テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年5月9日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
54歳男性から、母と電話した後に、その電話が切れていなくて「ひ孫は可愛いと思わない」という言葉が聞こえてきた。3歳で自分を捨てた母へ憎しみが湧いたというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は54歳男性 妻52歳 長女24歳との3人暮らし。結婚し独立した長男27歳(2ヶ月ほど前に孫が生まれる)。実母80歳、他に独身の姉

加藤諦三氏の〆の言葉『本当の憎しみの後に、本当の許しの気持ちは出てきます』

目次

スポンサーリンク

切れてなかった電話

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 54歳です。

加藤諦三: 54歳、結婚してます?

相談者:はいしてます。

加藤諦三:奥さん何歳ですか?

相談者:52歳です。

加藤諦三:52歳、お子さんは?

相談者:え、2人、います。27歳、男、

加藤諦三:はい。

相談者:24歳、女、でぇ27の息子のほうは、もう・・独立して所帯をもって、出てます。

加藤諦三:あ、そうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:そうすっと今、3人で暮らしてるわけですね?

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:はいいわかりました。でぇ、どんな相談ですか?

相談者:えーっと、実の母とのちょっと、関係というか、どう接したらいいのかを・・

加藤諦三:はい。

・・

加藤諦三:実の母との関係・・どういうことですか?

相談者:いや、基本的には上手く行ってたんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者: 2か月ほど前に、孫が生まれましてぇ、27歳の息子の方が、

加藤諦三:はい。

相談者:んでぇ・・まぁ、息子のほうが、ええっと、「おばあちゃんに、ひ孫を見せてあげたい」と、

加藤諦三:はい。

相談者:そういうことでぇ・・ちょっと連絡を・・取ってくれないかということでぇ、僕が、母に、電話を入れたんですけども、

加藤諦三:はぁい。

・・

相談者:母からすればうちのぉ・・息子は初孫で、わたし、姉がいるんですけども、姉は未婚なのでもう、孫はもううちの、子供だけなんでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:非常に可愛がっては、くれてたんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:「予定がちょっとわからないから後日連絡します」ということで、その場は、電話は終わったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:その時わたしがあのぉ・・電話をスピーカーにしたままそのぅ、相手が切るものと思ってそのまま置いて、おったんですよ、

加藤諦三:はいはい。

・・

相談者:でぇその場をちょっと離れてぇ、でぇ・・元の場所に戻ったときに、まだ電話が繋がったままでぇ、

加藤諦三:はいはい。

相談者:そしたら母のほうに、なんか友人か何人か来てたらしくてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:その話し声が僕に聞こえたのがぁ、母も電話を切ったつもりででなんか喋ってたんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:その内容が、「何の電話だったの?」って話になったときに、「いやぁ、あの、息子から電話でぇ、『曾孫が生まれたんだけど、いつ見にくるんだ?』いう・・連絡が来たけども、面倒臭い」と、

加藤諦三:はい。

相談者:「会いに行きたくもないし、かわいいとも思わない」という声が、電話越しに聞こえたんですよ、僕、

加藤諦三:はい。

相談者:んでぇ、まぁ、僕もちょっと、ビックリ・・したんですけど、まぁそこで、母もそのぅ・・

相談者:電話がまだ繋がってることに気がついたらしくて、もう電話はその場で切れたんですね、

加藤諦三:ええ、

相談者:でぇそれからぁ・・ぁ・・しばらくして、息子のとこに連絡入れて、あのぅ、「おばあちゃん来た?」って聞いたら、「うん、来たよ」「でぇ、どうだった?」って聞いたら、「いや別に普通だったよ」いうことでぇ、まぁ、その場は終ったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:それからもう母から一切連絡もないし、僕からもちょっと・・しにくいんですよね、

加藤諦三:はいはい。

・・

加藤諦三:でぇ、あなたのお母さんは、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:「かわいくない」と言ったことを、聞いてしまったということを、気がついているんですかもう?

相談者:うーーん、確かめてはないんですけど多分、普段だともう、この2か月の間に本来ならば「元気にしてるか?」と、こう、そういう、連絡が来たりするんでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それから音沙汰がないので、「ああ、たぶん・・自分が話してた事を僕に聞かれたのぉ・・気が付いてるんだろうな」とは、僕は思ってるんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:うん・・

加藤諦三:っと・・

相談者:僕のほうも、それを確かめる・・勇気もないし、

加藤諦三:はい。

相談者:確かめたところでぇ・・何も変わらないしと、

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、これから、母にどう接したらいいかなぁと、

加藤諦三:あなたのお母さんは、何歳ですか?

相談者:え、80ですねぇ、

・・

加藤諦三:80・・か・・

相談者:はい。

加藤諦三:本音とぉ、思います?

・・

相談者:うん、そう・・じゃないかなぁと、でぇそのぉ・・僕と母の関係というのがぁ、僕が3歳の時にぃ、両親が離婚しましてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:僕は父方のほうに引き取られましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ父の、ほうのおばあちゃんに育てられて、母とはもうずっと、絶縁というか、ねえ全然連絡、うちともなく、

加藤諦三:はぁ、はあ、はあ、はあ・・なるほ・・

相談者:んでぇ・・その間に父が再婚してぇ・・その相手ぇに、育児放棄もされてましたし虐待もされましたし、

加藤諦三:はい。

相談者:いろいろされてぇ、でぇ、はたち・・ぐらいの時に、おばあちゃんの方から、「お母さんが会いたがってる」ってことで、交流ができて、それから、連絡を取るようになったいう形になるんですけど、

加藤諦三:そうすっと、あなたぁ・・自身も、

加藤諦三:3歳のときにぃ、

加藤諦三:お父さんのほうと、生活を始めてるから、

相談者:はい。

加藤諦三:この、今話題の、なってる、お母さんっていう、のとは、

加藤諦三:幼児期からの・・

加藤諦三:母親との関係っていうのは、ない、わけですねぇ?

相談者:記憶は、かすかには残ってるんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:僕からすればもう、3歳の、かわいい盛りの、子供をほってぇ・・

相談者:離婚、するのも信じれないしぃ、

加藤諦三:うん、

相談者:そのあとに、「申し訳なかった」いうことで、謝られたんですけども、それに関しては「しょうがない」「済んだことだから・・」

相談者:「いいですよ」「別にかまわんよ・・」って話しはなったんですけども、

相談者:そのぅ・・母のこの間の電話の、「かわいいとも思わない」・・というのを聞いた時にちょっと、怒りが、出てきて、

加藤諦三:ああ・・それでぇ・・

相談者:だからこれから先、母と、接したときに、これを言ったら絶対母、傷つくだろうないうことを、言いそうなんですよね、

加藤諦三:うん、

相談者:うん・・

加藤諦三:でぇ、あなたが・・この実の、母の、ほうとは・・

加藤諦三:これから自然な形を、なかで、接してくぅ・・可能性っていうのは、多いわけですか?

相談者:そうですねぇ、もう、あのぅ・・母も、80なんでぇ、そんなに長く・・何十年も生きるわけでもない、のよし、最期は僕が・・看取るというか・・

加藤諦三:そうすると、介護の、責任まで感じるということ?

相談者:いや、もう介護とかじゃなくて、葬式を出し合ったりとかぁ、

加藤諦三:そういう形式的なことね・・ハイ・・

相談者:そうですねぇ、はぁい。

・・

加藤諦三:そうすると、今日の相談っていうのは、むしろ、あなたの・・実の母に対する・・

加藤諦三:気持ちをどうするか?・・っていうことですねぇ、

相談者:そうですねぇ、はい、どう折り合いをつけるか、

加藤諦三:はいわかりました。今日は、スタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺って、みたいと、思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  無理して交流なさらなくてもよろしいのでは 葬儀に関しても 関わらない方が 相続が発生したら 正負にかかわらず 放棄手続きなさったほうが よろしいのでは?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA