テレフォン人生相談
柴田理恵・野島梨恵

柴田理恵・野島梨恵
テレフォン人生相談 2022年2月3日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:野島梨恵(弁護士)
子育てや家庭の事をまったく協力してくれない夫との離婚を考えているけれどなかなか踏み切れずに迷っているという55歳女性から、夫は子育てや老後にまつわることなど協力的でない。また使途不明の借金を100万円ほどカードローンで作っていた。家計費も月の給料から15万円を入れてくれるだけで、そこからマンションのローンや生活費を賄っておりボーナスを含め残りは夫の小遣いに、教育費も出してもらえず自分のパート代から補填していることもあり老後のお金もたまらない。不満がつのり離婚を考えているというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の野島梨恵さんが回答者です。

相談者は55歳女性(パートで月に15万円ほど) 夫59歳(会社員・定年後は再雇用の予定・生活費を月に15万円入れるだけ) 子供2人で長男23歳(働いている)、長女19歳(学生)

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ご両人、だいぶ上手くなったと思うけど
    「なぜこの相談をしてきたのか」がない。

    離婚したい、とグダグダする人はいっぱいいるけど、そのグダグダに
    積み重ねてきた感情がある。
    「なにか最近ありましたか?」「なぜ急に離婚しようと思った?」
    とかちょっと変化球が入るといいのかも。

    でないとこの番組の醍醐味、本当の相談はなにか?がなくなる。
    なんて口では言えるけど、難しいよなー

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA