テレフォン人生相談
加藤諦三・塩谷崇之

加藤諦三・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2022年7月1日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
77歳女性から、兄が父の財産分与として6人きょうだいに250万ずつ分けてくれたが兄がお金に困っていたので返しました。しかし取り戻したいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

相談者は77歳女性、夫は15年前に他界、父は20年前に、母は30年前に他界、男1人女5人の6人きょうだい。実家は兄が継ぎ兄嫁は81歳ぐらい

加藤諦三氏の〆の言葉『感情で物事は解決いたしません』

目次

スポンサーリンク

返したお金を取り戻したい

加藤諦三:もしもしぃ?

相談者:はぁい!もしもしぃ!

加藤諦三:はぁい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、お世話になります。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:77歳です。

加藤諦三:77歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚しています?

相談者:えーっと、今一人なんだけど、

加藤諦三:はい。

相談者:うん、

加藤諦三:今、一人っていうのはぁ・・

相談者:主人は15年前に亡くなって、

加藤諦三:はぁい、わかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:すぅ・・えーっと、実家の、

加藤諦三:はい。

相談者:ことなんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:実家のお兄さんの奥さんが、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっとお金遣いが荒くって、

加藤諦三:お嫁さんは今何歳ですか?

相談者:今、もう・・80、1か、そこら、

加藤諦三:81歳っていうとぉ、お金遣いが荒いって言ってもぉ、

加藤諦三:それほどお金を、使う、機会もなくなってきてま、すよね?

相談者:そ、そう、それがねぇ、うちを新築するときに、お父さんのぉ、貯金を目当てにして、うちを建ったもんだから、

加藤諦三:はい。

相談者:6人きょうだいで、亡くなったぁ、ときに、250万、

加藤諦三:はい。

相談者:預かってくれ、っていう形で、

加藤諦三:はい。

相談者:分けたんだけど、

加藤諦三:はい。

相談者:あたしらは、もらった、遺産金として受け取、って、いたんだけど、

加藤諦三:ん、じゃあ、その時にはもう、相続はきちんと済んでるわけですね?

相談者:詳しい事は、わたしぃ・・は、アレだけども、すぅぅ、ただぁ、貯金のお金、預かってくれっていうアレで、6人きょうだいで250万ずつ分けて、

加藤諦三:遺産相続は、済んでないと考えていいんですか?じゃあ、

相談者:ただお金もらっただけで預かってくれって言っただけで、預かって、

相談者:それで、ローンが払えなくなったから、返してもらいたい、預かったお金を返してもらいたい、っていうそういうアレで、

相談者:わたしと、三女と、四女だけは、お兄さんの言われるままにお金を、250万戻したんだけど、

相談者:あとぉ、3人きょうだいは、

加藤諦三:ええ、

相談者:もらっちゃった?

・・

加藤諦三:要するに、

相談者:はい。

加藤諦三:遺産相続は、終わってないと、ただ、お金を・・

相談者:あっちやったり、こっちやったり、

加藤諦三:あっちやったりこっちやったりしてたと、

相談者:はい。

加藤諦三:いうことですね、

相談者:はい。

加藤諦三:はい。

相談者:法律上は何にもアレ、

相談者:無関心にって言うか、ただ、分けてくれたから、一応あずかる、っていう形だったんだけどぉ、

相談者:きょうだいみんな、これはもらってもいい・・っていう話し合いで、

加藤諦三:ええ、

相談者:長女と、

加藤諦三:あのきちんと、相続は済んでんのか、済んでなにのか、っていうことが問題になると思うんですけど、

相談者:ああ、はいはい。

加藤諦三:あなたの意識としては、

相談者:はい。

加藤諦三:相続は終わってないということですね?

相談者:そうね、口先だけで、ただ、お金のやりとりだけで、うん、

加藤諦三:うん、だから、形だけで、

相談者:そう、

加藤諦三:お金のやり取りは、

相談者:はい。

加藤諦三:あったけども、

相談者:はい。

加藤諦三:それは・・

相談者:あとは返してくれって言って、またそれを、二人だけ返して、あと三人は返さない、

・・

相談者:ちょっと不平等だなぁ、と思ってね、

加藤諦三:うん、たしかにそれはぁ、

相談者:わたしはよく・・うん、

加藤諦三:まったく、お互いに、認め合って、

相談者:うん、

加藤諦三:もう、遺産の、相続はこういう形というふうにしてなってるわけではない、んですね?

相談者:はいはい、はい、お兄さんの方は、

相談者:「預かってくれ」

相談者:あたしたちきょうだいは、女5人だけど、お兄さん1人で6人きょうだいで、

相談者:遺産金で、もう、もらっていいんだよ、っていう話し合いで、ただ口先だけの、法律相談は、わかんなくてぇ、

相談者:だけど、あとから・・

加藤諦三:だけど、あなたは、そうすると、250万っていうのは、もらったけれども、

相談者:うん、みんなもらって、うん、

加藤諦三:別にそれは遺産相続が、行われて、自分がお金をもらったというふうに、思ってるわけでは無いし、

相談者:はい。

加藤諦三:どっかの、書類に、ハンコを押したわけ、でもないんです、

相談者:ぜん、ぜん、うん、はい、はい、

加藤諦三:でぇ、その、お姉さん、義理のお姉さんでしょうけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:81歳になって、お金遣いが荒いっていうのは、どの程度の話ですか?

相談者:今が、荒いじゃなくて、昔から、

・・

加藤諦三:昔から?

相談者:うん、でぇ、あのぉ、普通だったら老後の資産って、貯めるじゃないですか、

・・

加藤諦三:はい、じゃあ、

相談者:自分で、うん、

加藤諦三:今日のあなたの相談というのは、どういうことなんですか?

相談者:あの250万と、わたしは別に、母から、母も亡くなったんだけど、

相談者:100万、子供のぉ、大学の、お祝い金でもらったんだけど、それも、きょうだい衆が、あたしだけぇ、もらってぇ、悪いって言って、さぁ、返せ、返せ、って言われて、それも返して、お兄さんとこへ、10万、また別のぉ、ときに、

相談者:あげて、

相談者:きょうだい衆、なにも、アレで、あたしだけぇ・・360万、実家へやったるもんだから、

加藤諦三:はぁい。

相談者:うん、それやらなきゃならないのかなぁ・・と思って、

・・

加藤諦三:そうすっと、相談というのは、どういう事ですか?

加藤諦三:お金の、いろいろ出入りはあったけれども、

相談者:うんうん、

加藤諦三:それは単に、

相談者:に・・

加藤諦三:その場でぇ、

相談者:うん、

加藤諦三:やりとりしただけであってぇ、

相談者:はい、250万は、返さなきゃならないのかなぁ、と、

加藤諦三:だから、250万っていうのは、相続としてきちんとみんなの中で、

相談者:うん、

加藤諦三:了解されたお金ではないんですね、

相談者:そう、そうそうそう、皆さんそりゃあ、分配したんだけど、6人きょうだいで、250万ずつ、もらっていたんだけど、

・・

相談者:それ、預かって、という形で受け取って、

・・

相談者:ほんで、お金がなくなってからお兄さんが、

相談者:戻してくれ、返してくれって、そうやって言われて、

加藤諦三:はぁい、

相談者:自殺されると困るから

相談者:いつもお金がないお金がないって言ってた、兄、夫婦だったから、

加藤諦三:はぁい。

相談者:それ、返す必要があるのかなぁ?と思って、そのぉ・・

加藤諦三:じゃあ、そこのお金を返す必要があるのか?・・はい。

相談者:ほんで、お母さんに、あのぉ・・お祝い金として、息子んとこにもらったぁ、100万も、

相談者:返さなきゃ、いけないのかなぁ・・と思って、

加藤諦三:はい・・

相談者:もう、返しちゃあ・・あるんだけど、

加藤諦三:はぁい・・要するに、あなたの言い分としては、

相談者:はぁい。

加藤諦三:それを返さなきゃいけないのか?、っていうことですね、

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、今日はあのぉ、弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてるので、

相談者:はぁい・・はぁい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者さん、論理的に物事を考える能力が欠落してるね。
    本質とはかけ離れた些事にばかり拘って、肝心な点について弁護士が確認しようとしても的確な答えができない。
    問題解決にはまったく近づいてないのに、なぜか納得したかのような態度。
    何のために相談してきたのかな?愚痴を聞いてもらいたかっただけなのか?

  2.  ご相談者 まったく 相続などの知識 と 言うか 他の事柄に対しても 無知⁈ このような親族が相続にかかわったら まとまる遺産分割協議ももめますね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA