テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2021年8月26日(木)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
52歳女性から、18歳の次男が引きこもりになり私との会話がない。私の子育てに問題があったと思っているが次男とどう関わればいいか?というご相談です。パーソナリティは今井通子さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は52歳女性(バツイチ独身)、9年前に離婚、子供2人、長男21歳、次男18歳

目次

スポンサーリンク

引きこもりの次男と会話がない

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:あ、はい、よろしくお願いいたします。

今井通子:はい今日は、どういったご相談ですか?

相談者:はいあのぅ・・子供が2人、おりまして、

今井通子:はい。

相談者:もう、あのぅ・・21歳と18歳になってるんですけれども、

今井通子:はい、お・・

相談者:あの・・はい?

今井通子:女のお子さん?男のお子さん?

相談者:男の子です。

今井通子:あ、男の子さん、お二人ね?

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:そして、その、下の子が、今、引きこもりというか、部屋に、あのぅ・・昼と夜と逆転して、あの過ごしてまして、

今井通子:はい。

相談者:そして、わたしとなるべく、接点を持たないように過ごしているんです。

今井通子:はい。

相談者:それで、わたしが今まで、次男に、あのぅ、やってきたこととかを・・思うと、次男が、わたしを、だんだん遠ざけていくのかなって、思って、寂しく思って、悩んでしまうんですが、

今井通子:あなたはおいくつなんですか?

相談者:52です。

今井通子:52歳、ご主人は?

相談者:あっ、離婚してぇ、おりましてぇ、あのぅ・・

今井通子:うん、何年前ぐらい?

相談者:今から・・はい、9年前です。

今井通子: 9年前、はい。

相談者:はい。

今井通子:これ原因はなんだったんですか?

相談者:夫が・・

相談者:嘘をつく・・のが、わりと、平気でする人でして、

相談者:そしてぇ、わたしが、「嘘をつかないでほしい」っていうのが・・結構ぶつかるようになりましてぇ、

相談者:そして子供のことでもイライラしてるのもありまして、よく喧嘩するようになってしまったんです。

・・

相談者:それでぇ、あのぅ・・

今井通子:そのぅ・・

相談者:夫も・・はい?

今井通子:ご主人の嘘っていうのは、どういう嘘だったの?

相談者:えっと、「タバコを吸わない」と言って、

今井通子:はい。

相談者:実は、吸っていたり、

今井通子:はい。

相談者:なんか良かれと思う嘘だと思うんですけども、

今井通子:はい。

相談者:そういう些細な事を、よく嘘ついて、おったようです。

今井通子:はい。

相談者:約束したけれども、「吸ってないよ」って言ってたんですが、やっぱり吸ってたってことが、あのわかりましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:そしてぇ、夫、許せなくなりました。

今井通子:あっ、これが・・

相談者:信頼できなくなりました。

今井通子:これが・・第一の原因?

相談者:はい、そうです。

今井通子:許せなくなった?

相談者:あはぁい。

今井通子:はい。

相談者:そしてぇ、子供を育てる時に・・甘やかしてしまう人だったんです。

今井通子:はい。

相談者:それでぇ・・わたしもそれを咎めることも多くてぇ、

今井通子:はい。

相談者:そしてぇ、****

今井通子:その甘やかせるっていうのは、どういうこと?

相談者:あるかせないでぇ、

今井通子:うん、

相談者:ベビーカーに乗せる。

今井通子:うん、

相談者:ほんでぇ、すぐ、おんぶしてしまうとか、

今井通子:ええ、

相談者:すぐ、あのぅ・・だ、だっこして、しまう、

今井通子:うん、

相談者:なんか、そういうふうにしてたのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:その、子育ての仕方が少し・・違ってたかなと、思います。

今井通子:なるほど、

・・

今井通子:でぇ・・そうすると、ご主人のほうは、そのぅ・・離婚するつもりは、まったくなかった・・と思うんだけど(苦笑)、

相談者:はい、あ、でも、その前に二度ほど、あの、別居というか、夫が出て行きましたのでぇ、

今井通子:あっ、そうなんですか?

相談者:あはぁい、それでぇ、もう・・あの、思い余って、もう別れよう・・ってなったんだと、思います?

今井通子:このぅ・・ご主人が・・

相談者:はい。

今井通子:出て行かれたのは、

相談者:はい。

今井通子:どうして?

・・

・・

相談者:なんかもう、あの、ホントに・・なんか忘れてしまうようなことだったと思うんですけども、

今井通子:はい。

相談者:あのぅ、腹をたててぇ・・そしてぇ・・そしてその原因も、わたし、今、となったら忘れてしまったくらいなのでぇ、

相談者:あの、出てってしまったってことだけが残ってしまって、原因が、今ひとつわからないままです。

今井通子:ああ、なるほどねぇ(苦笑)、

今井通子:あのぅ・・ご次男?

相談者:はい。

相談者:そしてぇ・・あのぅ・・

今井通子:どんなことがありましたぁ?

相談者:はい、えっと、弟の方が、その、18歳の子のほうが、

今井通子:うん、

相談者:ちょっと、おしっこが少し・・漏れやすい子だったんです。

今井通子:はい。

相談者:それでぇ、あのぅ、いつも、

今井通子:それはなに?

相談者:はい。

今井通子:小さい時に、おねしょしたって話?

相談者:あ、いえ、あの、お昼間の時間でぇ・・活動してる間に、おしっこを我慢しているんだけども・・あの「行っておいで」って言うんだけど、「うん、今ちょっと」って言いながら、遊び続けてぇ、

相談者:そしてぇ、あの、おしっこに、あの、少し染みてるという状態でぇ、

今井通子:ああ・・

相談者:そういう・・そういうのを、あのぅ・・

今井通子:それはなに?小さなとき?

相談者:いえ、あの、小学校、中学年ぐらいまでは、

今井通子:おお、ほうほうほうほう、

相談者:そんな状態でした。

今井通子:なるほど、

相談者:あはぁい。

相談者:それでぇ、いつも、おしっこの****を、させててぇ、

今井通子:はい。

相談者:そしてぇ、いつも、その、おしっこが、出てるのではないか?って、わたしが気にして、

今井通子:はい。

相談者:そしてぇ、弟、いつも、手元に置いていてぇ、

今井通子:はい。

相談者:そして、子供同士の遊びにも、あんまり、参加させなくって、

今井通子:はい。

相談者:それを見つかると、からかわれたり、

今井通子:はい。

相談者:そしてぇ、あの、イジメられたり、そういうことがあるかと思って、

今井通子:はい。

相談者:わりと、手元に、ずっと・・監視というか、

今井通子:うん、

相談者:あの、「大丈夫かな?」「大丈夫かな?」って思いながら、あの見ていた子でした。

今井通子:はぁい。

・・

相談者:それでぇ、長男が・・スポーツやってたんですが、

今井通子:はい。

相談者:そのスポーツ、応援に行くときに、

今井通子:うん・・

相談者:あの、自宅の近くだったんですが、

今井通子:はい。

相談者:わたしが次男を置いて、そして、長男の、そのスポーツの応援というか、付き添いに、行ったことがあったんです。

今井通子:はい。

相談者:でぇその時に、不注意なんですけども、次男が、遊びに夢中になっていて、

今井通子:はい。

相談者:そして、ちょっと火がついているのに気がつかなくってぇ、

今井通子:はい。

相談者:ウチを消失してしまったことがあります。

今井通子:あっ!

今井通子:えーーっと、全焼ですか?

相談者:全焼です。

今井通子:ああ・・はい。

相談者:はい。

相談者:そしてぇ・・

今井通子:でぇ坊ちゃんは、大丈夫だったの?

相談者:あっはぁい、あのぅ・・「なんか、大変なことになってる」って言いながら、わたしを呼びに来ましてぇ、

今井通子:うん、

相談者:それでぇ、わたしに、駆け付けたんですけども、

今井通子:はい。

相談者:それから、もう、消防・・も、来てん・・いたんですけども、

今井通子:ええ、

相談者:結構、もう、燃え広がってしまいましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:そしてぇ、家の中・・あのぅ・・大事なもの、いろいろ、あの宝物もみんな燃えてしまいましたのでぇ、

今井通子:はい。

相談者:それでぇ、その時に・・

今井通子:でぇこれはなに?

相談者:はい。

今井通子:坊ちゃんの、過失でぇ・・

今井通子:全焼なの?

相談者:あのぅ・・ろうそくを、ちょっとつけてぇ・・そしてぇ、火を灯してぇ、

今井通子:うん、

相談者:なんか、遊んでた、そういう状態だったんでぇ、

相談者:だから・・

今井通子:あ、あーん・・

相談者:それを・・あのぅ、放置して、違うことしてて・・ってことだったので、

今井通子:はい。

相談者:はい。

相談者:それで、わたしがその時に、弟から目を離したっていうことで、

今井通子:うん、

相談者:ほとんど、わたしの責任なので、

今井通子:うん、

相談者:法的には弟を責めないんですけども、

今井通子:うん・・

相談者:でも、心の底では、

相談者:「わたしも悪かった」って言いながら、

相談者:実は、弟が・・そんな遊びをしなければ・・って、おも、ま、ずっと・・思っていたのでぇ、

相談者:許せたり、許せなかったり・・って、交互にやってくる感じです。

今井通子:あ、ああ・・

・・

今井通子:結構あなたはあの許せないっていうのが多いのねぇ、

相談者:はい。

今井通子:うん、夫が約束破った、許せない。

相談者:ゴホン(咳)

相談者:はい。

今井通子:うん、この、じ・・なん(次男)さんに対しても許せない。

相談者:はい。

今井通子:うん、

・・

・・

今井通子:さてそれでぇ・・今日の、ご相談はそうすると何ですか?

相談者:はい、わたしが・・どう生きていったらいいのか・・どう接していったらいいのか?

相談者:あの子供に、育てるのに向いてなかったのではないか?そんなことを思ったりしてぇ、

相談者:あのぅ・・逃げ出したくなるくらいの時もあるんですが、どうしていったらいいんでしょうか?

今井通子:あ、わかりました。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ、三石メソード主宰で作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

今井通子:先生よろしくお願いいたしまぁーす。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA