テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2021年8月20日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
63歳男性から、妻が女友達とゴルフに行くと嘘をついて無断外泊をした。何をしたか言わない妻と家庭内別居中だが、今後どうすべきか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の野島梨恵さんが回答者です。

相談者は63歳男性(会社経営) 妻62歳、長男30歳と3人暮らし、長女33歳は結婚し出て行った。

加藤諦三氏の〆の言葉『強気な人は居場所があります。弱気な人も居場所があります。でも、勝ち気な人は居場所がありません』

目次

スポンサーリンク

無断外泊した妻と家庭内別居中

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし、はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします・・はい。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:63歳です。

加藤諦三:63歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい、しております。

加藤諦三:奥さん何歳ですか?

相談者:62歳、

加藤諦三:62歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:上が、女の子33歳で結婚してぇ・・おります。

加藤諦三:はい。

相談者:それから、息子が30歳です。

加藤諦三:でぇ、今・・

相談者:これは・・はい。

加藤諦三:一緒に暮らしてんの?

相談者:ええ、一緒に暮らしております。仕事して・・

加藤諦三:と、3人で暮らしてるわけですねぇ、

相談者:はい、そうです・・はい。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それで、どんな相談ですか?

相談者:家内がですねぇ、ゴルフ・・が好きでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:よくわたし・・も、一緒に出かけてたりしてたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:まあ、そんなにたくさんは、一緒に行けないもんですから、

加藤諦三:はい。

相談者:ここ2、3年ですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:一人ゴルフっていうのを、行くようになりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしも、気持ちよく、「ああ、行っといで」っていう感じで送り出してたんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:1年ちょっと前に、わたしも知ってる・・女友達と、ゴルフに、一泊で行くよ・・

加藤諦三:はい。

相談者:っていうふうに、出かけたんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:帰って来てから、ちょっと、具合が悪いって言うんでお医者さんに行ったときに、車の、トリップメーターを見たら、とてもゴルフ行くような距離を、走行してないんですよ、車が、

加藤諦三:はい。

相談者:そいでぇ・・高速道路の履歴を調べたりしたらどうも、ゴルフに出かけてないんですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:おかしいなぁと思ってぇ、3日4日してから、問い詰めたら、「ゴルフには行ってません」と、

加藤諦三:はい。

相談者:「何をしてたんだ?」って言っても、言わないんですねぇ、

加藤諦三:あ、言わないんですか、

相談者:「どうして言えないんだ?」って言うと、「あなたを傷つけたくないから・・言いたくない」と、

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:でぇ・・わたしとしては、「いや、納得できないんであれば、一緒に生活できないよ、どうするんだ?」って言うと、「離婚する」ってぇ、自分から言い出してぇ、

相談者:1週間ぐらい飛び出して、行方不明・・じゃないけど、連絡取らずに、おりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:そいでぇ・・息子なんかが、連絡を取ってくれてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:お互いに、熟年の・・よくある問題だから・・っていうことで息子が、ちょっと悲しそうに、泣いたもんですから、

加藤諦三:ああ、ああ・・

相談者:わたしは・・息子も結婚してないし、まだ・・やり直せるんなら、やり直したいなぁ・・っていうことでぇ、

加藤諦三:はぁい。

相談者:呼び出してぇ、「どこが・・わたしが悪いんだ?」・・っていうことを言ったら、やっぱり、

相談者:「今までぇ・・30年間、ずーっとあなたの言いなりだった」と、

相談者:「もう自分の自由にしたいんだ」ということを言うわけなんですねぇ、

加藤諦三:はい、はい、はい。

相談者:ええ、

相談者:そいでぇ・・「どうしても・・離婚・・するのか?」・・っていうことを言ったら、まあ・・そこははっきりと、その場では、「もう離婚だ」・・っていうようなことは言わなかったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしとしては・・自分の勝手な部分もあったんだろうから、息子曰くですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:1勝1敗だと・・いうことでぇ、じゃあ戻って来いということで、やり直しを始めたんですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ところが、それから3ヶ月、4ヶ月してから・・わたしの心の傷も癒えてないうちに、また一泊で「友だちとゴルフ行く」って言い出してぇ、

加藤諦三:ああ・・ああ・・

相談者:なんでそんなこと言えるのと、わたしが・・一生懸命、我慢してやり直してる最中でしょ!・・っていうことを、

加藤諦三:はぁい。

相談者:言ったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:それでもう、ちょっとわたしもカチンと来ましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:家庭内別居・・の提案じゃないですけどもう、それぞれ別に、勝手に生きましょう・・っていうことで既に3ヶ月ぐらい経ったんです。

加藤諦三:うーん、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚・・

相談者:はい。

加藤諦三:は(わ)、恋愛結婚ですね、これぇ、

相談者:そうです、恋愛です。はい。

加藤諦三:結婚、当初は恋愛結婚だからうまくは行ってたわけですねぇ?

相談者:はい、全然、この・・一泊無断外泊が、判明するまでまったく問題なかったと、わたしは思っておりました。

加藤諦三:その間ですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:奥さんは、あなたの言うことを、素直に「ああはい、はい」・・ってぇ、よく聞いてたんですか?

相談者:気が強いほうですから、全部「はいはい」とは・・聞いていない、

加藤諦三:あっ、気が強いほうなの?

相談者:強いほうですねぇ、はぁい。

加藤諦三:気が強いっていうのは、どういう意味かなぁ?あのぅ・・勝ち気というのと強気っていうのと非常に違うんですけれども、

相談者:はいはい・・そうです。

加藤諦三:勝ち気の人だっていうのは、ホントは弱い人なんですよ、

相談者:はあ、はあ、はあ、はい。

加藤諦三:負けるのが、嫌だっていうだけでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、強い人っていうのはホントに強いですから、

相談者:はい。

加藤諦三:負けることはなんでもないんです。

相談者:ああ、あ・・どちらかというと勝ち気なほうですねぇ、その、負けるのが・・嫌だというか、

加藤諦三:ああ、あ、弱点を隠そうとしたり、

相談者:はい。

加藤諦三:弱気と強気と勝ち気の中で、一番問題なのは、

相談者:はい。

加藤諦三:勝ち気の人なんですよ、

相談者:はあ、はあ、はあ、はあ、はい。

加藤諦三:弱くてもねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:人間は、生きる場所っていうのはちゃんとあるし、

相談者:はい。

加藤諦三:強くても生きる場所、ちゃんとあるんですけど、

相談者:はい。

加藤諦三:勝ち気の人は、自分は弱いくせに、

相談者:はい。

加藤諦三:弱いと認めなくてぇ、強いと言い張るから、

相談者:はい。

加藤諦三:コミュニケーションができてないんですよねぇ、

相談者:はああ・・

加藤諦三:だから・・ずーっと、あなたの言うなりになって来たというのは、奥さんからすれば、その通りだと思うんです。

相談者:はい。

加藤諦三:だけども、

相談者:はい。

加藤諦三:言うなりになって来たという感覚自体が、

相談者:はい。

加藤諦三:ちょっと、

相談者:はい。

加藤諦三:自信のある女性とは、

相談者:はい。

加藤諦三:違うんじゃないかな、

相談者:ああ、あ、はい。

加藤諦三:でぇ、奥さんの、この勝ち気の性格っていうのは直らないですよねぇ?

相談者:直らないと思います、はい。

加藤諦三:あなた、こういう状態の中でぇ、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:離婚はする気はないと、

相談者:えーっとですねぇ、気持ち・・の整理が、つきさえすれば、例えば、相手が、少しは折れてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:わたしを傷つけたことに対してぇ・・謝罪の気持ちなり態度なり、少しでも、わたしに見えれば、

加藤諦三:うん、

相談者:それを、きっかけに、元に戻る・・ことはできるんじゃないかなってぇ、ずっとここ1年、以上思ってるんですけども、

加藤諦三:謝罪じゃなくてぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:ちやほやすれば、

相談者:はい。

加藤諦三:いいっていうだけの話です。

相談者:あ、ああ、あ・・そういうことなんですねぇ、

加藤諦三:劣等感がすごく強いですから、

相談者:はい。

加藤諦三:はっきり言ってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:利己主義でしょ?

相談者:利己主義ですねぇ、はい。

加藤諦三:んでぇ・・このタイプは、

相談者:はい。

加藤諦三:人とはうまく行かないです。人が嫌いっていうとこが基本ですから、

相談者:はあ、はあ、はあ、

加藤諦三:でぇ、今日の相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:今、とにかくそういうような、いざこざがあってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:だけど自分は離婚する気はないと、

加藤諦三:どうしたらいいんでしょう?ということですか?

相談者:まぁそうですねぇ、あのぅ・・家内の気持ち・・が、垣間見えるのは、離婚の言葉が出て来るときには、必ずお金が出てくんですねぇ、「いくらもらえるの?」とか、「遺産・・分割はどうなるのか?」とか、

加藤諦三:ええ、

相談者:生活費が・・どうするんだみたいな、心配を・・真っ先にするんですねぇ、離婚した場合の・・はい。

加藤諦三:そりゃあそうだと思います。

相談者:はい。

加藤諦三:先ほど言ったように、

相談者:はい。

加藤諦三:このタイプは、すごい利己主義ですから、

相談者:はい。

加藤諦三:それがすごく重要なことになって来ると思いますよ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ・・今日の相談としてはそういう・・

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:離婚に話の中でぇ、わたしは、

相談者:はい。

加藤諦三:どうしたらいいんでしょう?・・っていうことですねぇ、

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあのぅ・・スタジオにですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:弁護士の、野島梨恵先生がいらしてんのでぇ、

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:あはぁい、よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 未練を断ち切れない人はいつまでも不幸を背負ってゆかねばなりません。
    相談者さんも、ようやく離婚の決心がついた様子。それでいいのです。
    断捨離は物品だけのことではありません。人間関係についても、プラスにならない、マイナスばかりの人間関係は切り捨てることが大事です。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA