テレフォン人生相談
柴田理恵・塩谷崇之

柴田理恵・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2022年4月7日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
78歳男性から、養子として育てた42歳の息子に「お正月だけお年玉を集金するかのように実家に来るのは駄目だ」と言ったら実家に来なくなったというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

相談者は78歳男性 妻88歳 2人暮らし。特別養子縁組の息子42歳(独立し妻子あり)

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 実の息子でも年に一度正月に顔を出すだけなんて普通の事さ。
    回答者が「恩着せがましい」という言葉を連発してたけど、誰が聴いてもそう感じるだろうな。
    相談者はそういう性格(常に感謝を要求する)なんだと思う。
    いまさら修復不能なんじゃないの?
    このまま断絶しても養子さんの方では困らないもん。
    お墓のこともチラッと言及してたけど、自分が死んだ後の事なんか心配したって仕方ないじゃん。

  2.  根っから見返りを期待なさっておられるのかな 無償の愛情を注いでこられなかったのでしょうかねぇ(・・?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA