テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年7月29日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
28歳女性から、小学2年生で祖父母に預けられ育ったので自分に関心を持ってくれる人がいなかった。友達を作れるような人間になりたいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は28歳女性(独身一人暮らし・リモートワークで仕事)、祖父母と弟、たまに母親、小2で祖父母に預けられ父親はそれっきり

加藤諦三氏の〆の言葉『現実は敵だと思っている限りコミュニケーション能力は出てきません』

目次

スポンサーリンク

小学生で祖父母に預けられ自分

加藤諦:もしもし?
相談者:お願いいたします。
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。最初に年齢を教えてください。

相談者:28歳です。
加藤諦:28歳・・独身ですか?結婚してますか?
相談者:独身です。
加藤諦:でぇ、今、一人で暮らしてるんですか?
相談者:一人暮らしです。
加藤諦:一人暮らし、はい、わかりました。スゥゥ、どんな相談ですか?

相談者:人と、関係が長く続かなくて、(ええ)、友達を作りたいんですけど、どうしたらいいかわかんなくて、

加藤諦:小学校、中学校の頃から、友達が、上手く作れなかったっていうこと?

相談者:小学校までは、お姉さん的な人達とかがいて、グループに入れてくれたりとかぁ、(うん)中学校は、不登校になっちゃってぇ・・でぇ・・
加藤諦:その中学校、不登校、どのくらい、ですか?
相談者:2年・・と、半年ぐらい、
加藤諦:2年と半年っていうと、ほとんど、不登校だった、
相談者:はい、そうでした。

加藤諦:うーん・・
相談者:高校、は、みんな優しくてぇ、グループに入れて・・
加藤諦:そうすっと、お母さん、お父さんとの関係はどうだったの?

相談者:家族構成から言っていいですか?(はい)、祖父母と、わたしと、(はい)弟、たまぁーに母がいるんですね、(はい)、父は、わたしが小学校2年生にあがったときに・・わたしが、祖父母の家に預けられて、(ええ)そっから、それっきりです。

加藤諦:そうすると、お父さんと、お母さんと一緒に暮らしのたはぁ?
相談者:小学校1年生までて、母とはたまに会うような・・

加藤諦:そうすっと、お父さんお母さんと、親しく、(はい)接していたわけでないのでぇ、(はい)、家族とも、あんまり上手くいかなかったということですか、

相談者:まあ、いい関係ではなかったんじゃないかなぁって思いますけど、
加藤諦:要するに、いい関係じゃなかったっていうことは、家が安心な、場所ではなかったっていうこと?

相談者:ああ・・そうですね、そうですね、
加藤諦:それでこの高等学校のときには、グループなんかにいてぇ、中学校のように、不登校になっていたってわけでは、なかったんです・・
相談者:でも高校には寮がありましてぇ、女子寮に入ってたんですけどぉ、(はい)誰とも仲良く、なれなくってぇ、

加藤諦:ああ、グループには入っていたけれども、自分の本当の心を打ち明ける、友達はいなかったということですね、
相談者:あ・・それが一番適切ですかねぇ、はい、
加藤諦:ええ、あ・・

加藤諦:それで祖父母と一緒だったとき、祖父母との関係はどうだったんですか?
相談者:弟のほうがすごくぅ、重要視されていてぇ、わたしのことをよく、育てた覚えはないとかぁ、ハァ(ため息)、言ってたしぃ、いらなかったと思うんですね、

加藤諦:そうか、そうすると、やっぱりあのぉ・・あなた、関心を必要としたと思うんですけれども、あなた自身は、周りの人の関心が、はらってもらえなかったと、そういうふうに考えていいですか?

相談者:ああ、はい、
加藤諦:でぇ、それからどうなったんですか?
相談者:ずっと体が悪かったんですけど、大学を卒業してから、更に悪くなっちゃってぇ・・2年間、ニートをしてたんですけど、(はい)、会社に入ってぇ、自分なりに友達を作る努力をしたんですけど、

相談者:例えば会社に、女子会作ったんですけど、自分だけ友達が出来なくってぇ、それも失敗だったりとかぁ、他にもいろいろやりましたけど、友達は、結果的には出来ませんでした。

加藤諦:自分の気持ちを、わかってくれる人っていうのが、周りに居なかったんだねぇ、

相談者:あのぉ・・精神科の人に、自分に興味がない、ですよって指摘をされましてぇ・・よくよく、考えたらぁ・・子供の頃から自分の気持ちを表現する・・自分の感覚とかわかんない・・でぇ・・っと・・
加藤諦:自分が何が好きで、(そう)何をしたいかって、そういうようなことがわかんなかったってことですね、

相談者:あ・・・そうですね、なので自分の気持ちを分かって欲しいというのも、よくわかんないです。

加藤諦:ああ、自分の気持ちをわかってほしいという・・こと、そのことが、よく、理解できない、
相談者:はい、どん、かん、で、前に、職場で、なんかパワハラに遭ってたらしいんですけど、(はぁい)、それも、わかってなかったし、(はい)、周りが動いてくれたんです、結局それは、(ああ・・)それでようやく気付きましてぇ、

加藤諦:そうすると、小さい頃からぁ・・・自分に関心をもってくれる人っていうのがいなかったんじゃないのかなぁ?

相談者:そうですね、
加藤諦:そうすると、今日のあなたの相談っていうのはぁ、自分に関心を持ってくれる人がいない・・環境の中で育ってきてぇ、パワハラをされてることすらも、気がつかないというような状況で、今、どうしたらいいんでしょう?っていうことですか?

相談者:いえ、今までずっと、いろいろ悩んできたんですけどぉ、その悩みは、コミュニケーション能力を上げれば解決するんじゃないかと思いましてぇ、だからまず、友達を作らなきゃいけないなと思いましてぇ、****

加藤諦:だけど、コミュニケーション能力っていうものが、どういうものかっていうことも、わからないっていうことですよねぇ?、今は、
相談者:ああ・・そうですねぇ、

加藤諦:はい、今日はあのぉ・・心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA