テレフォン人生相談
玉置・中川

玉置・中川
テレフォン人生相談 2022年7月27日(水)
パーソナリティ:玉置妙憂(看護師・僧侶)
回答者:中川潤(弁護士)
61歳女性から、小学4年生の孫が近所に助けを求めて警察に保護されたので預かっている。児童相談所は孫を親元へ返せと言うのだが危険だと思うのでどうしたら?というご相談。パーソナリティは玉置妙憂さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は61歳女性、20年ほど前に離婚し四女32歳(独身)と三女の子(小学4年生の孫娘・自閉症スペクトラム障害)との3人暮らし。長男40歳、長女38歳、次女36歳、三女34歳(離婚しシングルマザー・夜の仕事)

目次

スポンサーリンク

孫を親元へ戻そうとする動き

玉置妙:もしもしぃ?
相談者:もしもしぃ?
玉置妙:テレフォン人生相談でぇーす。
相談者:よろしくお願いいたします。
玉置妙:よろしくお願いいたしまぁーす。

玉置妙:え、では早速ですけれども、え、(はい)今日のご相談の内容をまずは簡単に教えていただけますでしょうか?

相談者:4ヶ月前にぃ、(うん)孫がぁ(はい)、警察に、ほ、保護されてぇ、(うんうん、はい)わたしがぁ、引き取ってるんですけどぉ、(ほうほう)えっと、児相が入ってぇ、(はい)児相ぉ・・の、かたがぁ(うん、うん)、親元に返そうっていう、動きがあるんですね、
玉置妙:はい、

相談者:でもぉ、(うん)親のぉ、所に帰るとぉ、(はい)とても危険なのでぇ、(はい)どうしてもぉ(うーん)、ちょっとぉ、(うんうん)返すのはぁ・・・・(うん)して欲しくないんですけどぉ(うーん)、
玉置妙:わかりました、じゃ、そのことについてですね、もう少し、詳しく、お聞きする前に、えーっとまずは、あなた様の、ご年齢を、教えていただいてよろしいですか?

相談者:はい、61です。
玉置妙:はい、(はい)えっと旦那様はぁ?

相談者:あ、20年ほど前に、(はい)離婚してます。
玉置妙:はい、わかりましたぁ、えっと、お子さまは全部で何人いらっしゃいますかぁ?
相談者:5人です。(はい)男、(はい)40、(はい)、女、38、(はい)・・女、30・・6、(はい)・・女、30・・4、(はい)・・女、30・・2、
玉置妙:はい、ありがとうございます。

玉置妙:じゃあ、今は、お一人暮らしということ・・
相談者:今は、(うん)四女と、(うん)住んでます。(はい)四女は独身です。
玉置妙:あ、わかりました、じゃあ今、四女さんと、お二人暮らしなんですねぇ、
相談者:はい、(はい)、あ、あ、今一緒に孫も一緒に、
玉置妙:お孫ちゃんも?
相談者:はい、

玉置妙:じゃあ、先ほどのお孫ちゃんっていうのは、四女のお孫さん?じゃないですね、
相談者:あ、いやいや、(うん)三女です。
玉置妙:三女さんと?

相談者:はい、
玉置妙:あ、わかりましたぁ、それでは今、お孫さんを、引き取ってらしゃるからね、はい、
相談者:はい、
玉置妙:でぇ、三女さんの旦那さんは?

相談者:この子が生れてすぐ離婚してます。
玉置妙:すぐ離婚して、じゃあ今は、シングルマザーでいらっしゃってぇ、
相談者:そうです、はい、
玉置妙:はい、お孫さんはぁ・・
相談者:はい、小、4です。
玉置妙:小学校、4年生?
相談者:はい、女の子です。
玉置妙:おとこ・・女のお子ちゃん、(はい)女の子で、小学校4年生?
相談者:はい、

玉置妙:えーっと、それでぇ、警察に保護、されたのが4ヶ月前、でしたね、
相談者:えっとぉ、ほご、保護というのはぁ、(うん)あのぉ、孫がぁ、ママが・・・怖いから帰りたくないってことでぇ、(うん)近所にぃ、(うん)警察呼んで、ってことでぇ(ほぉーん)、あのぉ・・・いったら・・しくてぇ、(うん)

相談者:それで、近所の人が、呼んだんですねぇ(うんうん)、はぁい、
玉置妙:ん、なにが怖いんですかねぇ?暴力かな?
相談者:暴言ですね、暴言、
玉置妙:暴言?
相談者:はいはい、
玉置妙:うーん・・
相談者:ママがぁ、「死ね」とかぁ、(うん)、え、この子がぁ、あのぉ、ベランダから飛び降りる、降りようとすると、(うん)「飛び降りろ」とかぁ、(うん)でぇ、「お前はブサイク」だとかぁ、(うん)「お前はし、バカだ」とかぁ、(うん)「お前はあたま、頭が悪い」とかぁ、とにかく何しても怒られれる、

玉置妙:うん、あのぉ、あなたさまの娘さんなわけですけれどもぉ、(はい)あまり・・アレですか、日常的に交流がない感じなんですか?
相談者:実はぁ・・(うん)、4年ほど前からぁ、(うん)もう、孫と、会ってなくてぇ、あの、絶縁、あのぉ・・(ふぅーん)その、親がぁ?(はい)絶縁状態になってるのでぇ、(うん)会わせてもれなかっていうのもあって、(うん)一切、わからないんですよ、(うーん)

相談者:だけど、予想はついてたんですね、(うーん)こういうことはあるだろうってことで(うん)、いつも(うん)、心配はしてたんですよ(うん)、はい、
玉置妙:じゃあ、小学校に上がるぐらいからぁ、(うーん)まあ、あなた様と娘さんが絶縁しちゃったからお孫さんにも手が出せなくなってたっていう(そうですねぇ、はい)、ですねぇ、

玉置妙:でぇ、お・・娘さんと、絶縁に至った理由ってなんですか?
相談者:いろんなぁ(うん)、あのぉ、ことをわたしが説教とかぁ、(うん)、するのでぇ、(うん)嫌になったと思います。
玉置妙:うーん・・

相談者:子育てが、出来ない・・っていうかぁ、(うーん)やってることがちょっと、ん・・ちょっと理解できないような(苦笑)、(うーん)だったりとかぁ、予防接種も一切連れて行かなかったりとかしてたのでぇ、わたしがぁ、無理矢理連れて行ったりとかぁ、(うん)いろんな面でわたしが口出し?(うん)してたんですけどぉ(うん)、

相談者:そういう感じでぇ、(うん)もうわたしのことが嫌いになった、みたいです。(うーん)はぁい、働いては、いるようです。

玉置妙:あ、働いてはいらっしゃるんですねぇ、(はい)うーーん・・でぇ、今回その児相からぁ、三女さんのとこに戻そうという話が来てるということですけれどもぉ、(はい)娘さん自体はなんて言っているんでしょうかねぇ?それはぁ、接触ない?未だに?

相談者:ないです。
玉置妙:うーん・・

相談者:実はぁ・・孫、はぁ、(うん)、自閉スペクトラム症っていう、(うん)発達障害でぇ、(うん)2歳半ぐらいに、診断受けててぇ、
玉置妙:2歳半で?
相談者:ぐらい、はい、
玉置妙:はい、

相談者:でぇ、わたしぃ、がぁ、児童家庭課に相談行ってたんですけど、その頃はぁ、(うーん)、5歳か6歳の頃にぃ(うん)・・児童家庭課の担当が替わってぇ、(うん)「ご飯食べてたらいいです」みたいな感じでぇ、なんか、相手にされなかったんですよぉ、(う-ん)

相談者:それでぇ、もうわたし達は一切あのぉ・・関わらなかったんですね、その間、はい、今回の事が起きるまで、(うーん)、でぇ、わたし達からしたらぁ、(うん)もう・・・やっぱりって感じなんですけどぉ、

玉置妙:うーん、わたし達、っておっしゃるとぉ?
相談者:まあ、子供たち・・(うん)も、みんなぁ、(うん)・・・その親が育てたらちょっとヤバイんじゃない?みたいな感じでぇ、言っててぇ・・
玉置妙:うん、ほかの、他のお子さん達がねぇ、

相談者:はぁい、あの・・
玉置妙:じゃあ、要するに三女さんのごきょうだいってことですよねぇ、(うーん)そうです、あの、「あの子が育てたら、死ぬよ」とかって、言われてたんですけれどぉ、(うーん)、だからぁ・・わたしがぁ、(うん)、あ、の、毎日、ちょっとぉ・・心配・・
玉置妙:していたと、
相談者:だったんですねぇ、

玉置妙:うーん、でぇ、今回は、まあ、警察保護ということになってぇ、児相も入ってぇ、
相談者:お母さんは、ちゃんとやってますよ、って言うんですよぉ、(うーん・・)、でぇ、わたしからしたらぁ、な、なに、ちょっと理解できなかったんですよぉ、
玉置妙:うーん・・

相談者:家はぁ・・ほんとに、ぐちゃぐちゃだしぃ(うーん)、ああ、親がぁ、(うん)夜ぅ、(うん)7時頃、出るらしいんですね、お仕事で、
玉置妙:ほぉ、夜の仕事なんですか?
相談者:ま、ま・・孫の話だとねぇ、
玉置妙:うーん・・

相談者:それでぇ・・朝のぉ、10時ぐらいに帰ってくるらしいんですね、
玉置妙:ふぅーん・・
相談者:でぇ、孫は、その間、ずっと一人、だったらしいんですけどぉ、
玉置妙:ずっと?
相談者:あ、はぁい、

相談者:はぁい、それを・・
玉置妙:じゃあ、学校・・は、どうしてるのかなぁ?
相談者:学校はぁ、毎日遅刻ぅ・・(ああ・・)して、行ってたみたいです。孫、10・・時とか、11時とかぁ、(ふぅーん)だったらしいです、先生の話では、担任の話では、はい、
玉置妙:先生、あ、担任の話ではね、(はい)じゃあ、それはほんとに事実なんですねぇ・・

相談者:そうですねぇ、
玉置妙:うーん・・
相談者:うーん、それでもぉ、
玉置妙:うん、うん・・

相談者:じどう、児童家庭課の担当はぁ、(うーん)「ちゃんとしてますよ」って言うからぁ、(ふぅーん)わたしがもう、ほんとに信じられなくってぇ(うん)、そこ、孫の話を聞いてたらぁ、(うん)そんなことは言えないと思うんですよ、ちゃんとしてるとは、

玉置妙:うーん・・でぇ、結果今はぁ、(うん)えっと、お孫さんはぁ、あなたさまの所にいらっしゃるわけだけれどもぉ、(はぁい)えっと、親元に戻せって言ってるのは、児相ですか?
相談者:戻せ、っていうより、(うん)戻す動き、あのぉ、こないだぁ、(うん)担任の先生に、会いに行ったんですけどぉ、
玉置妙:はぁい、

相談者:そしたらぁ、「来てたよ」ってことで、児相の方がぁ、(うん)でぇ、「返そうと思ってるんだけどぉ・・」(うん)「どう思いますか?」ぁみたいな話が、あるらしいんですね、(うーん)

相談者:それでぇ、先生は(うん)、「絶対に返さないでください」って言ったらしいんですね、(うん)この担任が、(うん)いる、みてる間は、とにかく戻さないでくれと、言ったらしいんですよ、
玉置妙:はぁい、

相談者:この先生は、すごく、この子のことを、ずっと見てるのでぇ、(うん)よくない、じょ、環境に居たっていうのは、よくわかってるのでぇ、(うん)先生は・・まっ、わかってないのは、ほんとに児相と、児童家庭課のほうが、まったくわかってないと思うんですよ、その、(うーん)環境をね、

相談者:なぜ、わかってないのにぃ、(うん)そういう戻そうとするのかも、わたしは理解できないし、(うーん)、でぇ、何かを言えば、法律ぅが、なん、とかって言うからぁ(うん、うーん)、だから、わたし達はぁ、(うん)あの、どうしたらいいのか?(うーん)ってことなんですけど、
玉置妙:そうですねぇ、
相談者:はぁい、

玉置妙:今後ね、(うん)あの、どういうふうな、対策が、ま、法的にとれる可能性があるのか?(はい)、というようなことを、あの、お聞きしてみるってことで、(はい)よろしいでしょうかねぇ?(ありがとうございます)はい(はい)、わかりました、

玉置妙:え、今日、お・・お答えいただきますのは、弁護士の、中川潤先生です。え、では先生、よろしくお願いいたしまぁーす。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA