テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年11月15日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
42歳女性から、夫の暴力で6年前に離婚して子供二人と三人で暮らしているが精神疾患(身体表現性障害)になって家事も出来ず生活保護を受けている。病気を抱え子供も不安定になり学校へ行ったり行かなかったりと不登校を繰り返すようになる。子供に幸せになって欲しいのできちんとした親になりたいのだがというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は42歳女性(身体表現障害・生活保護受給中)、夫の暴力で6年前に離婚、子供2人と3人暮らし、長女16歳(暴行事件の被害に遭い高校退学し定時制を受けることに)、長男11歳(不登校を繰り返す)

加藤諦三氏の〆の言葉『人間は心の痛みの方が体の痛みよりも辛いんです』

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA