テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年4月11日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
24歳男性から、母に勧められた歯並びの治療が原因で体調を崩してしまった。その母が2年前に自ら命を絶って、それ以来音信不通になった妹と仲直りをしたいというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は24歳男性(大学生か・・) 父57歳と2人暮らし。妹20歳(大学生)は大学で出会った女性と一緒に暮らしている。母親は2年前に自死

加藤諦三氏の〆の言葉『怒りは悲劇を誇示するという事にして間接的に表れます』

スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  思考回路 を 180度切り替え 過去の記憶を消去することは できないのかな?
     卒業したら 新天地で 親子 親類縁者と 関係を疎にして ゼロからスタートしたらどうだろうか?

  2. 昔、こういう上司がいましたよ。
    上手くいかない事案があると周り中に愚痴をこぼして回って、みんなから避けられてた。
    「オイ!みんな河岸を変えようぜ。ここだとアイツが来て愚痴り倒されるからよォ」
    当人は同情してもらいたくて愚痴ってたんでしょうけれど、聴かされる方じゃあいい迷惑なんでね。
    愚痴をこぼしても問題解決には至りません。問題解決したければ原因を把握し、適切な対策を講ずるすかないのですよ。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA