テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年4月8日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
54歳女性から、20年前に離婚し母子家庭で息子と娘を育ててきた。独立し会社の寮で暮らしている息子が借金を作り自宅に督促状が届いた。代わりに40万支払い弁護士に相談するも息子は弁護士の連絡先を失くしたと言って連絡をしようとしない。会社に電話をしないと連絡が取れない状況で債務整理が間に合わず裁判所から訴状が届いた。どう対処すべきか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は54歳女性(働いている) 20年前に離婚し独身、長女23歳と2人暮らし。長男26歳(会社員)は独立し自宅から車で1時間半ぐらいの会社の寮で暮らしている

加藤諦三氏の〆の言葉『不幸を受け入れる。するとする事が見えてくる』デヴィッド・シーベリー

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 打つ手なし。
    息子はこのまま破滅へ向かってまっしぐら。
    せいぜい巻き添えを喰らわないようにするしかないね。

  2.  過去の放送で共通することですが 尻ぬぐいしたら 本人のためにならない」
     甘やかした貴女が 諸悪の根源だ!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA