テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年4月25日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
41歳女性から、人間関係がいつも悪い結果に終わってしまう。特にリーダーシップをとる人から嫌われてしまう事が多いんですというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は41歳女性(主婦) 夫47歳 長女13歳

加藤諦三氏の〆の言葉『あなたの無意識は、あなたの人間関係』

目次

スポンサーリンク

人間関係が悪い結果に終わってしまう

加藤諦三:もしもしぃ、

相談者:もしもし、

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:40、1歳の主婦です。

加藤諦三:41歳主婦、ご主人何歳ですか?

相談者:40、7歳です。

加藤諦三:47歳、お子さんは?

相談者:10、3歳です。

加藤諦三:13歳、男の子?女の子?

相談者:女の子です。

加藤諦三:女の子、はいわかりました。

加藤諦三:それでどんな相談ですか?

相談者:人間関係・・が、いつも、同じ・・結末になってしまうので、

加藤諦三:はい。

相談者:それを、

・・

相談者:なんとかしたいと思って今日は・・

加藤諦三:はい。

相談者:電話させてもらいました。

加藤諦三:例えば・・どういう、人達・・ど・・

・・

相談者:どっちかって言うと、

相談者:気の強い感じ、リーダーシップをとるような、感じの人から・・どうしても・・嫌われてしまうというか、

加藤諦三:ああ・・

相談者:癇に障ってしまうといった感じに、

加藤諦三:ぁ、ぅ・・

相談者:なるんだと思います。

加藤諦三:なるほどね、

相談者:はい。

加藤諦三:こういうことはないんですか?

加藤諦三:なんかグループがあるとねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:あな、たが、リーダーシップをとりたいのに、

・・

加藤諦三:あなた以外の人がリーダーシップをとってることが面白くないと、

加藤諦三:**・・

相談者:いやそういうわけではない、ただうまく、こう・・ぐるぐる、一緒にあのぅ・・

相談者:仕事なり何なりを回して行けたら、

・・

相談者:とは思うんですけど、

加藤諦三:ええ、

相談者:こちらがリーダーシップをとるほど能力はそんな・・

・・

相談者:ない・・っていう自覚も(苦笑)、あるのでぇ、

加藤諦三:あっ、そうですか、

相談者:うーん・・はぁい。

加藤諦三:そうするとなんーで、うまくいかなくなるんでしょうねぇ?

相談者:空気を読めてないって言うのも、大きいのかなって、思っています。

加藤諦三:空気が読めていない・・

相談者:はい、なんか気がついたらもう・・とげとげしい言葉が、こちらに飛んできて、

加藤諦三:ああ・・

相談者:っていう感じになってしまっているので、

相談者:あっ、どのタイミングかで何かぁ、やってしまったんだなぁ・・ってぇ、

加藤諦三:ん、うん、

・・

加藤諦三:あなたずーっといろんなことを、我慢して小さい頃、生きてこなかった?

・・

相談者:ハイ(囁くように)。

・・

相談者:そうですねぇ(涙声)、

・・

相談者:してきたと思います(涙声)。

・・

加藤諦三:そこなんだよね、

・・

加藤諦三:おそらくねぇ、

・・

加藤諦三:あなたは、

・・

加藤諦三:ちょっと難しい言葉で言うと、意識と無意識の乖離が激しいんですよ。

相談者:意識と無意識・・

加藤諦三:うん、あなたは、意識としては、

相談者:はい。

加藤諦三:相手に対して好意を持っていて、

相談者:はい。

加藤諦三:相手を傷つけるつもりでなくて言った言葉なんだけれども、

・・

加藤諦三:本当はあなたは相手を嫌いなんです。

・・

相談者:ああ・・

相談者:ズズッ・・

加藤諦三:そして、あなたの言葉としては「わたしはあんたを嫌いだ」っていう言葉ではないんですよ。

相談者:はい。

加藤諦三:だけど・・

加藤諦三:人間関係のコミニケーションで大切なのは、

相談者:ズズズ・・はい。

加藤諦三:非、言語的な部分なんですよ。

・・

相談者:はい。

加藤諦三:だからあなたは言葉としてのいろんな・・

加藤諦三:仲間との・・

加藤諦三:関係では悪い言葉使ってないと思うんです。

相談者:はい。

加藤諦三:だけど、

加藤諦三:あなたが意識していない・・

加藤諦三:無意識に・・

加藤諦三:意識と無意識とがまぁ・・

加藤諦三:乖離した言葉遣いを使っちゃうっていうのはねぇ、

相談者:うん、

加藤諦三:小さい頃から、

・・

加藤諦三:ずーーっといろんなことを我慢してきて、

相談者:はい。

加藤諦三:実は本当に思ってることを言ってないんだよ、

相談者:そぉーれはあるかもしれません、はい。

・・

加藤諦三:ところがねぇ、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:「人は、相手の無意識に発行する」・・っていう言葉があるんですよ。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:でぇあなたずーーっと小さい頃からよい子で我慢してきたって事はねぇ、

・・

相談者:はい。

加藤諦三:周りの人間に対して、

・・

相談者:ハイ・・

加藤諦三:あんまり良い感情を持ってないんですよ。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:まぁちょっと、キツイ言葉で言うと、

・・

相談者:はい。

加藤諦三:スゥゥ・・

加藤諦三:嫌いなんだよねぇ、周りの人が、

・・

相談者:ああ、はい、そうだと思います。

・・

加藤諦三:でもそれが気がつけばぁ、

相談者:はい。

加藤諦三:簡単なことじゃないの?

相談者:か、簡単ですかねぇ(苦笑)?

相談者:ズズズ・・はい。

加藤諦三:だって、あなたは本当は、

相談者:はい。

加藤諦三:好きではない、人に、

相談者:はい。

加藤諦三:好きな顔をしてるわけですから、

相談者:そうですねぇ、うん、

・・

相談者:ズッ、

加藤諦三:それやめればいいんだもん。

・・

相談者:はぁい(苦笑)・・ズズッ、

相談者:まっ単純には、そうですねぇ、

相談者:ズズズッ、

加藤諦三:ぁぁぁ・・

加藤諦三:でぇ、今日のあなたの・・

加藤諦三:相談っていうのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:なんとなく、人間関係がうまくいってないような気がしてねぇ、自分で、

相談者:はい。

加藤諦三:その人間関係をどうしたらいいか?っていうことですよねぇ?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:そうですか、

加藤諦三:今日はですねぇ、スタジオに、

相談者:**

加藤諦三:幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA