テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2022年7月15日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
68歳女性から、50年前の父の相続をめぐり兄を相手に調停を起こしたが兄に借りた300万円と相殺する提案をのんでしまい後悔しているというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の坂井眞さんが回答者です。

相談者は68歳女性、夫70歳の2人暮らし。一人息子45歳、父は50年前に、母は12年前に他界。母違いの姉3人と実家を継いだ兄70歳、下に弟66歳がいる

加藤諦三氏の〆の言葉『安易な解決をする事が、ノイローゼと言います』

※弁護士の「やばい」
5年前の調停成立させてしまった事を、なんとかなかった事にしたがる相談者、加藤諦三氏の最後のまとめに入ったところで、微かに放送に乗ってしまった坂井眞弁護士の「やばい」って言葉、それの意味するものは、編集された放送では分からない部分かもしれない。

目次

スポンサーリンク

あの時は諦めたけど

加藤諦三:もしもし?
相談者:はい、
加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。
相談者:あ、お願い致します。
加藤諦三:はい、最初に年齢を教えてください。

相談者:68歳です。
加藤諦三:68歳、結婚してます?
相談者:はい結婚してます。
加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:70歳です。
加藤諦三:70歳、お子さんは?

相談者:息子が一人、いまして、45歳です。
加藤諦三:45歳、ご主人とお二人で暮らしてるんですか?
相談者:はいそうですぅ、
加藤諦三:はい、わかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:わたしの、両親からの、相続のことで、相談したいんですけれども、
加藤諦三:はぁい、

相談者:父は、わたしが18歳のとき、もう50年前になるんですけど、亡くなってますぅ、
加藤諦三:はぁい、
相談者:でぇ、母親は、12年前に亡くなりました.
加藤諦三:はい、

相談者:それでぇ、未だに遺産分割、協議っていうのは、やってないんですねぇ、
加藤諦三:はい、

相談者:それでぇ、父が亡くなった時に、
加藤諦三:はい、
相談者:お通夜の時におじさんが、
加藤諦三:はい、
相談者:わたし、に、母親から後でもらいなさいって言われた記憶があったんですねぇ、

加藤諦三:後でもらいなさい・・
相談者:っていうことはぁ、なんか18歳の時なので、法律のこととか、相続のこととか、わからなかったんですけど今思えば、相続のことだと思うんですね。

加藤諦三:はい、
相談者:それで、兄から何も言われなくて12年前に母が亡くなった際も、相続の話も何もなかったものですからぁ、

加藤諦三:でぇ、あなたのきょうだいはぁ?

相談者:わたし・・は、実家に兄がおりましてぇ、
加藤諦三:ええ、お兄さん何歳?
相談者:70歳です。
加藤諦三:お兄さん70歳・・

相談者:でぇ、わたしですね、

相談者:でぇ、あのぉ、弟がいますぅ、でぇ、
加藤諦三:弟は?

相談者:60・・6ですね、
加藤諦三:66歳、はい、
相談者:はい、

相談者:それで、兄の上に、母親違いの姉が三人います。
加藤諦三:はい、
相談者:でぇ、姉二人は、後で聞いたんですけれど、もうあの、相続は放棄したと言ってました。
加藤諦三:あ、そうですか、はい、

相談者:でぇ、3番目の姉はぁ、土地を、もらったそうです。
加藤諦三:はい、

相談者:それで母親が12年前に亡くなった際に、何も相続の話もなくてきたんですね、それで、兄に何回も相続の話とか、わたし、何十回も電話したんですけども、
加藤諦三:はい、
相談者:ものすごい暴言言われたり、なんかしましてぇ、相続のこと、取り合ってくれないんです。

加藤諦三:はい、
相談者:それで、5年前にわたし、調停をしたんですね、
加藤諦三:はい、
相談者:でぇ、調停をした際に、兄ぃ、からちょっと、その前にわたし、お金借りたことがあるんですね、

加藤諦三:お兄さんから?
相談者:はい、
加藤諦三:はい、

相談者:それで調停の際に、あたしは200万だと思ったんですけど、兄が300万貸したって言ったんですね、
加藤諦三:はい、
相談者:その金額はいいんですけど、その、お金は返さなくていいから、って言われたんですね、

加藤諦三:お兄さんからね、
相談者:あ、はい、調停員の方も、それでどうですかね、って言われたので、
加藤諦三:はい、
相談者:わたしは、心の中で返してもいいので、相続の話をしたかったんですけれども、
加藤諦三:はい、

相談者:300万を返しちゃうと、手持ちがなくなっちゃうのでぇ、
加藤諦三:はい、
相談者:その時・・ちょっと心の中で葛藤があったんですけど、それで諦めちゃったんです、わたし、相続の話を、

加藤諦三:っていうことはその場では、心の中で葛藤はあったけれども、
相談者:はい、

加藤諦三:まあ、いいや、っていうふうに、そのまま言ってしまった?

相談者:はい、

加藤諦三:心ならずも、
相談者:あ、あ、先生その前に調停に、入る前に、その日の朝早く、法務局に行ってぇ、登記・・簿ですかねぇ、

相談者:それを、見たんですね、閲覧って言うんですか?
加藤諦三:はいはい、
相談者:そしたら、全部、兄名義の土地になっちゃってたんですよ、
加藤諦三:ええ、

相談者:でぇ、調停に入る前なんですけれども、
加藤諦三:ええ、
相談者:遺産分割協議書っていうの見せてくださいって、一度、見せてもらったんです。
加藤諦三:ええ、

相談者:それでわたしの名前の欄に、
加藤諦三:ええ、
相談者:育ててあげたので、
加藤諦三:ええ、
相談者:何もあげるものはないと書いてあったんです。

加藤諦三:ええ、

相談者:先生それでぇ、わたしの名前のところに、わたしが相続の話を持ち出して、あとから手書きで書いたような感じがしたんです。あわてて、兄が、

相談者:でぇ、遺産分割協議書の方に、何もあげるものがないっていう・・書かれたとこもわたしに、兄に、問い質せばよかったんですけどなにしろ何が怖くて言い出せなかったんですよ、

・・

加藤諦三:あなたは、もう放棄するものがその段階でなかったということ?
相談者:先生アレですよね、あのぉ・・

相談者:放棄してない、実印も押してないので、放棄はしてないと、わたしは思ってますし、するつもりもないんです。
加藤諦三:はい、はい、

加藤諦三:それでぇ?・・調停に入ったわけですね?
相談者:はぁい、そのぉ、お金を借りた事を、切り出されてぇ、もう・・それだけでもう・・どうしようどうしようと思って、
加藤諦三:ええ、

相談者:それでぇ、兄がそれを提案したのでぇ、お金を、返さなくていいっていうことでぇ、
加藤諦三:ええ、
相談者:うん、ほんでぇ、調停が終わってきて、家に帰ってからまた兄に電話したんですね、
加藤諦三:はい、

相談者:それなりにわたしに、何かをしてくれるんでしたら、もうこれ以上わたしは相続のこと言いませんって言ったんですねぇ、
加藤諦三:ええ、
相談者:そうしたら兄は、返事してくれたんですけれども、その後もう、何も兄から連絡が入らなくなりました。

加藤諦三:はい、

相談者:それで、ずーっとわたしも諦めちゃって、もう・・5年ぐらいいたんですけども、
加藤諦三:はい、
相談者:調停に、入る前にもう、相当な暴言とかもう、いろんなこと言われてぇ、

相談者:最近なんかトラウマのようにでてきちゃって、眠れなくなってしまってぇ、
加藤諦三:例えばどういう言葉ですか?

相談者:相続の話なんかねぇ、もうこの辺でやってる人いないし、そんなこと言ってる暇あったら働きなさい、とかねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:あんな土地もらってどうするの?とかねぇ、
加藤諦三:ええ、
相談者:心が痛むようなこと相当言われました、先生、
加藤諦三:ああ・・

相談者:実家ぁ、には、あの、田んぼなんですけど、土地がいっぱいありましてぇ、
加藤諦三:はい、
相談者:それを、売ってぇ、お金にしたって姉がね、教えてくれたんですよね、いくらお金になりましたぁ、と、

加藤諦三:はい、
相談者:あと、実家の土地に、道路がかかって、相当入りましたぁ、って、金額それなりに聞いてるのに、
加藤諦三:ええ、
相談者:全然、うちにはそんなお金ないとかって、全然、とりあってくれないんですねぇ、
加藤諦三:ええ、

相談者:でぇ、なんでわたしの、放棄してないのに、
加藤諦三:ええ、
相談者:わたしの権利は通らないんですか?って言ったら、わたしと弟は未成年だったので、母親がそういうふうに代わりにしたとか言うんです、わたしもそこのとこよくわからないんですけど、法律のことは、

加藤諦三:それで今日の相談というのは?

相談者:わたしの両親からの相続・・を受けることはできますか?っていうこととぉ、

相談者:あともう一度、調停・・は、できますか?っていうことをお聞きしたいんですけれども、
加藤諦三:もう一度、調停はできますか?ということですね、

相談者:はぁい、
加藤諦三:はい、わかりました。今日はあのぉ・・スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、
相談者:はぁーい、お願い・・
加藤諦三:伺ってみたいと思います。
相談者:はぁーい、

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  あとになってから あーだ こーだ と言うには始末が悪いですね ご相談者のような 社会の仕組みをよくご存じない(はっきり言うと 無知)な方が相続にかかわると まとまる話も まとまりませんね。

  2. 過去に決着済みのことを、何度も何度も蒸し返してごねる人っていますよね。
    法律がきちんと機能している法治国家では通用しませんけど・・・・・・
    困ったことです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA