テレフォン人生相談
今井通子・大迫恵美子

今井通子・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2022年2月8日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
双極性障害とPMDD(月経前不快気分障害)と診断されている36歳女性から、現在福祉の専門学校に通っていて、自分の中の女性の部分が精神的に満たされないのでどうすればいいか?と冒頭の相談。若い頃は「綺麗だね」と褒められたが30歳を過ぎて周りが厳しくなり、今では実家の姉から「老けたね」「女性として終わり」なんて笑われたりする。専門学校ではやっかみか「調子に乗ってる」なんて陰口を言われる。アイドルほどではないがカワイイという自負はあるようで、歳を取り「おばさん」と呼ばれても受け入れられるようになりたいというご相談です。パーソナリティは今井通子さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

相談者は36歳女性(双極性障害・PMDD・福祉系の専門学校に通う) 夫48歳、結婚12年目で子供はいない。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA