

今井通子:がいらっしゃってぇ、

相談者:あっ、それと、あと、わたしバツイチでしてぇ、

今井通子:はい。

相談者:2人、娘が・・いてぇ、相手側が引き取ってます。

・・

今井通子:はい。

・・

・・

今井通子:でぇ・・これは・・義理のご両親の、

相談者:はい。

今井通子:不倫の・・ことを、

相談者:はい。

今井通子:メールでぇ、どういうふうにしたの?

・・

相談者:メールでぇ、あのぅ・・そういったあのぅ、不倫、をする・・

相談者:義理のお母さんと・・ショックでぇ、娘に対してぇ、妻に対してぇ、子供の頃から、DVをして来た・・

相談者:お父さんがいる、ところでぇ、

相談者:長男の親権を譲るつもりですのでぇ、育てられるのが・・ちょっと不安ていうところと、

相談者:あとぅ・・家族・・その義理のお父さんと、妻と・・義理のお母さんとわたしの・・母と・・5人で話し合いを、したんですけれども、

・・

相談者:え・・

今井通子:それ、それはあれですよねぇ・・離婚話ですよねぇ?

相談者:ああそう、離婚の話でぇ、

今井通子:はい。

相談者:話をしたんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:まっ、結局もう・・妻のほうが、も、ヒステリーをちょっと持ってましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:話にならない・・っていうところと、

相談者:妻と、いたいのか?子供といたいのか?っていうふうに義理のお父さんに、聞かれましたのでぇ、正直に・・「子供のために、耐えてます」っていうことを、言った際に、

今井通子:はい。

相談者:父親のほうから、

相談者:「もう離婚してください」って言われたのと、

・・

相談者:と、母・・

今井通子:あっ、お父さんが「離婚してくれ」と言ったんですか?

相談者:はい、お父さんからも「離婚して」と言われてぇ、

今井通子:うん、

相談者:あと・・母親のほうからも、「離婚してください」って言われました。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、妻も「離婚して欲しい」ということで、言われています。

今井通子:はい。

今井通子:どれぐらいのことを、どういうふうに書いちゃったわけ?

相談者:子供が、そういった、不倫とDVの、家庭でぇ・・

相談者:育てられるのは、可哀想でしょうがない・・っていうことと、あと、

相談者:まあ、そういった・・家庭で育ってしまったら・・同じく・・子供もそういった・・人に育ってしまいますよねぇ・・っていった内容と、あと・・

相談者:不倫って・・娘を巻き込んでまでする不倫ってぇ、楽しいんですか?とか、あと、

相談者:お母さんの、ふ・・

今井通子:この不倫は

相談者:はい。

今井通子:お母さんなの?お父さんなの?

相談者:お母さんです。

今井通子:あ、お母さんが不倫してんのねぇ、

相談者:はい・・でぇ、それはもう妻から全部・・聞いたのと、やっぱり・・付き合うようになってから、あのぅ・・寝てるときとかに、こうストレスが強いときとかに・・

相談者:「お父さんぶたないでぇ」とか、「もうやめてぇ」とか、

・・

相談者:そういったこと・・

今井通子:あっ、そうするとDVはお父さんなの?

相談者:うん、そうです、はい。

今井通子:はい。

・・

相談者:そういったところを、もう、妻から、聞いてぇ、いたのでぇ、まぁそういったことを、ま、こういうことがあったんですよねぇ・・ってぇ、

相談者:ひどくないですか?とか、

・・

今井通子:ん、

相談者:不倫って楽しいんですか?みたいなことを書いて・・しまったんですねぇ、

今井通子:うんうんうん、

相談者:でぇ、そういった、家庭の事情も・・今後、離婚調停を、申し込む際は、全部・・文章にしてぇ・・提出する予定です。みたいなことを・・書いてしまいました。

今井通子:はい。

・・

相談者:それでぇ、え・・籍をもう早く抜きたいのでぇ、離婚届を記入してぇ、相手方に・・返信封筒まで入れて送ってるんですけれども、なんの・・音沙汰もなくてぇ、

相談者:でぇ、結局・・婚姻費用分担の・・調停の申し込みが来てぇ、

相談者:でぇ、調停を今行っている・・っていうところでぇ、

相談者:婚姻費用を、

相談者:を、多く取るために期間を伸ばしてるっていうふうにしか捉えられなくてちょっと・・

相談者:わたしとしては、かなり・・憤りを感じている・・状況でぇ、怒り・・っていうか、そういったところでぇ・・両親、は、自分たちが離婚して欲しいって言ってるのになんでそんなことをするのかっていうところの怒りから、

・・

・・

相談者:え・・そういった・・ショートメールを送ってしまった状況です。

・・

・・

今井通子:でぇ、警察から注意が来たわけですねぇ?

相談者:あぁ、来ました、はい。

今井通子:でぇ、これが・・何か、あなたにとっては、

今井通子:問題なわけですか?

・・

相談者:いえ、問題ではないです。

・・

今井通子:ん?

相談者:ただ・・***

今井通子:今そのぅ・・

相談者:はい。

今井通子:離婚の話はしていますが・・っていうお話はされたけど、

相談者:はい。

今井通子:その最中に、

相談者:はい。

今井通子:妻のその、両親の、不倫を、

相談者:はい。

今井通子:メールしてしまい、

相談者:はい。

今井通子:その、警察・・に云々っていう、

今井通子:これで何かが起こるんでしょうか?みたいな話じゃなかったでした?

相談者:あっ、では、ではなくてぇ、その、警察まではちょっと、わたし、は、別にもう・・

・・

相談者:もう、今後、やらないでおこうと、思ったんですけれども、

今井通子:うん、

相談者:弁護士を、立てますというところの連絡が妻から来たんですねぇ、そのあとに、

・・

今井通子:あっ、その問題で?

相談者:あっ、それでぇ、今後起こりうる・・だろう、ことをちょっと知りたくてぇ・・ちょっとお電話したんですけど、

今井通子:その問題でって意味はねぇ・・義理のご両親の、不倫の問題を、

今井通子:え・・メールしちゃったこと・・でぇ、

相談者:あっ、そうです、そうです、はい。

今井通子:あのぅ、奥さまのほうから、

相談者:はい。

今井通子:「弁護士を立てる」って言われたわけねぇ、

相談者:そうです、はい。

今井通子:はい、だから・・「離婚します」話とは違うのよねぇ?

相談者:そうです、はい。

今井通子:はい。

今井通子:でぇ、何が起こるのか?っていうことが聞きたいっていうお話ですよねぇ、

相談者:あ、そうです、はい。

今井通子:はい・・

今井通子:今日はですねぇ、弁護士の・・中川潤先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井通子:先生よろしくお願いします。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 離婚の調停中だということはわかったけれど、なぜ離婚ということになったのかの説明が一切ない。

    放送を聴いた印象では、相談者のモラハラかな?と思わぬでもないけど、これはあくまで私の個人的な感想。根拠があるわけではない。

    「あなたにも言い分はあるだろうから、あなたも弁護士雇って妥当な判決貰いなさい」というアドバイスでした。
    与えられた情報からは、そういうアドバイスしか出来ませんわな。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA