テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年4月12日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
37歳男性から、営業の仕事をやっているが転職を千回以上も繰り返し危機感を感じている。地方のトップ進学校に通うも良い大学に行けず就職も大手風俗雑誌のライターで19時間拘束の週7日勤務状態の会社、5ヶ月で辞めアルバイト生活、地元に戻るも普通でない同級生とつるみ消費者金融でお金を借りる生活、支払いの為、目先の金に目がくらみ日雇いの生活を繰り返している。家族とも音信不通になり人生全体に不満だというご相談。パーソナリティは今井通子さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は37歳男性(独身・日雇い) 家族とは音信不通状態。父75歳ぐらい、母67歳ぐらい、弟は4歳下、妹は7歳下

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. まあそうだろうね。
    自分の不運を嘆いていてもしかたない。
    新たな目標を設定しなおして、死に物狂いで努力を重ねるしかない。
    「言うは易く行うは難し」だけどね。すべては自分自身にかかっている。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA