テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年2月7日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
22歳男性から、卒論を書くための研究が上手くいかなくて研究室の仲間や先生との関係も悪いので生きてるのが辛いというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は22歳男性(独身・大学生) 休学中の兄がいる

加藤諦三氏の〆の言葉『悲観主義は攻撃性の変装した物である』アドラー

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA