テレフォン人生相談
柴田理恵・マドモアゼル愛

柴田理恵・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2021年8月19日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
24歳女性から、幼少期から自分の思ってることを言えない悩みがあり、看護師として働いていたが心の病で退職、今後どうすればいいか?というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は224歳女性(独身・看護師休職中で来月退職予定・一人暮らしと実家の往復)、父63歳、母57歳

目次

スポンサーリンク

心の病で看護師を休職中

柴田理恵:もしもし?

相談者:あっ、

柴田理恵:テレフォン人生相談です。

柴田理恵:こんにちは、

相談者:あっ、こんにちは、

柴田理恵:はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:えっと・・わたくし自身のことになるんですけれども、

柴田理恵:はい。

相談者:まあ、えーっと、幼少期からですねぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:え、自分の思ってることを・・言えないっていうのがすごい悩みが・・

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:ずっと続いてましてぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:学生から、また社会に出た・・ってところでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:まっ社会・・日本社会の問題とか・・なんかそういうところに、いろいろ、き、なんか気付いて来てぇ、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:まあ、今後どういうふう・・に、

・・

相談者:生きて行くのか、考える上での、アドバイスが欲しいなぁと思いましてぇ、

柴田理恵:ああ、なるほど、

相談者:はい。

柴田理恵:あなた今おいくつですか?

相談者:24歳です。

柴田理恵:24歳、独身ですか?

相談者:あっ、そうです、はい。

柴田理恵:はい、お父さんお母さんいらっしゃるんですか?

相談者:はい、います。

柴田理恵:えっと、一緒に住んでらっしゃるの?

相談者:ちょっとそこが(苦笑)難しいところなんですけれども、

柴田理恵:ああ、はいはい。

相談者:住民票では、一人・・暮らし世帯・・として今、あるんですけれども、

柴田理恵:はい。

相談者:えーっと、1年・・ほど前から、休職・・しておりましてぇ、

柴田理恵:あっ、お仕事を?

相談者:はい。

柴田理恵:はい。

相談者:まあ休職の初め頃は、ちょっと・・3ヶ月ほど入院をし、

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ・・まあ・・えっと、すぐに一人暮らしではちょっと厳しいということでぇ、実家に戻・・ってぇ、

柴田理恵:うんうん、ふんふん

相談者:でぇまぁちょっと・・実家と・・一人暮らし、のところを、行ったり来たりってぇ、

柴田理恵:うんうん、

相談者:いうような形の生活・・をしています。

柴田理恵:なるほど、

相談者:はい。

柴田理恵:お父さんおいくつですか?

相談者:63・・

柴田理恵:はい。

相談者:歳です。

柴田理恵:お母さんは?

相談者:57歳です。

柴田理恵:はい。

相談者:はい。

柴田理恵:わかりました。じゃあ、大学・・を卒業なさってぇ、

相談者:はい。

柴田理恵:でぇ、就職なさったわけですねぇ?

相談者:はい。

柴田理恵:んでぇ、今、お休みになってる?

相談者:はい。

柴田理恵:その、お休みっていうのは何か・・あったんですか?

相談者:まあ、元々先ほど申したようにちょっと自分の思い伝えられないっていうことで悩んではいた・・っていうところ、と、

柴田理恵:はい。

相談者:えーっと、まあ、一番、おお・・きく(大きく)は・・高校3年生のときに、

柴田理恵:はい、はい。

相談者:まあ、友だち関係であったり、家族の、問題であったりってところでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:ちょっと悩みが重なってしまってぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:ちょっと、鬱気味な感じになってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:学校・・を、

柴田理恵:うん、

相談者:2週間ぐらい、まあ、あのぅ・・

相談者:休んだり早退したりみたいな形があってぇ、

柴田理恵:うん、うん、うん・・うん、

相談者:でぇまあ、なんとか・・まぁ受験のほう受けてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:まぁ合格したのでそのまま進学してぇ、

柴田理恵:うん、うん、うん、

相談者:なんですけどやっぱりそういうこともあったのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ、わたくし自身、ちょっと看護の道に・・に興味があったのでぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:そちら・・を、の・・

相談者:ほう学んでたんですけれども、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:やっぱり体力的な問題とか・・やっぱり不安が大きかったのでぇ、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:大学時代からすごい悩んではいたんですけれども、

柴田理恵:うん、ふん、ふん、

相談者:その悩みがずっと続いてぇ、大学3年生のときに、

柴田理恵:うん、

相談者:生理・・痛と、無気力っていうのが、

柴田理恵:うん、

相談者:ひどくなってぇ、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:最初、産婦人科かかってぇ、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:そのあと・・やっぱりちょっと・・心の・・心療内科かかっ・・

柴田理恵:うん・・うんうん、

相談者:てぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:大学3年生のときから、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ・・

相談者:内服しながら、だ、あのぅ、看護、の実習とかもこなしつつ、

柴田理恵:ああ、大変だったねぇ・・

相談者:でぇ、国家試験・・受かったのでぇ、まあ・・

柴田理恵:ああ・・

相談者:まあ、就職先も・・

相談者:自分に、看護向いてないのかなって思い、ながらだったのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:あんまり・・どこの・・病院に行きたいとか、

柴田理恵:うんうん、

相談者:就職先もあんまり考え(苦笑)、られない中、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ・・

相談者:唯一受かったところでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:働いたっていうような、

柴田理恵:ふーん・・

相談者:形でぇ、はい。

柴田理恵:大変な中、頑張って来ましたねぇ、

相談者:はい・・

相談者:でぇ・・

柴田理恵:偉いなぁ・・と思います、わたし、

・・

・・

柴田理恵:ホントに、

柴田理恵:ずーっとそうやってぇ、思い悩みながらも、ちゃんと・・やるべき事、きちんとなさって来たんですねぇ、

・・

相談者:まあ・・はい。

柴田理恵:うーん・・そうかぁ・・

相談者:がっ・・こう(学校)にあがってからは、

柴田理恵:うん、

相談者:まっ、友だちとかにこう・・なんか・・

相談者:意地悪されることもあったりもあったけど、

柴田理恵:うん、

相談者:ちょっと「やめて」とかも、そういうことも、あんまり言えなかったりとか、

柴田理恵:うん、うん・・でもお友だちはいたんでしょう?

・・

柴田理恵:たくさん、

相談者:たくさんはいない・・っていうか、

柴田理恵:うん、

相談者:うん、うーん・・

相談者:まぁ・・

柴田理恵:どうしてぇ・・いきたいですか?ご自分としては?

・・

相談者:んっと、これはもう決めたことなんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:今月末で自己たいしょ・・く(退職)・・・するというふうに決めてぇ、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:休職はしてるんですけど、やっぱ、医療の話とかニュースとか出ると、

柴田理恵:うん、

相談者:やっぱり・・こういう・・ことやなんか・・世のためにも、やったらいいのになぁ・・みたいなこと考えてぇ、どうしてもしまうのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:なんか気持・・ち?

柴田理恵:うん、

相談者:とか思考として休まらい部分があ・・ったり、とかぁ・・

柴田理恵:うん、

相談者:ま、ちょっと職場の、人に迷惑かけたりっていうのも多々あったのでぇ、

柴田理恵:うん、

柴田理恵:退職を決めたってことですねぇ、

相談者:はい。

柴田理恵:はい。

相談者:でぇ、来月からは、もう実家に完全に戻るということ・・

柴田理恵:ふぅーん、

柴田理恵:でぇ、また新しい、別のところで仕事しようと思ってらっしゃるんですか?

・・

相談者:うーん、まっ・・休んだきっかけぇ・・が・・メンタル的な部分もあるのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:すぐ、仕事ってぇ・・いう形にはまだちょっと、体力のほうも、まっ、あのぅ、休んでたことで減っ・・たのぅ・・

柴田理恵:うん、

相談者:減ってる部分もあるのでぇ、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:ちょっと休養をまずしてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:あと、まあ、家族とのもん・・そのぅ・・いろんな・・問題もあるのでぇ、ちょっと関わりとか距離感とかっていうのも、掴むのがまず大事なのかなぁとは思うんですけど、

相談者:その上でそのあとどうやってぇ・・生きて行くか考え・・

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:たら、ど、したらいいのかなぁ・・っていう、ことなん・・

柴田理恵:え・・家族と、な、ん、なんかご両親とかと何か問題があったんですか?

相談者:そのぅ、わたくしが・・

柴田理恵:うん、

相談者:入院する際に、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、精神科っていうことでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:精神科に入院することは、

柴田理恵:うん、

相談者:そのなんか犯罪者・・とかと、

柴田理恵:うん、

相談者:お前は、一緒に思われるんだぞみたいな・・

柴田理恵:うーん、

相談者:ことを言ってきたりとか、

・・

・・

柴田理恵:えっ、そんなふうにお母さんが言ったんですか?

相談者:そうです、はい。

相談者:母は割と、ちょっとふざけてる部分もあってぇ、

柴田理恵:ん?な、何してる部分?ふざけ・・

相談者:ふざけている部分、

柴田理恵:ふざけてる?

相談者:ん・・うん、

柴田理恵:ん?

相談者:その、まあ、

柴田理恵:ん、

相談者:一応、気分障害というふうに診断は受けてるんですけど、

柴田理恵:うん、気分障害、うん、

相談者:*****の、鬱を、

柴田理恵:うん、

相談者:うん、もじってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:うつ病うつった・・みたいななんかこう、ふざけて言ってみたりっていうのはあります。

柴田理恵:ええっ?!そんな、

相談者:その言葉を、

柴田理恵:うん、

相談者:真に、なんかこう、受けちゃうと、

柴田理恵:はい。

相談者:しょう・・げき(衝撃)、のほうが強い?

柴田理恵:うーん、なるほどねぇ、

相談者:なので、なるべく実家には帰りたくなく・・ってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:そ、その行ったり来たりっていう生活になってたっていうのもあります。

柴田理恵:うーん、なぜ実家に帰らなきゃいけないんですか?

・・

相談者:**

柴田理恵:退職なさっても、退職金みたいなもの、とか少しこう・・ま、蓄え・・があるかどうかは若いから・・わからないけど、

柴田理恵:アルバイトとかしながら、

・・

柴田理恵:なんとかならないもんなんですか?

・・

相談者:アルバイ・・トでぇ、

柴田理恵:ん、

相談者:急に具合悪くなったときの保障っていうのがアルバイトの場合・・ちょっと厳しいかな・・っていうのもあったり、考えると、

柴田理恵:うん、

相談者:余計にストレスにな・・ってしまうかなっていうところでぇ、

柴田理恵:ふぅーーん・・うん、

相談者:ま、行く場所がないって形ですねぇ、住む場所がない。

柴田理恵:ああ・・そっかぁ・・

・・

・・

柴田理恵:じゃあ、これからどのように・・

相談者:はい。

柴田理恵:生きて行ったらいいか・・っていう、

相談者:そうですねぇ、はい。

柴田理恵:ご相談でぇ、よろしいですか?

相談者:はい。

柴田理恵:はい・・わかりました。じゃあ、先生に聞いてみましょう。

柴田理恵:え・・今日の回答者の先生は、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生です。先生、お願いします。

相談者:お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA