テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年5月20日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
70代女性から、1ヶ月ほど前、49歳の息子をガンで亡くしたが、その思いが生々しくあって涙があふれる。息子の死をどう受け止めるべきか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

70歳女性 3年ほど前に離婚し一人暮らし。1ヶ月前に息子49歳がガンで他界。

加藤諦三氏の〆の言葉『人生は結果ではなくて経過です』

目次

スポンサーリンク

息子に先立たれ

加藤諦三:もしもしぃ?

相談者:あ、もしもしぃ?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:お世話になります。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者: 70歳です。

加藤諦三: 70歳、結婚してます?

相談者:結婚してますけど今は1人です。

加藤諦三:別居してるということですか?

相談者:は・・離婚しました。

加藤諦三:あ、離婚したということ?

相談者:はい。

加藤諦三:離婚、何年前ですか?

相談者: 3年ぐらい前です。

加藤諦三: 3年前、ね、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ今、お一人ですか?暮らしてんのは?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はいわかりました。でぇ、どんな相談ですか?

相談者: 1ヶ月、ぐらい前に、

加藤諦三:はい。

相談者: 49歳の、

加藤諦三:はい。

相談者:息子をですね、

加藤諦三:はい。

相談者:癌でなくしたんです。

・・

加藤諦三:はい・・

・・

相談者:それでぇ、あのぉ・・最期は、あの、緩和病棟にですねぇ、もうこれ以上治療がないということで、

加藤諦三:はい。

相談者:お世話になったんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:まだそのぉ、思いがですね、生々しく、

加藤諦三:はい。

相談者:あってぇ、一日に、もう一回、もしくは数回こう涙が流れることが多いもんですから(涙声)、

加藤諦三:はい。

相談者:今後ですね、

加藤諦三:はい。

相談者:どういう形で(涙声)、

相談者:息子の死を受け止めて、生きていけたらいいのかなと思っております(涙声)。

・・

加藤諦三:長い・・人生の中では、

相談者:はい。

加藤諦三:どうしようもない、

加藤諦三:悲しみや、苦しみっていうのは人生に、

加藤諦三:あると思うんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの場合には、今が最初の、そういう体験ですか?それとも、長い人生で、

相談者:いや、わたし初めてこんなに辛い、気持ちになっております。そしてぇ、自分の心の・・ん、弱さっていうのを(泣)・・

・・

加藤諦三:そういう・・

加藤諦三:辛い思いっていうのは・・長い人生の中であると思うんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:今、この悲しみに対しては、

加藤諦三:あなた、どういう態度でもってぇ、一日一日々を過ごしてるわけですかぁ?

・・

相談者:お寺に行ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:お経をあげたりぃ、

加藤諦三:ええ、

相談者:自分の、まあ自宅でももちろん、お線香あげたりぃ、

加藤諦三:はい。

相談者:その、なるべく、いろいろなぁ、ことに触れてぇ、あの子が「ああ言ってた」とか、食べ物を見たら、「あれが好きだった」とか、いろんなことを・・

相談者:こう、あまりにもこう、生々しく辛く思い出すのでぇ、

相談者:どんなふうにこう、強くっていうか、受け止めて、

相談者:いけたら、いいのかなぁ、っと思ってて、最後にですねぇ、あの、息子と交わした言葉でも、

相談者:お互い人間あのぅ、

相談者:年齢順に死ぬとは限らないから、お母さんがぁ、交通事故で明日死んでも・・

相談者:子供が死んでも、お互いに心の中ではいつまでも生きていようねぇ、とかですねぇ、いろんなことを(泣)・・

加藤諦三:うん、

相談者:ズッ、ズッ・・

加藤諦三:でもあなた、いろ・・

相談者:かえってそういうことが、いけなかったのかな?(泣)とか思ったりですね、もう少し、「ああもしてあげればよかった」・・とか、辛い事ばっか思いだすんでぇ(涙声)、

加藤諦三:今、話聞いてるとぉ、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたぁ、自分の心を、「弱さ」って言っていますけれどもぉ、

相談者:はぁい、ズッ、

加藤諦三:心を、慰めてぇ・・

加藤諦三:辛いことを乗り越えていく・・

相談者:はい。

加藤諦三:そういう事は、心得て・・お寺に行ってお経をあげてみたり、

加藤諦三:お線香をあげてみたり、

相談者:はぁい。

加藤諦三:いろんな形で、やってるわけですよねぇ、でぇ先ほど・・一日何回か涙が流す・・

相談者:うん、

加藤諦三:って言いましたけど、

加藤諦三:涙が流す、っていうのも、一つの・・

加藤諦三:心の安らぎですからねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:だから、

・・

相談者:ズッ、はい。

加藤諦三:それなりにあなた今一生懸命対応してますよぉ。

相談者:あっ、そうですかぁ?ありがとうございます(泣)。

・・

相談者:ズズッ・・

加藤諦三:どうしても、最初は、受け入れる、られない時期っていうのが、

相談者:ズズズ・・ああ・・

加藤諦三:来るわけですよ、

相談者:子供の無念さっていうのを、もう、時にですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:**っと、自分は最後まで、あのぅ・・余命を知らなくてぇ、最後の日まで、リハビリもぉ、頼んでたですしね、自分は弱音も、ほんっとにもう、頭が、金槌で叩かれたみたいに痛いときでも、最後の最後まで頑張っててぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、仕事の面でもですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:あの取締役になってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:自分で社名をつけてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:今からぁ!っていうもう、ことでぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:でぇ皆さんも、あの悲しんでくださってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:弔電も、百通ぐらい、至るところからですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:偲んでぇ、「ほんっとにいい・・上司だった」っていうあのぅ、声を聞いたりすると、今からぁ・・っていうときに、自分が逝かなければいかなかった、無念さを思うとですね、

加藤諦三:ええ、

相談者:どうしようも、まぁならないこの、運命なんでしょうけど(涙声)、それを・・

加藤諦三:誰でも、受け入れられない時期ってのが、最初、あるんですよ、

相談者:ああ・・なるほどねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:受け入れられない時期ですね?

加藤諦三:ええ、

加藤諦三:でぇ、その、受け入れられない(呂律が回ってないがこう言ったでしょう)時期っていうのが過ぎてぇ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:その絶望ぅ・・を、受け入れたぁ、

・・

加藤諦三:「あの子は逝ってしまったんだ」という、この絶望受け入れてぇ、

・・

加藤諦三:この絶望を受け入れることで次にぃ、

・・

加藤諦三:希望というなれる、いきなり希望は出てこないですよ、

相談者:ウーン・・

加藤諦三:ほんっとうに苦しみとか悲しみとかがあってぇ、

加藤諦三:それを、通過して、

相談者:ズッ、ウーン・・

加藤諦三:初めてそこで、新しいものが出てくるんですよ、

相談者:はぁい、それ、ん・・

加藤諦三:だから、悲しみを否定して、しまってはいけないんです。

・・

加藤諦三:ええ、

相談者:受け入れるわけですよね、じゃあねぇ、

加藤諦三:やっぱり悲しいときには、悲しみを、表現しちゃう。

・・

相談者:ウーン・・

加藤諦三:これは、悲しみを表現するっていうのは、一つのキャパシティ、能力なんです。

・・

相談者:あ、ああ・・なるほど、

相談者:少し、なん・・

加藤諦三:これを表現することで、

相談者:ウーン・・

・・

加藤諦三:次の・・・段階に、行けるんです。

・・

相談者:ああ・・なるほど、

加藤諦三:ところがぁ、それを、

相談者:ネェ・・ああ・・

加藤諦三:強くなろう!強くなろう!って・・

相談者:ウーン、勘違いしておりました。

加藤諦三:言・・ってるとぉ、

相談者:ウーン・・

加藤諦三:いつまでたっても悲しみからぁ、

加藤諦三:回復できないですよ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:でぇ、今日の相談は、

相談者:はい。

加藤諦三:とにかく49歳の、

相談者:はい。

加藤諦三:息子のことで、

加藤諦三:自分が、どうしたらいいかわかんないってことですね?

相談者:はい。

加藤諦三:今日はあの、スタジオにですねぇ、

相談者:ズッ、はい。

加藤諦三:心についてのエッセイストとしてお馴染みの、

相談者:はい。

加藤諦三:マドモアゼル、愛先生、

加藤諦三:素晴らしい、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:アドバイスをいただけるとぉ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA