テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年8月30日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
49歳女性から、中学1年生の息子、塾へ行っても家庭教師にみてもらっても思うように成績が上がらない。この息子をどうサポートすればいいでしょうか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は49歳女性、夫50歳、長男(中学1年生)、3人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『怒りは変装がうまい』

目次

スポンサーリンク

成績の上がらない中1の息子

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい・・49歳です。

加藤諦三:49歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はぁーい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:はい、50歳です。

加藤諦三:50歳、

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:中学1年生の息子です。

加藤諦三:はい。

相談者:3人家族・・

加藤諦三:じゃあ、3人暮らしですねぇ、

相談者:はぁーい、はいはい、はい。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな・・相談ですか?

相談者:はい・・中学1年生の息子の件なんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:勉強が、思うように・・できなくてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:小学校のときはさほど問題に思ってなかったんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:最初の定期テスト、のときは、真ん中よりもちょっと上ぐらいだったんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:本人はもっと上目指したいとか、1人で頑張ってみるとか、いろいろ試行錯誤しながらも、

加藤諦三:はい。

相談者:頑張ってたんですねぇ、ある程度、

加藤諦三:ええ、

相談者:でもやってもやっても、なんかこう・・うまく成果が出ないのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:最初は集団の塾に行ってたんですけれども、

加藤諦三:ええ、

相談者:塾の効果がないと、感じたのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:家庭教師に切り替えたんですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、学校の、授業・・の勉強とか、

加藤諦三:はい。

相談者:塾の勉強とか・・見てても、なんかこう、授業中に、あんまり、身になってないようにわたしがちょっと感じたのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:初めの頃は全教科全部サポートして見てたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:なかなかそこまでできなく、大変になっちゃったのでぇ、わたしはとりあえず英語だけみることに決めたんですねぇ、勉強をしぼるってぇ、

相談者:それであのぅ、家庭教師の先生には数学と理科をみてもらうようにお願いしてるんですよ、

加藤諦三:はい。

相談者:それでもなんか思うように、成績が伸びなくてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:授業中も・・よく聞いてないのかぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:定期テストも、だんだん下がってくんでぇ、本人も、なんとか、頑張ってるんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:何を、どうサポートしていいやら?

加藤諦三:うん、

加藤諦三:中学校1年生でねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:この子・・非常にストレスの強い、

相談者:はい。

加藤諦三:環境にいると思ってるか、

加藤諦三:それとも伸び伸びとした環境にいると思ってるか、

加藤諦三:どう思います?

相談者:勉強に対しては・・ストレスを、感じそうなのでぇ・・どうしたらいいかなって思ってるとこなんですけど、

相談者:感じてるとは思います。

加藤諦三:もうあなたわかってるわけですよねぇ、

相談者:はぁーい。

加藤諦三:これやれ、そのあとあれやれ、これやれ、そして頑張れっつったら、

加藤諦三:物凄いストレスの環境ですよねぇ、

相談者:そうですねぇ、わたしは、ホントは関わりたくないんですよ・・はい。

加藤諦三:じゃあ、なんで関わっちゃうの?

相談者:目に余るからですねぇ、成績やり、理解力や、でぇサポートすると・・理解してくれるのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でき、でき・・はい。

加藤諦三:サポートしたら理解ですよ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:だけどあなたの場合には、

相談者:はい。

加藤諦三:サポートじゃなくて、

相談者:あ、

加藤諦三:コントロールなんですよ、

相談者:うーん・・ちょっとそういう自覚がないんですけど、

・・

加藤諦三:物凄い要求があるんですよねぇ、この中学校1年生のねぇ、子にねぇ、

相談者:ああ・・

加藤諦三:でぇ、その要求がなぜこんなに、

相談者:はい。

加藤諦三:サポートにならないかっていうと、

相談者:はぁい・・はぁい。

加藤諦三:ちょっと、ごめんなさいねぇ、

相談者:うーん、

加藤諦三:あなた自身の人生が、

相談者:うん、

加藤諦三:なんか、行き詰まりかけてんじゃないの?そしてぇ、

相談者:うん、

加藤諦三:それを、この、子供によってぇ、この人生の行き詰まりを乗り越えようとしてんじゃないの?

相談者:そういう自覚はないんですけどぉ、

加藤諦三:そういう自覚はないですか?

相談者:はぁい、はい。

加藤諦三:テレフォン人生相談にもいろんなパターンがあってぇ、よく、

相談者:はい。

加藤諦三:あるパターンの1つは、

相談者:はい。

加藤諦三:自分の人生が行き詰まって来たときに、

相談者:うん、

加藤諦三:他人の人生を巻き込んでぇ、自分の人生を、

・・

加藤諦三:乗り越えようとするっていうのは、もう極めてぇ・・ポピュラーな・・ことなんですよ、

犬:ワンワン

相談者:うーん、

加藤諦三:そんな人からすると、その、相手のために、すごく一生懸命やってるわけですから、

犬:ワン

加藤諦三:言葉としてぇ・・非常に一般的なのは、「あなたさえ幸せになってぇ・・くれれば、わたしはどうでもいいの」と、

相談者:うん、

加藤諦三:Your happiness makes me happyという、

相談者:うん、

加藤諦三:でぇ、これアメリカの調査もあるんですけれども、

相談者:うんうんうん、

加藤諦三:男の子の、教育に、うまく行かなかった人の母親が・・最も使う言葉は、

相談者:うん、

加藤諦三:どういう言葉だかっていうのを、捜査したときに出て来たのは今の、言葉なんです。

相談者:はい。

加藤諦三:「あなたさえ・・幸せならわたしはどうでもいいの」ってぇ、

加藤諦三:これは、

加藤諦三:大嘘ですよ、

加藤諦三:自分の人生が行き詰まったのでぇ、

相談者:うん、

加藤諦三:他人の人生を巻き込んで・・自分の人生を活性化しようとする。

加藤諦三:だから、

相談者:うん、

犬:ワンワン

加藤諦三:中学校1年生の男の子を巻き込まないでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:自分の・・固有の・・能力を・・実現して行こうっていう、そういう、感じではないんじゃないのか・・なぁ、

相談者:子供に、は(わ)、

加藤諦三:うん、

相談者:漢字も書けない、計算もできない、ことわざも、知らない、授業中ボーッとしてる・・っていう、のは、それをわかってて放置してくのは、無責任じゃないかなぁ・・と思ってるのでぇ、

加藤諦三:いや、

相談者:どういったサポートがいいか、

加藤諦三:それ無責任じゃないですよ、

加藤諦三:むしろ、授業中にボーッとしてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:集中できないという、

相談者:はい。

加藤諦三:そこまで子供を、ストレスフルな状態に追い込んでしまったことが、問題でぇ、

・・

相談者:うーん、

加藤諦三:普通に育ってれば、

相談者:うん、

加藤諦三:ボーッとしてぇ、

加藤諦三:いるわけではないわけでしょ、

相談者:じゃ普通に育ってない・・っていうふうに・・

犬:ワン

相談者:思っ方がいいでしょうか?

加藤諦三:うん・・もう・・中学校1年生でぇ・・疲れちゃってんじゃない?もう、

・・

相談者:うん、そうかもしれないです。

・・

加藤諦三:でぇ、このぅ・・中学生の、

相談者:うん、

加藤諦三:お子さんを、どうしたらいいかということについては、

相談者:はい・・うん、

加藤諦三:幼児教育でぇ、心の問題を、解決・・して来た・・大原、敬子先生がぁ、

相談者:はい。

加藤諦三:いらしてるのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:お話を、伺いたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA