テレフォン人生相談
今井通子・坂井眞

今井通子・坂井眞
テレフォン人生相談 2022年7月30日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
64歳女性から、実姉が居住するアパートから出て行けと言われている。2年半前失踪した姉夫、住んでるアパートは姉夫の兄が姉夫父から相続したもので、管理人兼アパート収入を貰うという事で覚え書きを姉夫のきょうだい同士で交わし住んでいたもの、配偶者も死ぬまで住んでいられるという内容になっているのだが・・パーソナリティは今井通子さん、弁護士の坂井眞さんが回答者です。

相談者は64歳女性、実姉67歳、姉夫66歳(2年半前に失踪)、姉夫兄68歳(姉が住むアパートの所有者)

目次

スポンサーリンク

覚書は有効か?

今井み:もしもしぃ・・テレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いしますぅ、
今井み:はい・・今日はどういったご相談ですか?
相談者:わたしの実の姉なんですけどもぉ、
今井み:はい、
相談者:旦那さんがぁ、(はい)2年半ぐらい前に失踪しましてぇ、
今井み:あら?

相談者:一人で今ずっといるんですけどぉ、(はい)旦那さんの、(はい)実のお兄さんが持ってるアパートに、(はい)住んでるんですね、
今井み:お姉さんがね、
相談者:はぁい、

今井み:はい、
相談者:でぇ、そのぉ、旦那さんの、お兄さんの名義のアパートなんですけど、(はい)とりあえずあの管理人としてぇ、管理をしてもらうっていうことでぇ、家賃なしでぇ、(うん)アパートの収入も得てぇ、(はい)そこに住んでるぅ・・わけですよ、
今井み:はい、

相談者:それでぇ、この2年間以上は何も言って来なかったんですけどぉ(はい)旦那さんのお兄さんのほうが急に、(はい)姉のほうにあの「出てってくれ」っていうふうに・・言って来てぇ、

今井み:ああ、はい、
相談者:でぇ・・姉も行くあてもないし、旦那さん名義の預貯金もおろそうとしたらいおろせなかったみたいなんですね、

今井み:はぁい、
相談者:その、移ろうにも・・貯金も手をつけられないっていう状況でぇ、 でぇ・・年金生活してるんですけどぉ、(はい)ギリギリの生活なんですよ、

今井み:はい、ちょっとじゃあ、まずぅ・・
相談者:ええ・・ええ、
今井み:あなたの、お歳おいくつ?
相談者:あっ・・わたしは64です。
今井み:64歳、
相談者:はい、

今井み:でぇ、お姉さまは?
相談者:67ですね、
今井み:67歳、
相談者:はい、

今井み:でぇ、お姉さまのご主人おいくつ?
相談者:60・・6ですね、
今井み:66歳、はい、
相談者:はい、
今井み:でぇ、そのお兄さんは?
相談者:お兄さんは、えっと60・・8ですね、
今井み:68?
相談者:はい、
今井み:はい、でぇ、2年半前に、
相談者:はい、
今井み:お姉さんのご主人が失踪したっていうのは・・何かあったんですか?

相談者:なんにもないらしいんですけど、いきなり帰って来なくなってぇ・・・どこで何をしてるかも一切わからないんですよ、

今井み:えっ?じゃあ、生死もわかんないの?
相談者:わからないんです。
今井み:あら?

相談者:手がかりがないのでぇ、(はい)でぇ、お友だちとか、その知り合いの方とかにもいろいろ聞いたんですけど、(はい)まったく連絡も来てないし、わからないよっていうことでぇ、

今井み:はああ・・
相談者:ええ、でぇお兄さんも、なんか、失踪癖がある人で若い頃にやっぱいなくなったことがあるらしくってね、
今井み:あ、なるほど(笑)お兄さんが、はい、

相談者:ええ、でぇお兄さんがなんか「あいつのやり方はそういうやり方なんだぁ」みたいなことを・・言ってたらしんですねぇ、

今井み:でぇ、結局アレでしょう、(はい)その、お兄さんが持ってらっしゃるアパートの管理人、兼みたいな感じでぇ、(はぁい)そうすると2年半ぐらい、お姉さんは一人でぇ、(はい)管理人をやってらしたわけでしょう?

相談者:はぁい、
今井み:でぇそれはぁ、お兄さんのほうからぁ、そういうオファーがあったわけですよねぇ?

相談者:いや、何も言われぇ、てないんですよ、旦那さんが管理をしてたのを、そのままぁ、姉がやってたっていう、はい、
今井み:あっ、そうかそうか、
相談者:感じですね、
今井み:そのまま住んじゃったままになってるっていう(はぁい)ことなのか、
相談者:はぁい、そうなんです。

今井み:でも、お兄さんのほうから、そのまま住んでていいよっていうのは、もらってんでしょ?
相談者:なんか、そういう覚え書き書みたいなのを、(うん)亡くなったお父さんから相続したときにぃ、(はい)交わしたらしいんですね、 旦那さんがもし死んでもぉ、その、配偶者がぁ・・

今井み:ちょっと待ってぇ、そうすっとアレ そのアパートっていうのはぁ、(はい)亡くなったお父さんの物だったの?

相談者:そうなんです、それを、その義理の、お兄さんが、相続したわけですよ、
今井み:あ、なるほどね、
相談者:はぁい、

今井み:そしてぇ、(はい)その相続したところの、(はい)一室に関してはぁ、(はい)弟の、(はい)すなわちお姉さんのご主人、(はい・・はい)がぁ・・ずっと住んでていいよ、(はい)っていう、覚え書きみたいのがあるってことですね?(はぁい)、はああ・・

今井み:でぇ、結局ぅ・・今突然?・・もう、あと1ヶ月ぐらいで出て行ってください(はぁい)みたいなお話はぁ、(はい)これなんか理由はあるんですか?

・・

相談者:そぉの理由は何も言ってなかったみたいなんです。 ただ、出てってくれみたいな、いきなり言われた、だけみたいですね、
今井み:でも、元々の覚え書きがあるんでしょ?
相談者:ええ、あるんですよ、

今井み:そうすると今日のご相談はなんですか?

相談者:このまんま、(はい)そこに住んでいられるようにぃ、(はい)できる方法があるか?っていうこととぉ、(はい)あと、そのぉ・・失踪した旦那さんの、(はい)預貯金を、おろせるか?っていうことですね、生活がちょっと大変みたいなんでぇ、

今井み:これぇ・・お姉さんの貯金通帳と・・スゥゥ、ご主人の通帳別にしてなかったんだ?

相談者:別にしてなかったみたいなんですよねぇ、
今井み:じゃあ・・旦那さんの貯金・・通帳はあるの?
相談者:あるんですよ、それがなんか・・2つあったんだけど1個は持って出てるみたいなんでぇ、
今井み:ああ・・なるほど、

相談者:たぶん、生きてるとは思うんですけどぉ、
今井み:なるほど、
相談者:はぁーい、

今井み:そうすると今日のご相談はぁ、(ええ・・)え・・このままぁ、住んでいられる方法はないか?(はい)

今井み:また、貯金通帳から?(はい)お金が下ろせるように、する方法はないか?(あはぁい、はぁい)ということですよね、(はい)

今井み:今日は弁護士の、(はい)坂井眞先生がいらしてますので(はい)、伺ってみたいと思います。
相談者:はい、
今井み:先生よろしくお願いいたしまぁーす。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA