テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2021年8月28日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
73歳女性から、13年前に鬱になった息子、良くなっては再発と三度鬱病を発症しその度に仕事を辞める。最後の職場で知り合った女性と3年前に結婚し、無職のまま月イチで病院に通いつつ調子のよい時は主夫状態。働けない息子にだらしないとダメ出しする母親、調子のよい時だけでも働いて欲しいと言い続けるのだが・・パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の野島梨恵さんが回答者です。

相談者は73歳女性、夫70歳、二人暮らし。一人息子の長男48歳(鬱病で無職・3年前に結婚)

加藤諦三氏の〆の言葉『なし

目次

スポンサーリンク

鬱で無職の息子にだらしないとダメ出しする母

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、お世話になります。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:73歳、

加藤諦三: 73歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:しております。

加藤諦三:え・・ご主人何歳ですか?

相談者:70歳、

加藤諦三:お子さんは?

相談者:48歳、

加藤諦三:で、今一緒に住んでるの?

相談者:いえ、別に、**

加藤諦三:じゃあ今お二人ですね、住んでんのは?

相談者:はい。

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:息子の・・相談なんですが、

加藤諦三:結婚してんの?

相談者:はいしております。

加藤諦三:はぁい。

・・

相談者:息子が・・13年前に、

加藤諦三:はぁい。

相談者:うつになりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ・・仕事を辞めて、1年ぐらいで復帰して、

加藤諦三:はい。

相談者:勤めてたんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:7・・年・・前に、また発症しましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:会社を辞めました。

相談者:それで・・

加藤諦三:それであの、

加藤諦三:この息子さんが、結婚したのは、何年前ですか?

相談者:えっと、3年前です。

加藤諦三: 3年前、

相談者:はい。

加藤諦三:という事は、13年前に鬱になったっていうときは、こんときはお一人ですねぇ?

相談者:はい1人です。

加藤諦三:でぇ7年前っていうのも1人ですねぇ?

・・

相談者:はい1人です。

加藤諦三:結婚、まぁ3年前ですからねぇ、

相談者:はい、はい。

・・

加藤諦三:でぇ、息子さんは今子供はいないんですね?

・・

相談者:おりません。

加藤諦三:はぁい。

相談者:でぇ・・

・・

加藤諦三:そいで仕事は・・あのぅ、もう今は・・元の会社に戻ってしていると、

相談者:いえいえ、仕事はしておりません。

加藤諦三:今仕事はしていないの?

相談者:あ、して、してないです。

・・

相談者:**

加藤諦三:そうすっと・・7年前に鬱になったというのは、これは・・何?自分で鬱になったと言ってんの?それとも・・診断、されてぇ、鬱だと・・

相談者:えっ、えっ・・診断されてぇ、鬱になってぇ、病院にも通ってました。

加藤諦三:病院に通っている?

相談者:はい、はい。

加藤諦三:はぁい。

・・

相談者:それでぇ・・またぁ・・仕事を新しいのに、就い、てぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:結婚する前だから4年前に、その今の奥さんと会社でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:知り合ってぇ、そこで、今度、3回目が、発症したんです。

加藤諦三:結婚する前に、鬱になってたわけねぇ、

相談者:あはぁい、そう、そう、そうです、それが3回目です。

相談者:そのときに、仕事も辞めたんです。

加藤諦三:結婚するとき仕事を辞めた?

相談者:**、****、結婚する前に、仕事を辞め、

加藤諦三:辞めた?

相談者:辞めたんです。

加藤諦三:はい。

相談者:はい、だから、

加藤諦三:そうすると、奥さんのほうは全部知ってるわけですよねぇ、

相談者:そうなんです。

加藤諦三:はい。

相談者:それぇ、承知でぇ、一緒になったんです。

加藤諦三:はい・・そいでぇ?

相談者:それがずーっとしてぇ、未だにまあ、あのぅ・・お勤め・・もしてない状態でぇ、家にいるものでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、病院にはまあ、月1度は通っておりますけど、

加藤諦三:はい。

相談者:こんな状態でぇ・・ずーっと続いてもねぇ、わたし自体がもう、すごく心配でぇ、

相談者:調子がいいときにまあ・・週に何回でも仕事に就いてくれればなぁ・・っていうアドバイスはしてるんですけど、

相談者:この前も、

加藤諦三:ちょっと心配っていうのはありますけど、先ほどのお話だと・・お2人で生活してるということでぇ、

相談者:はい、そうですそうです。

加藤諦三:この・・息子さんは別のところにいるわけです。住んでるわけです。

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:そうすると・・息子さんが鬱になってぇ、いろいろと、周りの世話もあるでしょうけど、これは・・あなた自身がやってるわけではなくてぇ、お嫁さんが・・

相談者:いえ、

加藤諦三:世話し・・

相談者:お嫁さんは、あのぅ、お仕事・・1本にしてぇ、息子は、昼間は家事を、お掃除したり洗濯をしたり、

加藤諦三:うん、

相談者:調子がいいときなんか食事の支度をしてるみたいです。

加藤諦三:ああ・・

相談者:それでこういう状態が続いてるのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:まあ、わたしとしては、もう・・

相談者:奥さんは何も、言わないと思うんですよ、まあ直接わたしも、毎日会ってぇ・・ない、ですけどね、

加藤諦三:うん、

相談者:うん、でぇ、まぁわたしとしては、もう結婚、したのまあ、3年前なんですけど、ちょっと申し訳ないなぁと思ってぇ、

相談者:まあ、調子がいいときには、ちょっと・・い、1週間で何回でも仕事を始めてくれればいいなぁ・・っていうような、すこーし(少し)、アドバイスはしてるんですけど、

相談者:あのぅ・・ん、病気が病気だから、あんまりキツイことも言えないでぇ、大体あのぅ・・昔から、

加藤諦三:キツイことが言えないというよりも、これ・・はっきりこうしなさいとか、

相談者:はい。

加藤諦三:あるいは、こうしたら・・治るとかということが、

相談者:ええ、

・・

加藤諦三:専門家でも非常に今の話を聞くと、

相談者:はい。

加藤諦三:難しいですよねぇ、

相談者:ああ・・

・・

加藤諦三:従ってぇ・・専門家でない人が、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:こうしろ、ああしろってアドバイスは非常に難しいですよ、これぇ、

相談者:ああ、そうですよねぇ、

加藤諦三:ええ、これ基本的に、心理的なことが問題ですから、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:それでぇ、今日のあなたの相談というのは、どういうことですか?これ大変難しい相談な・・だと思うんですけども、

相談者:ええ、

相談者:わたしももう、結構あのぅ、今まで散々、人には、いろんな面で言ってきてぇ、アドバイスして来たんですけど、

相談者:鬱になってからは、やっぱりこういう言い方は、まずい・・から、う・・うまくこの子は、どうにか・・社会に向けて一歩でも、二歩でも・・

相談者:出れるような、

・・

相談者:あ・・う・・ようになってくれれば・・いいときはいいんですよ、調子が、それを見ててぇ・・そばで見てるものでぇ、

相談者:それでわたしとしては、あの奥さんに申し訳ないっていうのでぇ、3人でぇ、あっちこっち旅行に・・出掛けてるんですよ、

相談者:ええ、そういう・・・息子に対してぇ、どういうアドバイス・・わたしと、親としてのアドバイスをどうしてぇ、

加藤諦三:どうしていいか、大変難しい、そう・・だん(相談)だと思います。

加藤諦三:今日はあのぅ、スタジオに、弁護士の、野島梨恵先生がいらしてんのでぇ、伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA