テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年6月30日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
56歳女性から、73歳夫のモラハラが原因で10年前から元気がない。離婚する気がなく責任を押し付ける夫に対して元気を取り戻したいというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は56歳女性、夫73歳、夫婦で自営業、結婚30年ちかく、子供は3人、長女27歳、次女24歳、長男23歳

ハラスメント夫との今後をどうする?
夫が双極性障害でパワハラまがいの行動、離婚?継続?身の振り方がわからない

モラハラ夫との離婚を決意した妻「慰謝料取れますか?」
慰謝料とれますか?暴言を吐くモラハラ夫に家を出て行ってもらい只今別居中、離婚検討中の妻から

目次

スポンサーリンク

元気になりたい

柴田理恵:もしもし、テレフォン人生相談です。

柴田理恵:今日はどんなご相談ですか?

相談者:主人との、え・・生活について、

柴田理恵:あなたおいくつですか?

相談者:50・・6歳です。

柴田理恵:ご主人はおいくつですか?

相談者:73歳です。

柴田理恵:お子さんは、いらっしゃいますか?

相談者:長女は27歳、次女が、24歳、長男が、23歳です。

柴田理恵:ご主人との生活っていうのはどういう、ことですか?

相談者:もう30年、近くになるんですが、結婚して、10年近く前から自分の体調が、だんだん悪くなってきて、

相談者:更年期かなぁ?と思って病院にも通っていました。

相談者:お薬も飲んでいたんですが、

柴田理恵:はい。

相談者:あまり、状態が、よくならずに、ちょうどそれくらいの時期に、

柴田理恵:うん、

相談者:テレビか、ラジオ、モラハラがなんたら、っていうのを聞いていて、

柴田理恵:あ、はぁい。

相談者:自分に当てはまる、事なんだなぁ、っていうのが、

柴田理恵:はああ・・

相談者:わかってきてぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:だんだんこう、自分に、元気がなくなって、来てしまっていてぇ、

柴田理恵:はいはい。

相談者:この先、どういうふうに、自分を元気にして、いけばいいかなぁ、っていう、

柴田理恵:ああ・・

相談者:ご相談です。うーーん・・

柴田理恵:ご主人から、そういうふうに、モラハラを受けてるってことですよねぇ?

相談者:そうです。

柴田理恵:どういったぁ、ことなんですか?

相談者:えーっと、一番酷いのはやっぱり、無視、ですね、

相談者:自営を、やっていてぇ、

柴田理恵:あ、はぁい、はぁい。

相談者:一緒にあのぉ・・配達なんかに、行く事が、多いんです、が、

柴田理恵:はい。

相談者:帰りがけぇ・・は、まずだいたい、無視、されてぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:あたしが何か話しても、もう、ずっと・・無視、していたのでぇ、

柴田理恵:ウン、

相談者:ただ、あるときを境に、

柴田理恵:うん、

相談者:なくなったんです。

柴田理恵:無視しなくなったってことですか?

相談者:パワハラ・・ええ、あたしぃ・・と、それからちょうど子供ぉ、たちがまだ、うちに、居る際に、

相談者:食事をしていた、際に、「まぁたこんなぁ、くだらない、テレビを観て・・大口あけて、こんなに大笑いして、こういうテレビを観て、恥ずかしくないのぉ?」っていう、

相談者:そういうのが始まったのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:「はいはい、出ました、お父さんの耳にタコだよねぇ・・」って話をしていたらぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:「こんな女と一緒に・・居ないといけない自分が、可哀想だ」・・っていう話に、なってぇ、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:それを聞いていた娘ぇ、が、「もういいよ」って言って、自分の部屋に、行ってしまったんです。

柴田理恵:うん、うん、

相談者:でぇ、その際に、娘ぇ・・が、残した、食器ぃ・・を、階段のほうに、あたしが、放り投げたんです。

相談者:その、言われたことに対して、頭に来てぇ、主人に対してもう、すっごくあのぉ、

相談者:どういうふうにすればこの人が、

相談者:もうちょっと自分で、

相談者:考えるんだろうというか、はぁい。

柴田理恵:でぇ、ずーっと、あるんですか?

相談者:その日に、あなたのやってることはモラハラでぇ、

相談者:こういう・・ことをやってる人格障害なんだ、っていうように、

相談者:主人に、話したんです。

相談者:でぇ、その日から、人間が変わったというかぁ、

・・

・・

柴田理恵:はあ?

相談者:主人の、ちょっとイラっとした時なんかは、出てますけど、モラハラが、はい。

柴田理恵:その前は、暴言とかはなかったんですか?

相談者:いえ、あのぉ、結構あったんですがぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:あたしも、若くってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:右から、左ぃ、に、ながぁ、していたのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:そんなに気にはならなかったんですがぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:毎日あのぉ、朝、起きてぇ、

相談者:「今日もがんばろう!」って言って、すごく元気なのにぃ、

相談者:途中ぅ・・から、だんだん元気がなくな、っていってしまってぇ、

柴田理恵:誰が・

相談者:あのぉ、あたしが、

相談者:あの、なんでなんだろう?っていうのが、自分でもちょっと、わからなかったんですがぁ、

相談者:ちょうど、主人・・との、モラハラ・・が、あって、体調が悪く・・

相談者:なる前後あたりから、あのぉ、どんどん、元気がなくなっていって、

柴田理恵:その、更年期かもしれないなぁ・・っていう頃に、

柴田理恵:そのご主人の暴言も、とても気になるようになった、ってことですか?

相談者:そうです、そうです、はい。

柴田理恵:うんふんふんふん、

柴田理恵:その、お茶碗、を、いきなり投げて、そういうような、突然、の行動に出るってことは、それまでもあったんですか?

相談者:そのときが初めて、

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:そういうことをやってぇ、でぇ、

柴田理恵:それも、その、更年期かもしれないな、っていうような時期なんですか?

相談者:そうです、そうです、ただ、そのときに、もうこのぉ、モラハラっていうのが自分の中で、

柴田理恵:うん、

相談者:わかったのでぇ、

相談者:そのときに、あの主人に対してぇ、仕返しというかぁ、そういう感じぃ、で、やりました。

柴田理恵:ご自分が、あなたに、モラハラを受けてるのよ、って、ご主人に、お話なさった事はありますか?

相談者:はい、そのときぃ、に、初めて・・うん、

柴田理恵:なんておっしゃったんですか?ご主人は?

相談者:もうビックリしてぇ、その日ぃ、は、すごく、反省、して、いたように思います。

相談者:それから二日ぁ、ぐらい、すると、

柴田理恵:うん、

相談者:自分はそんなぁ・・人格障害じゃない、みたいな感じぃ・・

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ・・話してきてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:これはたぶん、あたしのことが、嫌いなんだろうなぁ・・っていう、

相談者:うーん、そういう気がぁ、します。

相談者:あたしに対して言えなかい時はぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぉ・・あたしの弱点というかぁ、

相談者:息子ぉ・・に、意地悪をしたりぃ、

相談者:うちで飼っている、犬に、意地悪を、

相談者:暴言を吐いたりぃ、

相談者:犬をこう・・ちょっとあたしが見てないときなんかに殴ったり、

相談者:イライラしてぇ・・いるときは、そういうのが、出たり、

柴田理恵:その無視、は、今も?

相談者:いえ、お茶碗投げた、その日から、主人の性格ぅ、が、180度、変わってぇ、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:あたしはその日から主人のことを一切、

・・

相談者:あの、やらないように、

・・

相談者:したんですぅ、主人の、食事を作ったり、

・・

相談者:洗濯ぅ・・物をやったり、主人が、

柴田理恵:あ、しなかったんだ、うん、

相談者:主人が、あのぉ、お店のほうに、居る時は、あたしはそっちのほうに、いないように、

柴田理恵:うん、

相談者:したり、場所を変えて、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぉ、ずっと、一緒にいないような、感じに、

柴田理恵:うんうん、

相談者:して、いたんです、けどぉ、

相談者:主人も本当に、そのぉ・・時からぁ、

相談者:あのぉ、まず、ゴミだしぃ・・が、出来るように、なってぇ、

・・

相談者:食事なんかも、あの作れるように、なったのでぇ、

相談者:だいぶ、変わったとは思います。

柴田理恵:その病気というか、更年期ぃ、の、その症状に、関して、

柴田理恵:ご夫婦で話されたことはあるんですかぁ?

相談者:ありますけれど、主人に言わせると、

柴田理恵:うん、

相談者:あたしが、ちょっとあのぉ・・眩暈、がしたり、

柴田理恵:うん、

相談者:吐き気がしたりして、

柴田理恵:うん、

相談者:横になってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:いたりぃ、

・・

相談者:していたときも、

柴田理恵:うん、

相談者:「いいねぇ、気楽で、そんなふうにいつも、あの眠ってられてぇ・・」っていう、感じぃ、でぇ、

柴田理恵:あ、ああ・・うん、

相談者:でぇ・・あたしぃ・・は、もう、その日からあのぉ・・なるべく、

柴田理恵:うん、

相談者:自分はぁ・・

相談者:その布団・・の中にいてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:子供たちの、あのぉ・・面倒だけ、やってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ、ちょっと、配達に、行ってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ、帰ってきたらまた、布団に入ってっていうのを、

柴田理恵:うんうん、

相談者:やって、いたんですけどぉ、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:なんにも出来なくなってしまって、本当に、

・・

相談者:今は、一応、朝から起きて、ずーっと、一日中、あのぉ・・仕事をしたり、できるんです、がぁ、

・・

相談者:もう・・自分の機嫌の取り方がわからないというかぁ、結局・・

柴田理恵:体調は少しはよくなってるわけですか?

相談者:はい、はい。

柴田理恵:やる気が、起きないというかぁ、

相談者:やる、気・・

柴田理恵:そういうことなんですか?

相談者:そうですねぇ、それ、以外にぃ、あたしぃ、に、

相談者:あたりが来ない分、

柴田理恵:うん、

相談者:そのスタッフに、対してのあたりが、強かったりぃ、

相談者:トラブルなんかが、

柴田理恵:うん、

相談者:あるとぉ、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぉ・・表に行ってぇ、大声を、出したりぃ、するんですねぇ、

柴田理恵:うーん・・

相談者:主人が、

相談者:主人に話す前にぃ、あのぉ、弟さんに、

柴田理恵:うん、

相談者:主人がこんな感じぃ・・

相談者:のことをやるんだぁ・・っていう、話を、

相談者:あの何度か、相談を、したんですけどぉ、

柴田理恵:うん、

相談者:主人のお父さん・・自体がぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:すごくあのぉ・・暴君・・だったらしくてぇ、

相談者:きょうだいですごくぅ・・

相談者:小っちゃいときからぁ・・

柴田理恵:うん、

相談者:あの、家庭内暴力というかぁ、あったみたいでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:あの、縮こまったような、

柴田理恵:うーん、

相談者:生活を、していて、お母さんと一緒に、

相談者:その影響が、あるかもしれないけど、ありましたねぇ、

柴田理恵:それは、ご主人とは話、は、なさったことはないんですか?うん・・

相談者:あのぉ、しました。ええ、そのあとに何回も話をしてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:父親の、せい、なんだろうなぁ・・っていう話はしてましたけど、

柴田理恵:うん、

相談者:一回、心療内科にも、

・・

相談者:行ったことがあるんです、

柴田理恵:うん、

相談者:自分の、そのぉ・・症状というか、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぉ・・ちゃんとした病名を、つけて欲しいっていうので、

柴田理恵:はい。

相談者:先生とちょっと折り合いが悪かったのかぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:あの、自分のところは専門じゃないから・・って言われてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:他に行ってちょうだい、って言って、帰って、きました。

柴田理恵:それからは、どこへも行ってらっしゃらないんですね?

相談者:行ってないですねぇ、

柴田理恵:それでじゃあ、今日の、今日のご相談内容っていうのは、どういうことなんでしょうか?

相談者:主人とは、

柴田理恵:うん、

相談者:離婚は考えていないんですがぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:ただ一緒に、居てぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぉ・・その、主人のミス・・とか、

柴田理恵:うん、

相談者:あの、トラブルとかが、あったときにぃ、

柴田理恵:うん、

相談者:あたしの、ほうに、この責任を、なすり、つけてしまってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:そのたびにあたしぃ、が、精神的にあのぉ・・疲弊してしま、

柴田理恵:うん、

相談者:うのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:うん、自分の気力ぅ・・の、もちかたというか、

柴田理恵:うん、

相談者:元気になりかたを、

・・

相談者:伺いたいです。

柴田理恵:ああ!・・なるほど、ご自分はどう対処したらいいか、っていうことを、

相談者:はい。

柴田理恵:今日のご相談内容なんですね?

相談者:はい、自分が元気になりたいです。

柴田理恵:わかりました。

柴田理恵:今日の、回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。

相談者:はい。

柴田理恵:先生、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA