テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年5月16日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
第三子を妊娠中の41歳女性から、昨年、祖母が亡くなってから死や老いについて考えるようになり鬱状態になった。これからどうやって生きていけばいいんでしょうか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は41歳女性(第三子 妊娠6ヶ月) 夫43歳 長男6歳 次男3歳

加藤諦三氏の〆の言葉『歳を取るという事は、老いる事ではなくて、成熟する事です』

目次

スポンサーリンク

死や老いについて考える

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもしぃ?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、こんにちは、よろしくお願いいたしまぁーす。

加藤諦三:はぁい、最初に年齢を教えてください。

相談者:40・・1です。

加藤諦三:41歳・・

相談者:ええ、

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい、結婚してます。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:40、3(43)歳です。

加藤諦三:43歳、お子さんは?

相談者:子供は、 6歳と、

加藤諦三:はい。

相談者:今月で3歳と、

加藤諦三:はい。

相談者:あとぉ・・今妊娠6ヶ月で、全員男の子です。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな相談ですか?

・・

相談者:去年、

相談者:父方の祖母ぉ・・見送ったんですよ、

加藤諦三:はい。

相談者:それで、なんかあのぉ・・

相談者:それまでなんか、

相談者:死とか、老いとかについて考えたことがなかったんですね。

加藤諦三:はい。

・・

相談者:急におばあちゃんが・・去年・・召されちゃってからぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:この1年、死とか老いとかについて考えるようになってしまってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:だからなんかぁ、鬱みたいな感じになっちゃっててぇ、あのぉ、

相談者:不眠とか、

加藤諦三:はい。

・・

相談者:でぇあのぉ、薬飲んでるんですよね、

加藤諦三:ああそうですか、

相談者:**、ダメなんですよ、ひと、人の死とか、老いとか、

加藤諦三:人と、あのぉ、薬飲んでるっていうことはぁ、病院に行って、お医者さんに診てもらったということ、ねぇ、

相談者:そうですね、あの、精神科の先生に診てもらってぇ、

加藤諦三:あ、

相談者:鬱病ではないけどぉ、鬱傾向だ、って言われ、

加藤諦三:はいはい。

相談者:て、なんか、よく眠れるようにってあのぉ、薬をいただいてぇ、今はちょっと寛解っていうか、ちょっとあの、やめて、やめてるっていうか、そんなに、あの、重症な鬱病ではないんですけどぉ、

加藤諦三:はいはい。

相談者:死とか老いとか、わたし、ダメなんですよ、見るのがぁ、苦手なんですよ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、これからどうやって、生きたら、いいのかなぁ・・ってぇ、思い、ましてぇ、

相談者:思いました。

加藤諦三:あのぅ・・

加藤諦三:日常生活、では、鬱の傾向、ということでぇ、

相談者:そうです、鬱っていうのかぁ、

加藤諦三:なんか差し障りがあるんですか?

相談者:いやぁ・・

加藤諦三:41歳っていうと・・

加藤諦三:まぁ大変な、年齢ですよねぇ、

相談者:30代、後半から、なんか妊娠、出産、繰り返してき、たん**、あんまりあの年齢って、考えたことがなかったんですよねぇ、

加藤諦三:あのぉ・・

相談者:はい。

加藤諦三:こういうことはなかったの?

加藤諦三: 30代の頃からスゴイ、忙しい・・

加藤諦三:妊娠、出産を繰り返してきたっていうのはぁ、

相談者:なにかから逃れのためにぃ、

加藤諦三:ものすごい、忙しい生活の中に、自分を、置いていた方がぁ、不安ではないという、不安、

相談者:あっ、30ぅ・・過ぎると、結婚しなきゃ、っていうのがあってぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:わたしあのぉ、婚活して結婚したんですよねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:なんか30過ぎたらなんか・・「もらい手がなくなるよぉ」とかぁ、 でぇ35過ぎたら高齢出産になるよぉとか、結構・・

加藤諦三:はぁい。

・・

相談者:でも全然・・大丈夫だったからぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:あんまり高齢っていう意識がなかったんですよ、

加藤諦三:うん、うん・・そうですよねぇ、

相談者:なんか自分、は、ずっと若いままなのかなぁとか・・思ってたんですけど、なんか、ふふふっ(苦笑)、やっぱり、最近、や、さ、やっぱそんなわけないよなぁ、ってぇ、ちょっと、思うようには

加藤諦三:あ、

相談者:なってたんですけど、去年おばあちゃんが、逝っちゃったんですよねぇ、

加藤諦三:つ、つまり、なんかずーっと自分はそういう若い・・

加藤諦三:人生を送ると思ってたけれども、

相談者:そう、そう、そう、そう、そんな感じですねぇ、

加藤諦三:あなたぁ、どうも・・

加藤諦三:30ぐらいまでぇ・・

加藤諦三:何か逃げてたんじゃない?

相談者:若さに逃げてましたねぇ、

加藤諦三:若さに逃げていた?

相談者:え、わたしは歳取らないみたいな感じぃ、がありましたねぇ、ずっと、

加藤諦三:でぇ、その価値観っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:どこで出て来たの?

相談者:お母さんからかなぁ?、なんか、「30・・5超えたらやばいわよ」とか、結構そういう話をされ、てましたねぇ、

加藤諦三:それでぇ、結婚も恐らく、すごい焦ってたと思うんだけども、

相談者:うん、焦ってましたねぇ、

加藤諦三:ずーっと焦って結婚してぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:焦って子供を生んで、だから、ずーっとあなた、逃げるようにして生きて来ちゃったんだ、今まで、

相談者:そうですねぇ、

・・

加藤諦三:そしてぇ、

加藤諦三:いよいよ、

加藤諦三:不安・・

加藤諦三:と、向き合わなくな、って来てぇ、今、どうしていいかわかんないってことだね、

相談者:いよいよ不安と向き合わなければならない・・ときが来るって感じです。

加藤諦三:ええ、

・・

加藤諦三:でぇ、

相談者:まだ、げん・・

加藤諦三:今、そう、41歳になってこれから、どういう心構えで生きて行ったらいいか?

相談者:そうですね、

加藤諦三:っていうことですよね、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:今日はあのぉ・・スタジオにですねぇ、

加藤諦三:幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってぇ、みたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA