テレフォン人生相談
今井通子・高橋龍太郎

今井通子・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2022年5月3日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
31歳男性から、発達障害を抱えていて日常生活は問題ないが職場の仕事ではミスを繰り返すので会社を辞めさせられ転職を繰り返しているというご相談です。パーソナリティは今井通子さん、精神科医の高橋龍太郎さんが回答者です。

相談者は31歳男性(発達障害・ADHD) 母56歳 妹2人(上が30か29歳と下が27歳)との4人暮らし

目次

スポンサーリンク

転職を繰り返している

今井通子:もしもしぃ、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願い致します。

今井通子:はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:えっとぉ・・わたしが抱えている、病気で、ちょっとわたし自身、今後どうしていいかぁ、悩んでいる状況です。

(わんわん、わんわん)

今井通子:はい、あなたおいくつですか?

相談者:今年31になります。

今井通子:ご家族は、お父様お母様いらっしゃる?

相談者:母親えお、あと妹が2人います。

今井通子:お母さまはおいくつ?

相談者:今年50・・6のはずです、はい。

今井通子:56歳・・

相談者:はい。

今井通子:妹さんは?

相談者:ええっと、30・・か、29のはずです。でぇ、一番下が、20・・7ぐらいですかね、

今井通子:ご一緒に住まわれてるの?

相談者:そうです、4人で住んでいます。

今井通子:はい。

・・

今井通子:さて、その、ご病気はなんなの?

相談者:えっと・・はったつぅ・・障害(発達障害)を抱えていまして、

今井通子:なるほど、

相談者:えっとぉ・・ADHDっていう診断を受けています。

今井通子:ふん、

相談者:わたし自身、日常生活は全く問題ないんです。

今井通子:はい。

相談者:車運転したりとかぁ、ご飯を食べたりとか、

今井通子:はい。

相談者:生活していくには問題ないんですが、

今井通子:はい。

相談者:いざ、こう会社に、行った際にですね、仕事を、やらなきゃいけないんですが、

今井通子:ええ、

相談者:最初は問題ないんです、そのぅ、いきなり入ってきた人間にそんな難しいことを覚えさせるような仕事ではなかったのでぇ、

今井通子:はい。

相談者:ただ、そのぅ、だんだん、だんだんこう・・1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月って、仕事・・に慣れてきたらどんどんこう、メインの方、任されるようになってから、

今井通子:はい。

相談者:ちょっと、集中力がなくなってきて、

今井通子:ふぅーん・・

相談者:そのぅ・・仕事に対するミスが多くなってくるんですよね、

今井通子:はい。

・・

相談者:でぇ・・何件かこう、会社を転職してましてぇ、

今井通子:ちょっと待ってねぇ、

相談者:はぁい。

今井通子:まずぅ・・小・中・高、

相談者:はい。

今井通子:学校はどうでした?

相談者:えーっと、小学校2年・・生ぐらいの時に、

今井通子:はい。

相談者:担任の先生が、ちょっと、養護の勉強されてたみたいでぇ、

今井通子:ええ、

相談者:でぇその際にちょっと・・わたしがちょっと、行動がおかしいので、

今井通子:ええ、

相談者:こういう勉強した際に、こういう病院があるんだよっていうのを教えてもらったそちらの病院に伺ったんですよね、

・・

今井通子:はい、それはあのぅ、親御さんと一緒に行って?

相談者:そうですそうです

今井通子:はい。

相談者:担任の先生がとても・・理解ある、人で、

今井通子:はい。

相談者:うちの母親も、信頼してたもんですから、

今井通子:はい。

相談者:「じゃあ、行ってみよう」ってことで、母親と一緒に行ったんです。

今井通子:はい。

相談者:そしたらぁ・・病院では、確かにこう・・「ADHDの疑いがある」と、

今井通子:うん、

相談者:そこから、中学校・・ぉ・・ぐらいまで、

相談者:お薬をもらって通ってたんです。

今井通子:はい。

相談者:ただ、中学校あがる前にもう・・

相談者:出せるお薬が当時なくてぇ、

今井通子:ウン・・

相談者:もうカウンセリングしかないと、

今井通子:ふん、

相談者:なんでぇ、そんときに一旦、通院をやめたんです。

今井通子:この、出せるお薬がないというのは、どういう意味でした?

相談者:えっと、その当時の、わたしに合う薬はないと、

・・

今井通子:じゃあその当時のあなたは、どうだったの?

・・

相談者:その頃はもう、落ち着いてたんですよね、

相談者:えっと、その前はこう、よく学校を脱走したりとかぁ、

今井通子:うん、

相談者:集中できなくて、こう教室を、歩き回ったりとか、

今井通子:うん、

相談者:いやぁ、明らかに普通の人と、おかしかったと、

今井通子:うん、

相談者:だから、中学校入ってからは、

今井通子:ってことは・・

相談者:授業には集中できなかったんですけど、

今井通子:うん、

相談者:したら(?)おとなしくは座ってました。

・・

今井通子:あっそう、そうするとね、中学生の時に行っていた先生が、出せる薬はない・・っていうことは、

相談者:はい。

今井通子:もう、薬いらないよ・・って話しだったんじゃない?

相談者:いえ、違います。

相談者:集中力がないのはないんです。

今井通子:うん、

相談者:ただ、その当時の・・

相談者:出せるお薬が、その病院が扱ってるお薬がもう、出せないっていうことになって、もうあと、カウンセリングしかないって言われちゃったんですよね、

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・

相談者:母親も、えーっと、今後生活していくうえで、ええっと・・ちょっと遠い病院に通ってたもんですから、

今井通子:うん、

相談者:いや、さすがにそれはまずいので、薬ないですか?って言ったら、先生が「ない」って言っちゃったもんですから、

今井通子:うん、

相談者:じゃあもう、それは無理だな・・って話になってぇ、一旦、そこで通院、やめちゃったんですよね、

今井通子:なるほど、

相談者:でぇ・・高校・・と、専門学校の方にも行ったんですが、そこはなんとか・・

相談者:勉強は集中できなかったんですけど、なんとか卒業できましたと、

今井通子:はい。

相談者:でぇ、

今井通子:これ専門学校?

相談者:はい。

今井通子:はい、なんの?

相談者:技術系ですね、

今井通子:なるほど、

相談者:成績は悪かったんですが、

相談者:先生からは、

相談者:集中はできてないけど真面目な子だったので、

今井通子:ウン

相談者:そのぅ・・卒業させてもらったんです。

相談者:でぇ、

今井通子:ウン

相談者:その資格とかも、取ってぇ、

今井通子:ああなるほど、

相談者:こう・・

今井通子:ちゃんと資格をもらったのね、

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:でぇ、そういう系の会社へも勤めたんですが、

今井通子:はい。

相談者:あまりにもミスが多すぎて、

相談者:ええっと、もう、そこの責任者の方から「いらない」っと言われてしまったですね、

・・

今井通子:はい。

相談者:でぇ、そこからこう、おかしくなってきたというか要は、

・・

相談者:いろんな会社に行くたびに、

・・

相談者:「真面目な子だよね」・・っとは言われるんです。

今井通子:はい。

相談者:ただ、仕事できるかって言われたら、出来ないよねって言われて、「もう、いらない」って言われて、

・・

今井通子:そうすると・・

・・

今井通子:今、31歳とおっしゃいましたよねぇ、

相談者:はい。

今井通子:会社に勤め始めてぇ、

相談者:はい。

今井通子:まあ、ちょうど10年ぐらいよねぇ・・今、

相談者:そうなんですがぁ、えっと、会社に勤め・・

今井通子:うん、でぇ、その10年間に・・

相談者:はい。

今井通子:何社かわった?

・・

相談者:5、6社ですかねぇ、

今井通子:あっ、そうなの?はい。

相談者:えーっと、派遣・・

相談者:派遣にも登録してたのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:ええっと・・派遣会社は、1社と含めるんだったら、3・・社か4社ぐらいなんですが、

今井通子:ふん、

相談者:派遣先に出たのが・・ん、3社ぐらいあったのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:5、6社になっちゃいます。

今井通子:ふぅーん・・

・・

今井通子:そうするとそのぅ・・あなたの、悩み自身は、

相談者:はい、ええっと・・

今井通子:要するに、会社行ってぇ、

相談者:はい。

今井通子:まあ、最初はいいんだけど、だんだんだんだん仕事がね、専門、的になってきちゃうと、

相談者:はい。

今井通子:これ、わからないの?それとも・・

今井通子:やる気がなくなっちゃうの?

相談者:えっと、わかるし・・やる気も・・あるんです。

相談者:ただ・・

相談者:おぼえ、られない(覚えられない)んですね。

・・

・・

今井通子:ああ・・

相談者:要は・・ええっと、例えば・・

相談者:①があります。②があります。③があります、これを・・

相談者:ええっと、いろんな組み合わせで、いろんな製品を作ってくださいとか、

今井通子:はい。

相談者:要は単純に①②③を・・

相談者:順番ずつ並べてって下さいだったら、わたしは出来るんです。

今井通子:うん、

相談者:ただぁ、①②③を、

今井通子:うん、

相談者:たとえば、③②①とか、②③①とか・・別な組み合わせにして、どんどん作ってくださいって言われると・・

今井通子:ウン

相談者:だんだんだんだん、わたしの・・この・・記憶が・・追いつかなくってぇ、

今井通子:はい。

相談者:処理出来なく、なってくるんですよね。

・・

今井通子:ウン

相談者:えっと、わたしの、持っている資格では、

今井通子:ウン

相談者:全くそれをやらなきゃいけないんです。

今井通子:なるほど、

今井通子:技術的にずーっとやってって、途中までしか行かなくてぇ、

今井通子:でぇまあ・・

今井通子:そのぅ、「辞めて下さい」って言われちゃう・・

今井通子:このぅ、なんて言うのかなぁ?サイクルが・・

今井通子:なんとか打開したいとか、

相談者:そうですね、

今井通子:そういうお話?

相談者:だ、こう・・泣いちゃう(?)・・のを、なんとかして、打開して、今後、つなげていくに・・

相談者:どう考えてぇ・・

相談者:生活していったらいいかな?・・っていうのが、

今井通子:今後ね、

相談者:はい。

今井通子:わかりました。

相談者:はい。

今井通子:スゥゥ・・今日はですねぇ、精神科医の、高橋龍太郎先生がいらしてますので、

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA