テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年8月27日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
36歳女性から、1歳の子供に愛情が伝わるような子育てをしたいが幼児期に虐待を受けて育ったので自分も虐待してしまいそうな怖さがあるというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です

相談者は36歳女性、夫39歳、長男1歳(※後半、元気に参加)

加藤諦三氏の〆の言葉『否定的な人に、自分の価値を評価させてはいけません』

目次

スポンサーリンク

虐待の連鎖が怖い

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:36歳です。

加藤諦三:36歳・・結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:39歳です。

加藤諦三:39歳、お子さんは?

相談者:1人、います

加藤諦三:何歳ですか?

相談者:1歳です。

加藤諦三:男の子?女の子?

相談者:男の子です。

加藤諦三:男の子・・はい話かりました。それで、どんな相談ですか?

相談者:子供に、対してどのように接したらいいのか、

加藤諦三:うん、

相談者:子供に、その愛情・・が伝わるような接し方っていうのがわからなくて、

加藤諦三:はい。

相談者:虐待をしてしまうんじゃないかっていう怖い・・気持ちもあります。

加藤諦三:虐待は今までしたことがないけれども・・虐待してしまうんじゃないかって不安があるということねぇ?

相談者:はい、手をあげた事は今までないですけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:暴言のような、「もういい加減にしてよ」って言葉が口から出てしまったりとか、

加藤諦三:うーん・・うん、

相談者:ベッドに、子供を、おろすときとかに、少し乱暴に、

加藤諦三:ああ・・

相談者:置いてしまったりとかっていうことがあります。

加藤諦三:優しく、おろさなければいけないっていうか、そういう気持ちは、あるんだけれどもどうしようもないなんか気持ちが襲ってきて、

相談者:うん・・

加藤諦三:怒りみたいなのが、湧いてくるっていうことねぇ?

相談者:怒りなのかなぁ?・・なんかこう・・

加藤諦三:う、う、うん・・

相談者:すごく愛おしい気持ちと、

加藤諦三:うん、

相談者:でも・・この子は、

相談者:わたしを苦しめるために生まれてきたんだろうかな?・・って思ってぇ、それを言ってしまったこともあるし、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:それで、

加藤諦三:いつ頃からですか?そういうようなその矛盾した気持ちが、出だしたのは?

相談者:生後・・半年、を過ぎたぐらい、スゥゥ・・かなぁ・・ずっと、わたし、自分自身が虐待を受けて育ってきてぇ・・なので、絶対自分は、それを反面教師に、子供には愛情をたっぷりに育てようという・・決意が・・あってぇ、

加藤諦三:ウン・・あ、あ、ああ、ああ・・うん、

相談者:育児書を、たくさん妊娠中にも読んだりとか、

加藤諦三:はいはい。

相談者:勉強・・を、しっかりしてたんですけれども、

加藤諦三:はい。

加藤諦三:むしろ・・他の人よりも、

相談者:はい。

加藤諦三:規範意識の強い、お母さんで、ありながら、

相談者:はい。

加藤諦三:実際には、

加藤諦三:自分の意図したことと違った感情がどうしようもなく芽生えてくるっていうことですねぇ?

相談者:そうですねぇ・・

加藤諦三:夫に対する感情っていうのはどういうの?

相談者:ちょっと病気をもって生まれた子なのでぇ、一人で、お世話しきれない、

加藤諦三:うん、

相談者:こと・・も多いんですけれども、主人は育児に対してあまり協力的ではないということがあってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:すごくその・・辛いんですけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:でもその話をすると、喧嘩になるのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:子供の前で喧嘩もしたくない・・し、喧嘩をしても分かり合えないっと思っているのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:もう、自分の、悩みとか、そういう事はあまり言わないようにしてますし、自分に、うーん・・

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、今日の相談の要点はどこですか?

相談者:子供、への、接し方・・なんですけれども、その虐待しそうだという事以外にも、

加藤諦三:うん、

相談者:自分自身がたぶん親からの影響なのか、

加藤諦三:うん、

相談者:夫との関わり方がずっと、わからないまま生きてきてぇ、子供と2人でいても、なにを、話しかけたら、いいのかとか、語りかけが大事だって・・思うんですけど、

加藤諦三:ああ・・そういうことね、要するに、どう子供を・・

加藤諦三:接するかっていうこと・・プラス、

・・

加藤諦三:もう自分が、成長の過程で虐待を受けているので、人との関り合いが、よくわからないということね?

相談者:コミニュケーションの取り方が・・そもそも、わからないで生きてきてる状態でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:ま子供を・・産んでしまったっていうかその・・だから子供がすごく可哀想でぇ(涙声)、わたしなんかが親になってしまったことで、

加藤諦三:うん、それでおそらく、自分の心の中で、自分がこうあるべきという・・意識がものすごく強いんでしょうねぇ、

相談者:ズッ・・

相談者:はい(涙声)。

加藤諦三:わかりました。

相談者:ズッ・・

加藤諦三:今日はそういうことについてはですねぇ、大変詳しい・・

相談者:(息をのむ)

加藤諦三:幼児教育研究の、大原敬子先生が、

相談者:はい。

加藤諦三:いらしてますので・・伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA