テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年2月15日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
家族全員が仲が悪く母親は不倫をして離婚し家を出て行った。相談者は高校を中退し高卒認定試験を受けて大学に進学したが中退した。今は無職で就職活動中、これまで10種類くらいの職業に就くも1日で辞めたところもあり1ヶ月続くことはなく、なかなか声が出せずコミュニケーションが上手く取れない。過去の辛い思い出、嫌な思い出、怒りや憎しみ恨みつらみが自分の中で大きくなり過ぎている。こんな事を抱えてこの先、生きていくのが辛い、死んで楽になりたい。本当は父親が一番嫌い。虐待されてきた父親への憎しみが大きくなり死んで復讐したい。社会に対しても不満がある。自分だけ人間扱いされていないような疎外感があって社会に対する憎しみも強い。差別されてきた。生きていてもしょうがない。差別してきた人間に対する怒り、どうしたら気にしないでいられるか?ある意味救いを求めてる部分もあったという20歳男性からのご相談です。パーソナリティは今井通子さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は20歳男性(大学中退・無職) 父親47歳、妹16歳との3人暮らし。母43歳の不倫で両親は離婚。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. あはは。
    口達者な婆さんにゃあ敵わないねえ。
    鎧袖一触。お見事。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA