テレフォン人生相談
玉置妙憂・三石由起子

玉置妙憂・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年7月6日(水)
パーソナリティ:玉置妙憂(看護師・僧侶)
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
75歳女性から、他の人が心配だと思わない事でも、すぐに「どうしよう?」と不安になるので友達も離れていく、この先、どう生きていけばいいでしょうか?というご相談。パーソナリティは玉置妙憂さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は75歳女性(年金生活)、10年前に離婚し無職の息子37、8歳との2人暮らし。

目次

スポンサーリンク

人間らしい生き方

三石由起子:もしもしぃ、

相談者:はい。

三石由起子:テレフォン人生相談でぇす。

相談者:よろしくお願いします。

三石由起子:今日は、どのようなご相談でしょうか?

相談者:えーっと、今、75になってぇ、

三石由起子:はい。

相談者:これからぁ、生きていくのに、

三石由起子:うん、

相談者:不安とか、

三石由起子:はい。

相談者:それからぁ、えっと、好きな事とか、

三石由起子:うん、

相談者:そのぉ・・そういうものが、お、あの、結局、生い立ちのかげんで、

相談者:見えてこなかったんですね、

三石由起子:うんうん、

相談者:その、好きなことがわからないのと、

三石由起子:うん、

相談者:不幸は一瞬に来るけれども、幸せは積み上げていくものだ、っていうことがぁ、

三石由起子:うん、

相談者:あの、その、なにを積み上げていっていいか、あたし、今、わからないのでぇ、

三石由起子:うん、

相談者:教えていただきたいと思って、

三石由起子:おお!

・・

相談者:それと、まだ残っている不安をどう解決してったらいいか、

三石由起子:あ、ほんでぇ、何か不安だっていうことですねぇ、

相談者:んっと、いつも今まで不安だったもんですから、

三石由起子:いつも不安だった、

相談者:はい。

三石由起子:はい、そうですか、じゃあもう少し詳しくお伺いする前に、

相談者:はい。

三石由起子:ご年齢は先ほど、言っていただいたので、

三石由起子:え・・ご家族は今どんな感じですか?

相談者:えっと、息子が一人、

三石由起子:うん、息子さんが一人、はい。

相談者:でぇ、ふた、あのぉ、あたしと二人暮らしです。

三石由起子:二人暮らしさん、えーっと、ご主人さまは?

相談者:離婚しました。

三石由起子:あ、離婚されてですねぇ、

相談者:はい。

三石由起子:うん、息子さんはおいくつですかぁ?

相談者:30・・7か8ですけど、

三石由起子:30、7歳、

相談者:はい。

三石由起子:うん、そうですか、じゃあ、まぁ、ご結婚まだで働いてらっしゃるんですか?

相談者:いえ、

三石由起子:うん、

相談者:仕事は今してないです。

三石由起子:仕事をしてなくてぇ、

相談者:はい。

三石由起子:あのぉ・・おうちにいらっしゃると、

相談者:はい。

三石由起子:うん、でぇ、えっと、あなたさまも、まあ、もう、お仕事はされてない・・

相談者:はい、主婦、です。

三石由起子:感じですよね、主婦でね、そうですかぁ、

三石由起子:え・・離婚されたのは、あのぉ、お子さん随分小さいときに、離婚されたんですか?

相談者:いいえ、

三石由起子:うん、

相談者:10年前に、

三石由起子:うん、

相談者:離婚しました。

三石由起子:離婚されたね、

相談者:はい。

三石由起子:そうですかぁ、ほうほうほう、え・・それでぇ、

三石由起子:まっ、不安って、

三石由起子:先ほども何回かおっしゃったけれども、

三石由起子:その不安の、中身ってどんな感じなんですか?

相談者:人、が、心配と思ってないようなことでも、

三石由起子:うん、

相談者:なんかちょっとことがあると、

三石由起子:うん、

相談者:あの、こわく、こわくっていうか、どうしよう、どうしよう、どうしよう、っていう・・

三石由起子:ふぅーーん・・

相談者:あのぉ、すがるぅ・・ものがないっていうか、

三石由起子:ほお、

相談者:そういう、あのぉ、不安が、起きてきちゃう、

三石由起子:うん、それはあの、日々の生活の中で?

相談者:今まではずっとそうでした。

三石由起子:あっ、あの・・

相談者:生活のこととか、

三石由起子:あ、生活のこと、お金のこととかっていうこと?

相談者:はい。

三石由起子:うんうんうん、

相談者:それからその、まぁ、

三石由起子:はい。

相談者:いろんな、一族の、このバックの、そのなんか、とか、その、いろんなものが、ことが起きたときにぃ、

三石由起子:はい。

相談者:すべてが不安になっちゃう?

三石由起子:うーん・・

相談者:そうすると、

相談者:周りの友達もそうですし、家族とかみんなに、こうなんて言うのかな、

相談者:こう、嫌がられちゃう、

相談者:あの、不安で、こう・・

三石由起子:あ、不安で、不安で、うん、

相談者:うん、不安ですっごい電話したり、いろいろこう、

三石由起子:あわあわしちゃうか、ああ・・

相談者:しちゃうんで、

三石由起子:うんうんうん、

相談者:そうすると、

三石由起子:はい。

相談者:友達も、消えていくしぃ、

三石由起子:うーーん・・

相談者:やっぱり生い立ちの中で、

三石由起子:うん、

相談者:母に、と、家族に振り回されてたんでぇ、

三石由起子:うーん・・

相談者:好きな、あたしが、好きなことをし始めると、

相談者:意地悪されたり、

三石由起子:うんうん、うーーん・・

相談者:こう・・変なこと言われたりしてたんで、とにかく、あのぉ、

・・

相談者:好きなことが見えない?

三石由起子:あ、ああ・・

相談者:だから、絵を描けとか、いろいろ、あなたはこういうのが向いてると、ああいうのがいいって、こう、それを言われ続けてきたんでぇ、

三石由起子:うーん・・

相談者:でぇ、あたしがこんな幸せよ、って言うとぉ、

三石由起子:うん、

相談者:それはね、っていうふうに、あのぉ、切られてっちぇたんでぇ、

三石由起子:ああ・・うーん・・

相談者:やっとここへきてぇ、

三石由起子:うん、

相談者:息子と二人だけの生活になってぇ、

三石由起子:うん、

相談者:せっかくなら生きてる間に好きなことを見つけたい?

三石由起子:うーん、

相談者:でぇ、もうちょっと人間らしい生き方をしてぇ、

三石由起子:うん、

相談者:あの世、行きたいなと思うようになってきたんですよねぇ、

三石由起子:うーん・・うーーん・・

三石由起子:人間らしい生き方、

相談者:そうそう、

三石由起子:うん、人間らしい生き方ってどんなイメージですか?

・・

相談者:まあ・・日々その、落ち着いて生活が出来る、

三石由起子:うーん・・

相談者:食べて、寝て、

三石由起子:うん、

相談者:そしてぇ、健康に生きていられるってことがぁ、

三石由起子:うーん・・

相談者:それが、普通の人の幸せなのかなぁ、ってぇ、

三石由起子:うーん・・

相談者:思うようになりました。

三石由起子:ああ、

相談者:でぇ、息子のことも振り回さない(苦笑)

三石由起子:振り回さないで、

相談者:はい。

三石由起子:っていう、お、息子さんとの関係も、

相談者:はい。

三石由起子:見直そうとも、思われた、

相談者:はい、はい、

三石由起子:ということですね、

相談者:はい。

三石由起子:おお・・いや、それであの、幸せでは無い?

・・

相談者:ですからこれをどういうふうに続けていったらねぇ、

三石由起子:うーん・・

相談者:あのぉ、好きなものが見つかるのか、趣味を見つけなさいとか、習い事って、年金生活なんで、そこまでお金はできないので、

三石由起子:うーん・・

相談者:自分の中で、そうやって、生きていかれたらいいな、ってぇ、

三石由起子:はぁい、

相談者:***・・

三石由起子:うーん、要するに好きなことを、

・・

三石由起子:探そう・・と思った?うん?

相談者:でも今、お話してる間にね、

三石由起子:うんうん、

相談者:あたしやっぱり、本読んだりぃ、

三石由起子:うん、

相談者:いろんな、そういう哲学的なことが好きなんだな、でも、それでもいいのかな?って、没頭するんですよね、

三石由起子:うーん・・うーーん・・

相談者:まあ、このままこれを続けていけばいいのかな?っていう、

三石由起子:うーん・・うん、

相談者:ことも、あるんですけど、

三石由起子:そうですかぁ、うん、

三石由起子:いや、なんかお話聞いてるとぉ、今、すごく何か新しいね、ステージというか、

相談者:あっ、はぁい、

三石由起子:今までの、と違ったところへ、あのぉ、お踏みだされてぇ、

相談者:ああ・・はい。

三石由起子:うん、でぇ、それはぁ、あの、明らかに、

相談者:ああ・・

三石由起子:ご自分が感じてらっしゃるように、今までより、いい、感じなんじゃないかなぁ・・っていうふうに、お聞ぃ、きするんですけれども、

相談者:はい。

三石由起子:うん、でもぉ・・まあ、今日・・お電話いただいたのはぁ、このよい状態を、

相談者:ええ、

三石由起子:今後、いかに・・

三石由起子:あの、続けてぇ・・いったらいいか?

相談者:はい。

三石由起子:続くもんなんだろうかと、ねっ、

相談者:はい。

三石由起子:うん、でぇ、さらには、好きなこととかぁ、

相談者:ええ、

三石由起子:何か積み上げなきゃいけないんだけど、

相談者:ええ、

三石由起子:まっ、いったい、果たして、何を積み上げたらいいのか?っていう、新しい不安が、

三石由起子:生まれて、来ました、

相談者:はい。

三石由起子:っていうことですかねぇ?

相談者:はい。

三石由起子:うんうん、なんか積極的に不安をお探しになるタイプなのかもしれないですけれども、

相談者:ええ、

三石由起子:あの、もしかするとねぇ、まっ、ぜ、その辺も、あの、含めてぇ、

相談者:はい。

三石由起子:今日、先生に、お聞きしてみませんか?ねえ、

相談者:はい、うん、

三石由起子:今日、お答えいただきますのは、三石メソード主宰、作家で、翻訳家の、三石由起子先生です。では先生、よろしくお願いいたしまぁーす。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA