テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年2月14日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
21歳女性から、大学に進学し昼夜逆転の生活、大きな声を発するアルコール依存症のような父親に怒りが湧いてきて2年前から祖父母の家で暮らしているが過去のいざこざを怒ってばかりで前に進めないという相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は21歳女性(大学は辞めてないと思う) 祖父母(85歳と83歳)宅に両親の元を離れて2年前から暮らしている。父と母

加藤諦三氏の〆の言葉『現実否認は膨大な生きるエネルギーを消費します』

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA