テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年8月23日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
夏休み子育て特集、47歳男性から、最近12歳の息子の心配性が極端になった。「トイレに行くのが怖い」「夜が怖い」「死ぬのが怖い」と言うようになって心配しているんです・・というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は47歳男性、妻43歳、共働き、長女15歳、長男12歳、妻の両親

加藤諦三氏の〆の言葉『過剰なる虚偽の愛は、不足した真実の愛よりも耐え難い』

目次

スポンサーリンク

息子の心配性が極端になった

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ・・もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ・・はぁい、よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:47歳です。

加藤諦三:47歳、結婚しています?

相談者:はい、してます。

加藤諦三:奥さん何歳ですか?

相談者:43歳、

加藤諦三:43歳、お子さんは?

相談者:2人いまして長女が・・15歳、

加藤諦三:15歳、

相談者:息子が10・・2歳ですねぇ、

加藤諦三:4人暮らしですねぇ、

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。でぇ、どんな相談ですか?

相談者:下の息子の・・ことなんですが、

加藤諦三:12歳の息子ですねぇ、

相談者:12歳ですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:小学・・年の頃からですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:心配性ではあったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:この2、3ヶ月・・前ぐらいからです、かねぇ、その、心配性が、ちょっとですねぇ、

加藤諦三:あはぁい。

相談者:極端な感じになって来ましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:例えばですねぇ、トイレが・・1人で入ってるんですけども、ちょっと・・外・・でぇ・・話しててぇ・・とか、

相談者:わたくしが・・いないと、なんか・・落ち着かない・・ような感じでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ帰りなんかも、「何時に帰って来るの?」っていうのを、まあ、すごく聞いて来たりとか、

加藤諦三:はい。

相談者:あと、「夜が怖い」とか・・って言・・ってたりとかですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:スゥ、死の恐怖というか、

加藤諦三:ああ・・

相談者:そういったことも、ちょっと・・怖がってるみたいでぇ、

加藤諦三:ああ、あ・・

相談者:そういったところが・・過敏かなぁというところでぇ、ちょっと心配してる、とこなんですけども、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:それでぇ、別に、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたと、12歳の息子さんとの間に、

相談者:はい。

加藤諦三:険悪な雰囲気があるわけではないんですよねぇ?

相談者:ではないですねぇ、むしろ、ちょっと過保護に・・そだ・・て(育て)過ぎたというか、

加藤諦三:うんうん、

相談者:例えば、ちょっと心配だったんでぇ・・小学校・・4年生ぐらいまではちょっと・・送り迎えしたりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:そういったところではちょっと過保護だったかも・・しれないですけど、

加藤諦三:うんうん、うん、うん、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、あなたと奥さんとの、夫婦関係は、どうなんですか?

相談者:そーれほどまあ・・仲良く話す(苦笑)っていう、こともないんですけども、

加藤諦三:うん、

相談者:普通かとは思います。

加藤諦三:そうすると、

相談者:うん、

加藤諦三:12歳の息子からすれば・・母親・・との関係は、どうなんですか?

相談者:まっ、共働きなのでぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:普段はですねぇ、学校帰ったら祖父の家に、行くような、感じでしてぇ、
わたくしが迎えに行くような感じです。

加藤諦三:あぁ、あなたが迎えに行く?

相談者:そうですねぇ、はぁい。

加藤諦三:帰って来たときお母さんが・・

相談者:はい。

加藤諦三:居たり居なかったり・・っていうじゃなくてぇ、居ないことのほうが多いわけですねぇ、

・・

相談者:週に、でも2日ぐらいは、休みのときがあるのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

加藤諦三:心配性について、一般的な話をすれば、

相談者:はい。

加藤諦三:怒りの抑圧っていうのは、一般的な解釈なんですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:どっかに怒りがあるんだけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:それを、本人が意識できない。

相談者:はい。

加藤諦三:それが心配性になって出て来るってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:なんか母親との関係でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:満たされなかった・・ってことはないんですかね?

相談者:長女と・・妻が、結構、喧嘩するんですよ、

加藤諦三:ああ、そうですか、

相談者:よく喧嘩するのでぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:それを、ちょっと2人で見ててぇ、

相談者:でぇ、2人で止めたりとか・・

加藤諦三:うーん・・

相談者:っていうの結構あったりとか、

加藤諦三:喧嘩はするけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:仲はいいわけ?

相談者:はい、仲は・・いい・・

加藤諦三:いい?

相談者:とは思います、はい。

加藤諦三:そうすっと喧嘩はするけど、この母親と娘とのねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:関係っていうのは非常に強くてぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:そこに17歳(※12歳との勘違い)の息子が、入って行かれないから、

相談者:はい。

加藤諦三:自分は、仲間外れですよね、

相談者:そう・・ですねぇ・・

加藤諦三:そうすると、「いつ帰って来るの?」・・っていうような・・ことっていうのは、よくわかる言葉ですけどねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、今日の・・相談というのは・・こういう、家族関係の中でぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:この12歳の、

相談者:はい。

加藤諦三:男の子の、

相談者:はい。

加藤諦三:心配性を、

相談者:そうです。

加藤諦三:どうしたら・・

相談者:そうですねぇ、どう・・いうふうに、

加藤諦三:いうこと・・

相談者:はい。

加藤諦三:だということですねぇ、

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。今日はですねぇ、スタジオに、幼児教育研究の、大原、敬子先生がいらしてるのでぇ、伺ってみたいと思います。

相談者:はい、よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA