テレフォン人生相談
今井通子・塩谷崇之

今井通子・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2022年6月25日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
父の面倒を看るからと実家に住み続ける姉、父を介護施設に入れて帰って来るのを拒み続ける。余命いくばくもない父、認知症で誤嚥性肺炎で中心静脈栄養でながらえている状態だが実家に帰りたいとしきりに言う。姉を追い出して父を実家に帰してあげたいというご相談。パーソナリティは今井通子さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

相談者は60歳女性、父92歳(介護施設入所中・誤嚥性肺炎・中心静脈栄養)、姉63歳(実家居住中)、兄66歳、母は7年前に他界

※相談者がどんな病気でどのくらい入院してたのか知らないけれど、父親のこと姉に任せっぱなし?それとも隙をつかれた?
兄にしろ相談者にしろ、マメに父親と連絡してれば姉の好き放題にされなかったんじゃないか?
居座ってからは一切、面倒看てないようだけど、5年も放置したあとじゃあねぇ

目次

スポンサーリンク

姉を実家から追い出したい

今井通子:もしもしぃ、

相談者:あっ、もしも、あっ、

今井通子:テレフォン人生相談でぇす。

相談者:こんにちはぁ、よろしくお願いいたしますぅ、

今井通子:はい。

相談者:はい。

今井通子:今日はどういったご相談ですか?

相談者:え・・余命、いくばかぁ(※いくばく)・・しかない父を、実家に帰したいんですがぁ、

今井通子:はい。

相談者:あの、実家の方にぃ、姉がぁ、あのぉ、住み着いておりましてぇ、

相談者:帰せない状態、でぇ、どうしたらいいか?、っていうことなんですが、

・・

相談者:はい。

今井通子:まずあなた、おいくつ?

相談者:え・・60歳です。

今井通子:60歳、お姉さまは?

相談者:60・・・3歳です。

今井通子:はい、ごきょうだい、おふたり?

相談者:はい、もうひとり、兄がいます。

今井通子:お兄さま、おいくつ?

相談者:60、6歳です。

今井通子:66歳、はい。

相談者:はい。

・・

今井通子:でぇ、お父さまは、現在、おいくつ?

相談者:92歳です。

今井通子:92歳・・今は、

相談者:はい。

今井通子:どっか、介護施設かぁ・・

今井通子:え・・

相談者:はい、あの、今、

今井通子:りょう・・

相談者:施設の方におります。

今井通子:介護施設にいらっしゃるのね?

相談者:はい。

今井通子:そうすると、びょう・・き(病気)はぁ、なんでいらっしゃるの?

相談者:今回はあの、誤嚥性肺炎です。

今井通子:ああっ、なるほどぉ、

相談者:ですがぁ、もうあのぉ、口からの栄養が取れないのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:中心静脈栄養っていうのを

今井通子:うんうん、

相談者:つけてます。

今井通子:はぁい。

今井通子:でぇ、

今井通子:余命いくばくがないということはぁ、皆さんご存知なわけ?

相談者:そうです。

・・

今井通子:でぇ、あなた自身の、望みとしてぇ、

相談者:はい。

今井通子:施設で亡くなるんじゃなく、

・・

相談者:はい。

今井通子:一回、ご実家へ帰してぇ、

相談者:はい。

今井通子:庭でも見れるような状態にしてあげたいってこと?

・・

相談者:あのぉ・・父ぃ、はですねぇ、

今井通子:うん、

相談者:若い時からアルコールを飲んでまし、まあ、度々トラブルを起こすような、ことがあったんですねぇ、

今井通子:はい。

相談者:でぇまあ、母が7年前に他界してぇ、

今井通子:うん、

相談者:それから父は一人で住んでいたんですがぁ、

今井通子:うん、

相談者:5年、前に、わたしが入院してる間にぃ、

相談者:父も、あの、違う病院に入院したと、あのインフルエンザで、

今井通子:はい。

相談者:それであのぉ、次に連絡あったときには、もう父が施設に入っているという連絡だったんですね、

今井通子:はい。

相談者:その時にぃ、あの施設に入れたのが姉でぇ、

今井通子:うん、

相談者:でぇ、父が施設に入ってからぁ、

相談者:半年ぐらいしたらぁ、

相談者:気が付いたらもう姉が実家に住んでいたんですねぇ、

・・

今井通子:なるほど、

・・

相談者:そこから5年間、まあ、父を、帰そうと思いましてぇ、

相談者:すぅぅ、わたしもあのぉ・・いろいろ施設のほうの人と相談したりしてぇ、

相談者:いろいろしたんですがぁ、まあ、ちょっと、姉がぁ、あの幼い頃からぁ、

今井通子:はい。

相談者:まあ、気に入らないことがあると、怒鳴るとかぁ、まあ、暴力をふるうとかぁ、話にはならない・・人なんですねぇ、

今井通子:はい。

・・

相談者:でぇまあ、父、の家に、姉が入ってからぁ、父を帰すことが出来なくてぇ、

相談者:一時はわたしも自分の家に引き取ろうと思ったんですがぁ、

相談者:まあ、仕事もありますしぃ、今の施設のほうに、居るんですがぁ、

相談者:まあ、認知症もありましてぇ、

相談者:あの父が最近、家に帰りたいってことをあのぉ、言うようになったんですね、

相談者:前から言ってたんですけどぉ、

相談者:最期は、父を、実家でぇ、過ごさせてあげたい、っていうふうに、考えてますぅ、

・・

今井通子:まずですねぇ、

今井通子:ご自身が病院で入院されてるようなときにぃ、

相談者:あはぁい。

・・

今井通子:退院、してみたらぁ、

相談者:はい。

今井通子:もうお父さんは、施設に入ってたんでしょう?

相談者:そうです、そうです。

・・

今井通子:っていうことはぁ、このぉ、施設ぅ、の、手配はお姉さんがしたわけよねぇ?

相談者:そうです。

今井通子:でぇ、これはぁ、

今井通子:お兄さん、

相談者:はい。

今井通子:と、あなたにはぁ、

・・

今井通子:相談はなかったわけ?

相談者:なかったです。

・・

今井通子:あのぉ、ちょっと、アレかなぁ?

今井通子:きょうだいのコミュニケーション、ずっと、とれぇ、ってない、っていう状態?

相談者:はい、もう、あのぉ、あの姉はもう、昔からそういう人で、母が亡くなったときにぃ、

今井通子:うん、

相談者:遺産を、わたしと兄が、とったっていうことを、あのぉ、親戚とかにぃ、

相談者:言い触れ廻ってぇ、

相談者:そこからぁ、付き合いはなくなってしまったんです、姉とは、

今井通子:うーん・・

・・

今井通子:お姉さん、独り者?

相談者:はいそうです、独りです。

今井通子:あ、独身なのね、

相談者:はいそうです、

今井通子:でぇ今回、

今井通子:最後かもしれないからお父さんを、

今井通子:ご実家のぉ、庭を見たり、みたいな感じでぇ、

相談者:あっ、そうですぅ、

相談者:もう、今、寝たきりなんですけどぉ、

今井通子:うん、

今井通子:でぇ、

相談者:やっぱりこう、わた、わたしとしてはぁ、父をあのぉ、苦労して建てた家なのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:家に帰してあげたい、んですねぇ、

今井通子:うん、

相談者:かえ・・

今井通子:でぇ、帰してあげたいと、

相談者:はぁい。

・・

今井通子:あなたが今、こちらにご相談したいのはぁ、

今井通子:お父さまを、

相談者:はい。

今井通子:家に、

今井通子:まあ、ひとときでも帰してさしあげてぇ、

・・

相談者:そうです。

今井通子:家でぇ、

・・

相談者:看取りたいという事です。

今井通子:まあ、一生・・を、看取りたい、

相談者:はい。

今井通子:っていう、

相談者:はいそうです。

今井通子:ことですよねぇ?

相談者:はぁい。

・・

今井通子:でぇ、その、ための、

・・

今井通子:障害として?

今井通子:お姉さんがいるわけ?

・・

相談者:そうです。

今井通子:うん、

・・

今井通子:っていうことはぁ、

・・

今井通子:ご相談は、お姉さんをなんとかしてください、っていうことですか?

相談者:追い出したいん、ですね、

相談者:っとまあ、変な話、父が亡くなってからもぉ、実家にあのぉ、姉に住まわれるのが、わたし、と、兄もとても嫌でぇ、

相談者:すぅぅ、姉には出て行ってもらいたい、ってふうに思ってます。

今井通子:まあ、だけどぉ、

・・

相談者:うん、

今井通子:現実的には、お姉さんには、

今井通子:住む権利が、あるの?ないの?

・・

相談者:ないと思います。

・・

・・

今井通子:このぉ、ご実家は、お父さんの名義?今でも、

相談者:はいそうです、

今井通子:うん、

相談者:父の名義です。

今井通子:そうすると、亡くなったと、したぁ、らぁ、そこは、遺産の相続ぅ・・の、仕方ですよねぇ、

・・

相談者:そうです、

今井通子:だからぁ、それ・・

相談者:はい、ただぁ、父を・・あの、主人に入れるぅ、前にぃ、

今井通子:うん、

相談者:行政書士を呼んでぇ、なにかを書かせたらしいんですね、

今井通子:ああ・・

相談者:それを父から聞いたんですがぁ、

今井通子:はい。

相談者:それの内容についてはぁ、父もよく覚えていないと、

今井通子:あ、ああ・・

相談者:でぇ、そのあとぉ、父はぁ、わたし達のためにというか、まあ、きょうだいが揉めるのよくないということでぇ、

今井通子:うん、

相談者:自筆のほう、遺言書残してくれたんですね、

今井通子:はい。

相談者:まあ、三人に、公平にぃ、あの、遺産は分けます、っということでぇ、

今井通子:はい。

相談者:書いたものを、あの、あたしに預けてくれたんですねぇ、

今井通子:あっ、それは、あなたが預かってるのね、

相談者:はぁい、わたしもってます。

今井通子:うん、

・・

・・

今井通子:そうするとぉ、あなたとしてはぁ、

今井通子:お姉さまぁ・・を、どかして、っていうかぁ、

相談者:そうです、実家から出ていったぁ・・

今井通子:でぇ、お父さまを、帰すには、どうしたらいいか?、っていう

相談者:そうです、そうです。

相談者:そうです、そうです。

今井通子:それでよいですね?

・・

相談者:はぁい、そうです。

今井通子:はぁい、わかりました、今日はですねぇ、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので、

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思いまぁーす。

相談者:はぁい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA