テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年9月13日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
26歳男性から、両親は権威主義者で彼女との結婚に猛反対している。親と縁を切って結婚することも考えているがどうしていいかわからないという相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は26歳男性(独身・会社員・一人暮らし)、父60歳、母57、8歳、弟21歳(学生)

加藤諦三氏の〆の言葉『相手を理解するためには、自分自身を理解してなければなりません』

目次

スポンサーリンク

両親に彼女との結婚を反対されている

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:20・・6です。

加藤諦三:26歳、

相談者:はい。

加藤諦三:独身ですか?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:今は、働いてるわけ?

相談者:働いてます。

加藤諦三:お1人で暮らしてんの?それともご両親と一緒?

相談者:一人暮らし・・

加藤諦三:一人暮らしですか、はいわかりました。

加藤諦三:でぇ、どんな相談ですか?

相談者:親・・と、の今後っていうのと、もう1個がそのぅ、彼女・・と、どうし・・たらいいか・・っていうところ・・です。

加藤諦三:うん、

加藤諦三:親が何歳ですか?

相談者:父が60でぇ、母が・・っと、50・・7、8ぐらいです。

加藤諦三:はい・・でぇ、親との間っていうのはどういう問題があんですか、今?

相談者:んっと・・まあ両親共結構、昔から厳しい感じの、親でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:まあ、働くまでぇ、その、大学出たりとか、

加藤諦三:はい。

相談者:行かせてもらった・・っていうのは事実としてあってぇ、そこは感謝してる・・

加藤諦三:はい。

相談者:ですけれども、すぐ、自分の意に(苦笑)、沿わないこととか、あったらまあ、怒鳴られたりとか・・母親も、怪我をするような感じじゃないんですけど、はたかれるというかこう・・勢いよく、手でぇ、

加藤諦三:お母さんにまでぇ・・はたかれるっていうのは、それは、ん・・何歳ぐらいの話ですか?

相談者:高校のときとか・・

加藤諦三:高校の

相談者:でぇ、

加藤諦三:ときっていうことは・・まだ反抗期が終わってない、けっ**

相談者:ん、まあ(苦笑)・・そういうのもあるとも思います、正直、

加藤諦三:だから親のほうが手ぇ焼くことが多いわけよねぇ、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:それで大学を出てぇ・・会社を・・勤めがあってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:こんな親と一緒にいられるかってんでぇ、家を出たんですか?

相談者:親は、ちょっと反対気味だったんですけど、正直その気持ちはちょっとあっ・・たと思います。

加藤諦三:うーん・・だけど、今は・・1人で暮らしてるっていう、から、

加藤諦三:親との関係ってことは、気持ちの上でぇ、許せないっていう・・ところがあるっていうこと?

相談者:うん・・まっ、許せないというか、まあ、なるべく関わらずに・・生きて行ければっていうのはちょっとあったんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:彼女とか、の話でぇ、まあ親に、そういう話をしたら、めちゃめちゃそれを反対されたんですねぇ、

加藤諦三:でぇ、反対するには理由があるわけでしょ、当然、

相談者:はい、彼女の学歴とか・・職業とかそういったところで反対・・されてはいたんですけど、

加藤諦三:要するに、学歴が、君に、対してぇ・・ふさわしくないという言い方?

相談者:彼女自身が僕・・を幸せにできるのかとか(苦笑)、***がなんかそのぅ・・お前のその・・まあ大学出てぇ・・会社に、んでぇ働いてるっていうこう、ブランドを目当てにしてるんじゃないかみたいなことを言う・・ような感じでぇ(苦笑)、

加藤諦三:うーん、

相談者:****

加藤諦三:「彼女の職業が・・」って

相談者:はい。

加藤諦三:さっき言ったような気がすんだけど、どういうことですか?

相談者:まっ料理の仕事をしてぇ・・いるんですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、それでぇ、店・・で所属してぇ・・っていう感じではあります。

・・

加藤諦三:っていうことは・・あなたの親は・・権威主義というか、世間体というか、

相談者:うーん、そうですねぇ、そこはすごい、見つけるん、のかなぁと、

加藤諦三:ふぅーん、一人っ子?

相談者:弟がいます。

相談者:はい。

加藤諦三:弟は今何歳?

相談者:20・・1、ぐらいですかねぇ、

加藤諦三:でぇ、やっぱり大学・・もうじき出る?

・・

相談者:大学に今通ってる感じ、

加藤諦三:今、通ってる?

相談者:はい。

加藤諦三:親はそうすると、あれなのかな?

・・

加藤諦三:息子2人に・・

加藤諦三:世間体に関する劣等感を・・

加藤諦三:子供の・・成功でぇ、見返したいっていう気持ちがあるのかな?

相談者:うーん・・

・・

相談者:親の学歴が、たぶん結構・・世間的にも高いほうだとおも・・う(思う)んですけど、

加藤諦三:世間的には高いほう?・・はい。

相談者:あはぁい、そうです。

加藤諦三:そうすると、今、僕の言った解釈は違うよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:じゃあ、なんでそんなに・・学歴、気にするの?

・・

相談者:大学出てないとかっていう話だと、まぁそのぅ・・母方のオバが、出てなくってぇ、

相談者:そこでぇ、かなりそのオバと・・かなりトラブルに、なった、場面がかなり多いみたいでぇ、そこは、ちょっと気にしてるかもしれないです。

加藤諦三:それでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの、今日の相談というのは・・

・・

加藤諦三:彼女ができてぇ、あなたの気持ちの上ではやっぱり・・

加藤諦三:親の、

相談者:うん、

加藤諦三:賛成があって結婚したいけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:こういうように反対されてると、

相談者:はい・・そうですねぇ、なんか、そのぅ・・親に対してぇ、2人が、反対してても・・一緒にいたいんだっていう話をしたんですねぇ、この前、会ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でもそう・・するんだったら・・

相談者:「絶縁ってことだな」とか、

相談者:そういうことを言われてぇ、

・・

相談者:僕としてはもう、それでも、しょうがないかなぐらいに思っていたんですけど、
やっぱり心の中でぇ、縁を切ってぇ、出て行くとかってしたとき・・

加藤諦三:要するに

相談者:はい。

加藤諦三:今日の相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:そうすると・・

相談者:はい。

加藤諦三:自分の、親との関係が、

相談者:はい。

相談者:ああ・・はい。

加藤諦三:感謝の一方でぇ・・

加藤諦三:恨みもあると、

・・

相談者:うん、はぁい、そうですねぇ、

加藤諦三:そういう中でぇ・・結婚問題が出て来ましたと、

加藤諦三:自分が今、どうしていいかわからなくなっていますという、そういうことですかね?

相談者:そうだと思います。

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:今日はあのぅ・・スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらっしゃるのでぇ、

相談者:あぁ・・

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA