テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年7月4日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
64歳女性から、介護が必要な実の母に家から近い介護施設に引っ越してもらいたいのだが言う事をきいてくれない。どう付き合えばいいでしょう?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は64歳女性(肝臓に腫瘍・首にヘルニア)、夫69歳(アルバイト2つ掛け持ち)の2人暮らし。子供は結婚した娘3人、車で30分の施設に入所している実母94歳

加藤諦三氏の〆の言葉『私には出来ません。それは人生最大の武器です。なぜならば自分がする事が分かってくるからです』

目次

スポンサーリンク

介護が必要な94歳の実母

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは、

・・

相談者:はい。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:64歳です。

加藤諦三:64歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:結婚してます。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:69歳です。

加藤諦三:69歳、お子さんは?

相談者:娘が三人おります。

・・

加藤諦三:それで今はぁ、ご主人とお二人でぇ、暮らしてるんですか?

相談者:はい。

・・

相談者:二人で暮らしています。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それでどんな相談ですか?

相談者:わたしの、94になる母のことで、

加藤諦三:はい。

相談者:相談があります。

加藤諦三:94歳のお母さんは今一緒に住んでんではないんですね?

相談者:はい、施設で暮らしております。

加藤諦三:はい、どういう事ですか?

相談者:すぅぅぅ、自分ではしっかりしてるつもりなんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:だいぶ、ちょっと、あのぉ、認知がかかってまして、

加藤諦三:はい。

相談者:いろいろな問題が出てきてるんですけども、

加藤諦三:あ、はい。

相談者:わたしも体調があんまり良くなくてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あちこちちょっと、病気が出てきたんですよね、

加藤諦三:はい。

相談者:首のヘルニアとか、

加藤諦三:はい。

相談者:肝臓・・に、今ちょっと腫瘍ができてて、調べてる最中です。

加藤諦三:という事はあなた今64歳で、

相談者:はい。

加藤諦三:日常生活、に、は、差し障りは、出てるわけですね?

相談者:そうですね、今は仕事もしないで、家事だけやってます。

加藤諦三:あ、家事は、続けてられるわけですね?

相談者:はい。

加藤諦三:それで?

相談者:94の母親なんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:今までは、あのぉ・・病院行くでもなんでも、主人が仕事を休んで、連れてったりしてたんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:こっちの言う事を全然聞いてくれないもんですから、

加藤諦三:はい、はい、

相談者:主人も、怒っちゃって(苦笑)、

加藤諦三:うんうん、

相談者:今は、車でも、

相談者:30分以上かかる所に居るんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:なるべく、車で10分くらいのところに、来て欲しいと、

加藤諦三:引っ越してきてほしいということね?

相談者:そうです。

加藤諦三:はい。

相談者:施設を変えてほしいという事なんですよね。

加藤諦三:はい。

相談者:そういうふうに、話、してるんですけど、全然一向に話が進まなくて、

加藤諦三:はい。

相談者:自分の、

相談者:主張だけ言うんですよ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしも、調子悪くなったせいかなんか、もう爆発しそうなんですよね、

加藤諦三:こっちはもう精一杯になってきてるっていうことね、

相談者:そうなんです、自分の子供も、

加藤諦三:うん、

相談者:次女と三女が、3年ほど前に急に結婚しちゃって、

加藤諦三:ええ、

相談者:子供・・産むことになったもんですから、今度、そっちのほうも、お願いができちゃってぇ、

加藤諦三:ああ、ああ・・両方くるわけですねぇ、

相談者:そうなんです。

加藤諦三:子育てのサポートと、親の介護と、

相談者:はい。

相談者:それで、これから先、まっ、94という歳から言ったら、

加藤諦三:うん、

相談者:あと何年間なんだろうなぁ、っては思うんですけども、

加藤諦三:うん、

相談者:どうやって、

相談者:母親と付き合っていけばいいのかな、と、思っているとこなんですよね、

加藤諦三:大変な苦労ですよね、

相談者:それでぇ、他所の人はこうだとか、ああだとか、って言われてぇ、

加藤諦三:うーん、

相談者:わたしはそれはできないよ、って、そんな高い年金貰ってる訳じゃないし、生活ギリギリですから、

加藤諦三:うん、

相談者:そういうのは出来ないって母に言うと、

加藤諦三:うん、

相談者:あなたは冷たい人間だね、って言われちゃうんですよね、

加藤諦三:それで、冷たい人間なんですね、って言われた時にあなたはどういう反応するわけ?

相談者:なんにも返事しないで黙ってます。

相談者:いちいち返すのも疲れちゃって、

加藤諦三:うんうん、なるほどね、

相談者:うーん、うん、

加藤諦三:もう、94になると、人によって違うでしょうけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:話をしてもわからないという事はあなたの方がわかる以外、ないんじゃないのかなぁ、

相談者:ソウデスカァ・・

加藤諦三:まだあなた64でしょ?

相談者:はい。

加藤諦三:64歳ってのは、まだいろんなことが、柔軟性があるからぁ、

加藤諦三:人と話してるときに、

相談者:はい。

加藤諦三:もう言うことがわからなくなった、けしからんという、そういう風になってないんでよねぇ?

相談者:そうです。

加藤諦三:そいで孫の世話も出来てるわけでしょう?

相談者:はい。

加藤諦三:だから見方を変えてみればぁ、

・・

加藤諦三:孤独でもって、

・・

加藤諦三:もう・・

・・

加藤諦三:人生・・

・・

加藤諦三:生きる希望を失ってる人がいる中で、

相談者:ええ、

加藤諦三:お孫さんもいれば、

加藤諦三:ご主人もいれば、

加藤諦三:今孤独じゃないわけでしょう?

相談者:そうですね、

相談者:次女と三女がぁ、結婚して孫まで作ってくれると思わなかったのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:とっても、幸せな、アレだな・・って、思います。

加藤諦三:視点母変えればぁ、

相談者:はい。

加藤諦三:とっても幸せな人生なんですよねぇ、

相談者:そうです、***

加藤諦三:だからあなたの場合はぁ、

加藤諦三:調子が悪いと言いながらも、

・・

加藤諦三:一応、

加藤諦三:孫の世話も出来てるわけでしょう?

相談者:はい、

加藤諦三:うん、

相談者:だから、はっきり・・娘たちにも・・

相談者:具合悪いから今日はダメです。

相談者:って、はっきり言えたら、わたしもういいんですけど、

相談者:あの・・

加藤諦三:今はあなたものすごい大切なこと言った!

相談者:そうですか?

加藤諦三:どういう事かと言うと、

加藤諦三:今あたし、

加藤諦三:できないんだよ・・っていう言葉なんですよ、

相談者:はい。

加藤諦三:このひと言が言えないで無理をしてぇ・・・

加藤諦三:やろうとしてみんな・・・

加藤諦三:自分の人生が破滅してく・・人が多いんですよ、

相談者:ぁぁ、はぁ、

加藤諦三:人生最大の武器のひとつはねぇ

相談者:はい。

加藤諦三:わたしには出来ません!って言うことなの、

相談者:**、そっかぁ・・・

加藤諦三:あなたその人生武器を捨てようとしてんだよ

相談者:母親に、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしが子供産んだときに、

加藤諦三:うん、

相談者:手伝ってくれみたいに、頼んだ時があって、

加藤諦三:うん、

相談者:その時に、あなたは一時間、なんぼを出してくれますか?

相談者:って言われたんですよね、

加藤諦三:うん、

相談者:すごくそれがもう、あたしのもう、心の中にあって、親に頼めない、

相談者:自分でやらないといけないと思って、

相談者:自分で三人育ててきたんですよ、

加藤諦三:うん、

相談者:そやってやってたから、

相談者:自分の子供にはそんな事は言いたくない、

加藤諦三:うん、

相談者:出来る限りの事はしてあげたいと思ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それがもう、

相談者:そうやってやってしまう羽目になっちゃったんですよね、きっとねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:うん、

加藤諦三:そうすると結局ね、

相談者:はい。

加藤諦三:できませんって言わないで、

相談者:はい。

加藤諦三:無理してやってきた、

相談者:うん、う、うん、

加藤諦三:その無理が、

加藤諦三:体の調子を始めとしていろんなところに出てきてじゃないですか?

相談者:わかります。

相談者:その通りだと思います。

・・

加藤諦三:そいで、今日の相談というのは、

加藤諦三:94歳のぉ、母親、

相談者:はい。

加藤諦三:との関係でぇ、苦労しては、いる、

加藤諦三:わたしはどうしたらいいんでしょう?ってことですねぇ?

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、

加藤諦三:今日はあのぉ、スタジオにですね、

相談者:はい。

加藤諦三:心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はいよろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今日の回答は秀逸。メモメモ

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA