テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年9月3日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
61歳女性から、4歳の孫娘の癇癪が酷くなり、うなり声をあげたりするので親である娘も疲れ果てている。どう指導すればいいのか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は61歳女性、夫69歳、子供2人、長女38歳、次女35歳、次女の子供(女の子4歳・男の子1歳)

加藤諦三氏の〆の言葉『小さい子どもは理性で説明してもわかりません。ある一定の年齢になってから「こうだからこうで、こうで」という説明が意味を持ちます』

目次

スポンサーリンク

孫娘の癇癪が酷く、うなり声をあげる

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい・・

相談者:あっ・・

加藤諦三:テレフォン人生相談です。

相談者:今日はよろしくお願いいたします。

加藤諦三:はい。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:61歳です。

加藤諦三:61歳、結婚してます?

相談者:はい、**

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:60・・9歳です。

加藤諦三:69歳、お子さんは?

相談者:女の子2人で、

加藤諦三:はい。

相談者:上の子が38でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:下が、35歳なんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:そのぅ・・下の・・娘の、孫のことで、相談したいと思います。

加藤諦三:それでお孫さんっていうのは何人いるんですか?

相談者:えっと・・2人なんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:上の子が4歳なんです。

加藤諦三:4歳、

相談者:上の娘でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:下が・・男の子、1歳なんですけど、

相談者:上の4歳の娘の・・ことでぇ、ちょっと相談したいと思います。

加藤諦三:わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:お孫さんが・・

相談者:あ、ああ・・

加藤諦三:どういうことを心配してんですか、今?

相談者:4歳・・に、なってぇ、

相談者:自粛生活で、こう、家の中にいたりすると、

加藤諦三:はい。

相談者:ストレスが溜まっ・・たりとかしてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:癇癪が・・すごくひどくなっ・・てしまってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:唸り声を、あげたりとかしてぇ、

相談者:でぇ・・

加藤諦三:唸り声?

相談者:はい。

相談者:ゥ、ゥ、アア・・

加藤諦三:唸り声・・

相談者:とか、キャア・・みたいな、

加藤諦三:感情表現を・・

相談者:はい。

加藤諦三:する・・って事は、悪い事ではないですよねぇ、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:むしろ、自分の感情を表現できないで、

相談者:ええ、ええ、ええ、

加藤諦三:溜め込んでしまう子のほうが・・

加藤諦三:心に問題を抱えることが多い・・

相談者:あ、ああ・・そうですよねぇ、

加藤諦三:です、うん、

相談者:ああ・・

加藤諦三:だけども、それが行き過ぎるってこと?

相談者:そうなんですよ、外では、こども園に行ってるんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:こども園では、すごく、おとなしくてぇ・・自分の、気持ちを言えなくてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:声も、ちぃーっちゃくてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:もう、控えめなんですねぇ、

加藤諦三:内弁慶・・ってことねぇ、

相談者:そうです、内弁慶がひどいんですねぇ、

加藤諦三:うーん・・

相談者:でぇ、帰ってくるともう・・それが、なんか、こうストレスも・・

加藤諦三:ということは、

相談者:あってぇ・・はい。

加藤諦三:家に居てぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:ストレス・・

相談者:あ、発散してるん・・でしょうけど、

加藤諦三:うん、

相談者:その発散が、なんかもう・・極端で、「ヤダ、ヤダ、ヤダ、ヤダ」って言ってぇ、泣いて喚いてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ暴れてぇ、えっへへへ・・

相談者:あまりにもこう・・激しくてぇ、

相談者:親がもう、疲れてしまってるんですね、それに、

加藤諦三:親が疲れている?

相談者:はぁい・・娘の・・怒りをどうコントロールしていいのかもう、わからずに、

相談者:お手上げ状態っていう感じになっちゃってるんですよ、

加藤諦三:う、うーん・・

相談者:**みてて、

加藤諦三:お嬢さんの、

相談者:はい。

加藤諦三:ご家庭の、

相談者:はぁい。

加藤諦三:夫婦関係は、どうなんですか?

相談者:仲は良いです。

・・

相談者:2人であのぅ・・娘を、叱ったり、褒めたり、なんかこう・・おだてたりいろいろするんですけども、泣いて、喚いて、暴れて・・しまいには吐いてしまったりとかしてぇ、

・・

加藤諦三:上の子と、下の子との関係で、何か上の子の、こう、ことですねぇ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:「あなたお姉さんなんだから」と言ってぇ、いつも抑えているとかなんか、そう・・

相談者:それは・・こちらも気を付けて、いますし、

加藤諦三:ええ、

相談者:弟が生れる前からまあ、そういう兆候はあったんですねぇ、

加藤諦三:あ、弟が生れる前から?

相談者:はい、でぇ生まれてからは、あまり可愛がらない(苦笑)・・ですよねぇ、イジメるんですよね、むしろ、

加藤諦三:それは、非常に、一般的な話でぇ、

相談者:あ、ああ・・

加藤諦三:下の子供が生まれると、上の子にとっては、ものすごいショックですよねぇ、

相談者:あ、ああ・・(苦笑)

加藤諦三:だってぇ、お父さんとお母さんは、自分のも、一人のものだったのがぁ、

相談者:ああ(苦笑)、

加藤諦三:親の、愛が、自分から下に行くわけですから、

相談者:あ、ああ・・

加藤諦三:いずれにしろ上の子にとっては大変なショックなわけですよ、

相談者:あ、ああ・・

加藤諦三:でぇ問題は起こすのは、当たり前の話なんですけど、

相談者:ああ・・

加藤諦三:今日電話かけてきてくださったのは、

加藤諦三:そ、そういうような、下の子が生まれた時に、一般的に上の子が起こす、いろんな症状・・では説明できない、

相談者:はい。

加藤諦三:激しい、言動があると、

相談者:はいはい、***

加藤諦三:どういうふうに、指導したらいいか?ってことですねぇ?

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあの、スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:はい。

加藤諦三:意見を伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA