テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年5月2日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
32歳女性から、予想外の双子が生まれて夫も単身赴任になって、大変な事が重なって現実を受け入れられないというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は32歳女性 夫40歳(単身赴任中) 子供3人(3歳と1歳の双子) 今は実家に身を寄せている

加藤諦三氏の〆の言葉『人生を成長するために人間はどう解釈するかが大切です。解釈するということは課題を解決するということです』

目次

スポンサーリンク

現実を受け入れられない

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい・・もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、こんにちはぁ、

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい、えっと32歳です。

加藤諦三:32歳・・でぇ今、結婚してます?

相談者:はい、してます。

加藤諦三:え・・ご主人何歳ですか?

相談者:40・・です。

加藤諦三:40歳・・お子さんは?

・・

相談者:はいえっと3人、いましてぇ、

加藤諦三:はい。

・・

相談者:上の子が3歳で、

加藤諦三:はい。

・・

相談者:下の子が、1歳の双子です。

・・

加藤諦三:あ、そう、

相談者:はい。

加藤諦三:んでぇ、今・・え・・5人で、暮らしてるわけですか?

相談者:今は、出産した、次の月から、主人が、単身赴任になってしまいましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:電車で、 2時間ぐらいの距離のところに・・

相談者:引っ越してしまったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしは、妊娠中から、わたしの実家に、子供を連れてぇ、お世話になっております。

加藤諦三:はいわかりました、

相談者:ええ、

加藤諦三:はいそれで、どんな相談ですか?

・・

相談者:わたしは、ちょっと・・独身の時からぁ、あんまり、子供・・の、扱いが苦手というか、

相談者:得意ではなくてぇ、子供があんまり好きではなかったんですけど、

加藤諦三:ええ、

相談者:自分も結婚してぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:まぁ女性なのでぇ、いちどは出産してみたい・・

相談者:っていう、気持ちもあったのでぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:ひとり目を妊娠して出産して育ててたんですけど、

相談者:ふたり目、さんにん目はちょっとまだ、考えれない・・

相談者:ってぇ、思って、いてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:でぇそのぅ・・時に、予想外の妊娠で双子を、ちょっと、妊娠してしまってぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:妊娠中からずっと、わたしには、育てれるのかとか、凄く不安でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇまぁでも産んだら・・

相談者:なんか、育てれるかなぁ・・とか、ちょっと、おも・・って(思って)たんですけど、

相談者:やっぱ現実すごく、不安でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇまぁでも産んだら・・なんか、育てれるかなぁ・・とか、ちょっと、思ってたんですけどぉ、

相談者:やっぱ、現実すごく大変でぇ、あのぅ・・

加藤諦三:それは大変でしょう、

相談者:そうですねぇ、それで・・一人でも結構、いっぱいいっぱい、だったんですけどぉ、

加藤諦三:うん・・まぁそうですねぇ、はい。

相談者:双子も、生れてしまってぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:でまぁ、わたしも両親、協力してくれ、てるんですけどぉ、

加藤諦三:うん、

相談者:妊娠中からちょっと、自分が三人の母になったのが、

相談者:受け止めれて、いなくってですねぇ、

相談者:子供が一歳になった、今でも、

相談者:わたし・・・

相談者:全然自信がなく・・ってぇ、

相談者:「かわいい」って思う・・余裕もなく、

相談者:最悪なときは「何で産ん・・でしまったのか?」とかぁ、

相談者:自分も大事・・って、思ってしまったりとかぁ、

相談者:やっぱりひとり目・・のときのこととか思い返してしまって比べたりとかぁ、

加藤諦三:ええ、

相談者:受け止め、きれない自分がいるのと、

加藤諦三:うん、

相談者:あと、主人がそのぅ・・単身赴任になってしま・・ってぇ、

相談者:あっちは、休みの日に、一人の時間とか、ある・・

加藤諦三:ええ・・

相談者:のでぇ・・

相談者:羨ましい・・っていうか、なんか、

相談者:妬む、気持ちになってしまってぇ、

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:は・・はぁーい。

加藤諦三:ご主人に対する気持ちも、

相談者:はい。

加藤諦三:いろいろ変わってきた。

・・

相談者:そうです、はぁい。

・・

加藤諦三:うん、

相談者:あと・・主人、は、もともと結婚する前は、誠実で、夜遊びとか女遊びとかまったく、興味がない人だと思ってたんですけどぉ、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしが妊娠してるときに、

加藤諦三:うん、

相談者:朝、4時くらいに帰ってくる日があってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:なんかちょっと、わたしの女の勘っていうか、

相談者:怪しいなぁ・・と思って携帯を見てしまったらぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:夜のお店の、かたと、連絡を取っていてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:ごはん・・とか誘ってぇ・・いたんですぅ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇあたし・・

相談者:浮気まではいってないんですけどぉ、かわいい子とかもしれないんですけどぉ、なんかそうやって主人がそういう・・

相談者:他にも・・

相談者:女の子に、連絡したりとかぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:誘ったりするのが、すっごくショックでそのとき、

相談者:「あたし妊娠してるのに・・」

相談者:「なんでぇ、そんなことするのぉ?」とか思ってしまってぇ、

加藤諦三:うん、

・・

相談者:それがあってちょっとしん・・らい(信頼)できなくなってるのもあるんですよねぇ、

加藤諦三:だからいろんなことが今、重なっちゃってるわけねぇ、

相談者:そうですねぇ・・はぁい。

加藤諦三:子供に対する感情・・

相談者:はい。

加藤諦三:それぇと、夫に対する感情、

相談者:はぁい、はい(涙声)・・

相談者:子供がひとりだった、らぁ、夫が・・

相談者:どっか「出かけたい」って言ったときに、「いいよー」って言ってあげれる、かもしれないんですけどぉ、

加藤諦三:うん、

・・

相談者:やっぱり3人・・で一人・・

相談者:でぇ休みの日にみるっていうのはちょっと、やだなぁと思って・・しまってぇ、ちょっと行動制限をさせてしまったりとかぁ、

加藤諦三:スゥ、そうすると

相談者:***

加藤諦三:子供が、3人という、ことがぁ、

相談者:はい。

加藤諦三:夫婦関係にまで影響を及ぼして

相談者:ああ!

加藤諦三:いるっていう・・

相談者:そうですぅ、あっはぁい、そうです。

加藤諦三:っということですねぇ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:うん、

・・

加藤諦三:辛いですよねぇ今、そう・・

相談者:(涙ぐむ)辛いですねぇ、なんか・・

・・

相談者:思い描いてた結婚生活と違いすぎちゃってぇ、

相談者:どうしようもない現実を受け入れ・・

相談者:られない自分がすごく嫌で、もっとポジティブに・・

・・

相談者:なれたらとは思うんですけど、

加藤諦三:とにかく今・・

加藤諦三:どうしようもない現実を今わたしは受け止められないということです

相談者:ああそうですそうです、はぁい。

加藤諦三:でぇどう乗り越えたらいいか?っていうのが今日のあなたの相談ですね?

相談者:ズズッ、あっ、そうですねぇ、はい。

・・

加藤諦三:今日はスタジオにですねぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生が

相談者:はい。

加藤諦三:いらしてるので・・

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:あっ、はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA