テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年7月18日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
55歳女性から、3年前に離婚歴のある夫と結婚した。夫の妹との折り合いが悪い事が原因で夫との関係も悪くなってしまったというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は55歳女性(初婚)、夫61歳(バツイチ)、3年前に結婚し2人暮らし。義妹57歳(既婚)、近くに住む舅、姑は鬼籍、夫は7、8年前に離婚し前妻との間には所帯を持ち独立した息子が2人

加藤諦三氏の〆の言葉『人間の唯一の義務は自分自身であること』

目次

スポンサーリンク

主人との関係が上手くなくなり始めてる

加藤諦三:もしもし?
相談者:もしもし、
加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いします。
加藤諦三:はい・・

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください
相談者:55歳です。
加藤諦三:55歳、結婚してます?
相談者:はいしてます。
加藤諦三:ご主人何歳ですか?
相談者:61歳です。
加藤諦三:61歳、お子さんは?

相談者:わたしはぁ、実は、初婚で、主人はあのぉ、2度目なんですね、
加藤諦三:はい、
相談者:それで主人のほうに、息子が二人、おります。

加藤諦三:それで今はぁ、一緒に住んでんですか?四人で、
相談者:いえ、息子二人はもう、所帯を持ちまして、わたしは主人と二人で住んでおります。
加藤諦三:はいわかりました。で、どんな相談ですか?

相談者:わたしはぁ、結婚してまだぁ、日がぁ、浅いんですけれども、
加藤諦三:結婚してからどのぐらいなんですか?
相談者:あ、まだねぇ、ちょうど3年経ったばっかりです。
加藤諦三:はい、

相談者:それでわたしのほうは、っていうよりも、主人のほうにあの取り巻きが多いんですね、
加藤諦三:取り巻って言うと、具体的に言うと、どういう・・

相談者:親戚が近くに多いものですから、
加藤諦三:ああ・・しん・・
相談者:その度に呼び出されましてぇ、

加藤諦三:はい、
相談者:冠婚葬祭とか、そのいろんなそういう何かあるときに、嫁ということで、呼び出されましてぇ、
加藤諦三:まあ、そりゃそうでしょうねぇ、
相談者:はい、

相談者:ま、長男の嫁とぉ・・思って、嫁ぎましたから、
加藤諦三:はい、
相談者:れはかまわないんですけど、ただその主人の、姑はいないんですね、
加藤諦三:はい、
相談者:他界してるんですね、
加藤諦三:はい、
相談者:それでぇ、あの舅はとてもいい人なんですよ、
加藤諦三:はい、

相談者:それで、近くに住んでよくしてくれるんですね、嫁いだときも、何もわからないわたしを、あのぉ、すごくあのぉ、よくしてくださったもんですからぁ、
加藤諦三:はい、
相談者:いいんですけど、その主人の妹っていうのが、何かにつけてあのぉ・・入り込んで来てぇ、
加藤諦三:はい、
相談者:わたしにすごいあのぉ、怒鳴りつけるっていうかぁ、わたしはそういうふうに思ってるんですけど、

相談者:何かこうした方がいいんじゃないですか?ってわたしが言うと・・それは違うって、最初から頭越しにぃ・・否定されるんですね、
加藤諦三:ええ、

相談者:でぇ、その度にもう・・あたしもカァーっとはなるんですけど、
加藤諦三:はい、
相談者:その、抑えてる・・時の自分が、すごく血圧がなんかこう、上がってるっていうのがわかるって言うんですか?

加藤諦三:はい、
相談者:わたしもカァーっとなって、ちょっと怒鳴りたいなと思う時もあるんですけど、
加藤諦三:はい、
相談者:義理の父の方が、わたしと妹と主人と三人で、これからも仲良くしてくれって、いつも言われてるもんですから、
加藤諦三:はい、
相談者:わたしも義理の父のために、抑えてるっていうような現状なんです。

加藤諦三:それで、この妹さんは、何歳ぐらいの方ですか?
相談者:わたしより二つ上です。
加藤諦三:あ、あなたより
相談者:57・・
加藤諦三:上なんですか、
相談者:はい、上なんですよ、

加藤諦三:あ、あーん・・

相談者:でぇ、結婚してます、はい、
加藤諦三:あ、結婚してんですか?
相談者:そうなんです!はい、
加藤諦三:結婚していてぇ、
相談者:はぁい、
加藤諦三:ご主人とうまくいってんですか?この妹さん、
相談者:いってないと思います。

加藤諦三:いってないですよねぇ、
相談者:たぶん、ピリピリしてると思います。
加藤諦三:上手くいってれば、自分達以外のところの・・家庭の、ゴタゴタに、首突っ込むことはないですからねぇ、
相談者:はぁい、はぁい、

加藤諦三:そうすると要するに、非常に単純に言えば、この妹さんは、ご主人との関係がうまくいってないことを、その欲求不満を、あなたにぶつけていると、

相談者:ま、そういうふうに思えばわたしも我慢はできるんですけど、ただやっぱりその言い方っていうかぁ、もう最初から、何かわたしの人格を否定してるような、わたしが被害妄想なのかもしれませんけど、

相談者:なんかもうねぇ、挨拶してもね、あのぉ、視線合わさなかったりとか、なんかすごい、上から目線でものを言われたり、

相談者:いつも居るんですねぇ、あのぉ、舅の家に行くと、
加藤諦三:ああ、そうか、義理のお父さんの所に行くと、どうしてもこの妹さんとの、関係が、
相談者:ああ・・はぁい、
加藤諦三:出てきちゃうということですか、
相談者:ええ、

相談者:はい、そうなんです、なんかとてもぉ、今、辛いんですね、
加藤諦三:はい、わ、わかりました、それで今日のあなたの相談というのはぁ、
相談者:はい、

加藤諦三:あなた自身の・・ご主人との関係は上手くいっていると、
相談者:今んところはですけど、
加藤諦三:ですよねぇ、

相談者:でもだんだんやっぱり主人もあんまり、わたしの味方をしてくれないもんですからぁ、やっぱりちょっと主人との、アレもやっぱりなんとなくだんだん、なんかこう、これからぁ、先ぃ・・あたしももう、50過ぎてますのでぇ、あんまり我慢とかしたくないんですね、はっきり言って、嫌な人とかとはあんまり会いたくない***

加藤諦三:ということはねぇ、
相談者:はい、
加藤諦三:だんだんと、3年間のうちに、ご主人との関係も、

・・

相談者:妹、も、中に入って、
加藤諦三:上手くいかなくなり、始めている、ということですか?

相談者:そうですね、主人は全く気付いてないと思いますけど、わたしの気持ちは、本心はまだ夫にハッキリ言ってませんから・・だんだん、やっぱり
加藤諦三:ええ、でぇ、今日のあなたの相談というのはぁ、
相談者:はい、

加藤諦三:この妹さんとの関係をどうするか、っていうことよりも、
相談者:はい、
加藤諦三:ご主人との関係が上手く、いかなくなりだしたことへの恐れですか?

相談者:そうですね、先生にそういうふうに言われまして・・そっちかな、というふうに今思いました。

加藤諦三:そこが一番の、アレですからねぇ、
相談者:そうですね、やっぱりこれからぁ・・はい、まだ付き合って行かなきゃいけないもんですからぁ、妹とも、
加藤諦三:わかりました。
相談者:はい、よろしくお願いします。
加藤諦三:それじゃあ、スタジオに幼児教育の、大原敬子先生がいらしてるので、
相談者:はぁい、

加藤諦三:いい、ご回答を得られると、思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA