テレフォン人生相談
柴田理恵・中川潤

柴田理恵・中川潤
テレフォン人生相談 2022年3月5日(土)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:中川潤(弁護士)
69歳女性から、どうしたものかと息子から相談されて電話した。息子夫婦は再婚同士で嫁の連れ子2人と一緒に二世帯住宅に住んでいる。家のローンは息子が払っており嫁から両親に出て行ってもらうか自分達にローンを払ってもらえと言われている。息子が生死を彷徨う手術をした時、嫁だけが手術に立ち会っておらず実家に居て、入院中も実家から帰って来ずに見舞いにも来ていない。息子が離婚を切り出すと戸籍だけは抜きたくない調停にも出ないと言われ八方ふさがりの状況で困っている。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は69歳女性 夫70歳 息子夫婦と二世帯住宅に住む。2年前に再婚した息子42歳 嫁33歳(再婚) 嫁の連れ子2人 女の子12歳(小6) 男の子7歳

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 嫁さん側の意見も聞いてみないことにはコトの真相はわからないね。
    放送を聴いた印象では、相談者はかなり自己主張が強く、息子はマザコンかもしれないという感じがしないでもない。
    ここでは語られなかった事実がいっぱい有る可能性は考えられる。
    一方で、この相談者の言葉通りであるならば、嫁さんが浮気してる可能性だって考えられる。
    息子が本心から離婚を望んでいるのなら、先ずは調停の申し立てをし、調停が不調なら裁判という流れでしょう。もう心が残っていないのだから淡々と事務処理をするだけ。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA