テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年5月23日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
59歳女性から、17年前から膠原病になって常にどこかが痛くてだるい。病気は自分の運命だと受け入れているが、この先どう生きていけばいいでしょう?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は59歳女性(バツイチ・独身・膠原病) 12年前に離婚、30歳の息子、父90歳、母87歳と一緒に暮らす。

加藤諦三氏の〆の言葉『苦悩能力の確立、それが人間最高の価値です』

目次

スポンサーリンク

膠原病で常にどこかが痛い

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いしまぁーす。

加藤諦三:はぁい、最初に年齢を教えてください。

相談者:はい、 59歳です。

加藤諦三: 59歳、結婚してます?

相談者:いえ、バツイチ独身です。

加藤諦三:何年前ですか?離婚したのは?

相談者: 12年前です。

加藤諦三: 12年前、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、お子さんは?

相談者: 30歳の息子が、一緒に生活しています。

相談者:あとぉ、90歳の父と、87歳の母と、一緒に、暮らしております。

加藤諦三:大変ですねぇ、 90歳の、

相談者:あっ(笑)

加藤諦三:お父さんと、

相談者:はぁい。

加藤諦三:87歳の・・

加藤諦三:お母さんと、

相談者:はぁい、えへっ、

加藤諦三:あなた介護してるんでしょう?

相談者:いえ、実はですねぇ、わたしの方がぁ、手を取ってるような状況でぇ、

相談者:わたしがぁ・・17年ぐらい前に、膠原病になりましてぇ、

加藤諦三:ああ・・難病でぇ、大変なんですよねぇ?

相談者:そうですねぇ、もう、常にどこかが痛い。だるい。そういう感じなんですがぁ、

相談者:スゥ、これからの心の向け方とかぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:生き方とかを、少し、アドバイスいただければと思って電話しました。

加藤諦三:なるほどぉ、

相談者:えへっ、

加藤諦三:カラダが痛い・・

相談者:はぁい。

加藤諦三:でぇ・・毎日暮らすっていうのはほんと、辛いですよねぇ、

相談者:そうですねぇ、ありがとうございます。

相談者:病気を持っているっていうことはぁ、もう自分に課せられた運命だと思ってるんですけれどもぉ、

加藤諦三:すごい!

相談者:いやいやいや、へへへ(笑)、いや、そんな(笑)

加藤諦三:いや、それはじぶんの運命として受け入れるっていうの

相談者:えへへっ・・えっ?(笑)

加藤諦三:ものすごいことですよ、

相談者:そうなんですかぁ!ただぁ、そうは思ってるのにぃ、なかなか治療がうまくいかないとぉ、

相談者:「わたしばかり」とかぁ、

相談者:この両親を、看取るっていうのがぁ、やっぱりもう、もう一つの自分の、

相談者:使命だと、思っているのにぃ、

加藤諦三:いや、すごいよ、

加藤諦三:病気を運命として受け入れて、

相談者:はい。へへっ(笑)

加藤諦三:カラダが痛いのに、治療がうまくいかない、

相談者:はぁい。

加藤諦三:その中でぇ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:両親を、どう看取るか?っていうことを

相談者:えへへへ

加藤諦三:考えるゆとりは、

・・

加藤諦三:立派!

・・

相談者:えへっ(笑)、そうですかぁ?先生にそんなん言っていただけるとは、わたし思っていませんでした。

・・

加藤諦三:だけどねぇ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:あなた、この病気に耐えるねぇ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:能力、

相談者:はい。

加藤諦三:これっ、すごい能力ですよ、人間の、能力の、

相談者:そうなんですかぁ(嬉)、いえもう毎日が必死でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:朝起きて、

相談者:手が動いた、足が動いた、歩けた・・っていうことがぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:一日の始まりでぇ、ホッとするんですねぇ、

加藤諦三:うーーん・・

相談者:まぁただぁ、あのぉ、なかなかあたしに合う治療っていうのがない・・っていうふうなことも言われますしぃ、

・・

加藤諦三:そこがつらいところなんだけれども、

相談者:はぁい。

加藤諦三:それでもその苦しみに、

相談者:はぁい。

加藤諦三:耐えて生きることに人生の意味を感じるっていうことがぁ、

相談者:はい。

加藤諦三:これが、人間最高の価値なんです。

・・

相談者:そうなんですかぁ(嬉)

加藤諦三:そうです!

相談者:え、ええっ・・

加藤諦三:これ、フランクルという人が言ってるんですけども、

相談者:はい。

加藤諦三:人間の最高の価値はねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:苦悩能力

相談者:はああ・・く・・

加藤諦三:苦労することに、

相談者:はい。

加藤諦三:価値を見いだせる。

相談者:はあああ・・****

加藤諦三:これって病気これぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたぁ、

相談者:はい。

加藤諦三:治んないかもしれないわけでしょう?

相談者:あ、もう治らないと思います。

加藤諦三:治らない。

相談者:はい。

加藤諦三:だから、治らない病気であっても、

相談者:はい。

加藤諦三:そしてぇ、体が痛いっていうことは、ほんと、辛いことなんですよ。

・・

相談者:はぁーい。

加藤諦三:でぇ、

・・

加藤諦三:そういう苦しみの中でも、

相談者:はい。

加藤諦三:苦しむことに、意味を発見できるっていう、この苦悩能力、

相談者:はい。

加藤諦三:苦悩能力っての、苦悩する能力。

相談者:はい?

・・

加藤諦三:これが、

・・

加藤諦三:人生最高の価値なんです。

相談者:はああ・・

相談者:もうちょっとでしょうかぁ?では、わたしは、そこに到達するには、

・・

加藤諦三:今到達する・・に、近いんじゃないの?

相談者:そうでしょうかぁ(嬉)?いやあ・・わからないですけど、

相談者:はああ、びっくりしましたぁ。

・・

相談者:ただぁ・・

加藤諦三:だってぇ、

相談者:はい?

・・

加藤諦三:カラダが痛くてぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:もう、どうにもならなかったらぁ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:泣き言、言うよ、

・・

相談者:はああ・・

・・

加藤諦三:辛いでしょう。

相談者:いやぁ・・そうですねぇ、あのぉ、

・・

相談者:薬を飲んだらぁ、吐いたりぃ、下から出したりとかしてしまうのでぇ、そのときに、もう、絶望的になって、「ああ、もう・・」

相談者:「わたしには、薬さえもない」みたいなぁ、絶望感に、わぁって襲われるんですけれども、

加藤諦三:当然ですよ、

相談者:うふふふ、

加藤諦三:そうなるとねぇ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:なんでぇ、こんな苦しい思いをさせる、

加藤諦三:生き物を神様、作ったんだって、神様に、

・・

相談者:はい。

加藤諦三:もう、文句言う気持ちになるん・・

相談者:なりまぁす!

相談者:夜中、うとうとと、やっと眠りにつけそうな時に急に腹痛が起こると、

加藤諦三:うん、

相談者:もう、どうしてぇ、この時間に意地悪だなぁ、神様・・って、思います(苦笑)・・はぁい。

加藤諦三:僕の友達でぇ、演劇論の専門家がいんですけどねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:その人が、この世の中で真実はただ1つ!

相談者:はい。

加藤諦三:「生まれてこなければよかった」って言ったんです。

相談者:はああああ・・

加藤諦三:それやっぱり、いろんな苦しみ抱えてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:苦しみを抜ける、方法が見つからない。

相談者:はい。

加藤諦三:そうなると、

相談者:はい。

加藤諦三:この世の中の真実はただ1つ、

相談者:はい。

加藤諦三:「生まれてこなければよかった」ってふうになるんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:その中でも・・

相談者:はい。

加藤諦三:あえて、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:自分の人生に、意味を、感じる

相談者:はい。

加藤諦三:意思、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:あなたの娘のこの今の・・

加藤諦三:苦悩能力、

相談者:はい。

加藤諦三:これは能力なんですよ、

相談者:はああ、

加藤諦三:苦労することの中に意味を見出すっていうのは、これは能力ですから、

相談者:はい。

加藤諦三:苦悩能力の解決が、

相談者:はい。

加藤諦三:人間最高の価値だっていうことを、

相談者:はい。

加藤諦三:しっかりと、

相談者:はい。

加藤諦三:覚えてください。

相談者:わかりました。

・・

加藤諦三:では、今日はあのぉ、スタジオに、大原敬子先生がいらしてんのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA