テレフォン人生相談
柴田理恵・野島梨恵

柴田理恵・野島梨恵
テレフォン人生相談 2022年8月4日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:野島梨恵(弁護士)
55歳女性から、夫は何か事が起きた時に常に他人の肩を持つ考え方で一緒に共感してくれない。夫に味方になって一緒に共感してもらいたいというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の野島梨恵さんが回答者です。

相談者は55歳女性、夫61歳、長女28歳(会社員)、次女25歳(会社員)の4人暮らし

目次

スポンサーリンク

共感してくれない夫

柴理恵:もしもし、テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですかぁ?
相談者:夫との、家族的なところがちょっと、薄いような気がして、
柴理恵:はあ、はあ、はあ、はあ、あなた今おいくつですか?
相談者:55です。
柴理恵:はい、ご主人は?
相談者:61です。
柴理恵:はい、えっと、お子さんはいらっしゃるんですか?
相談者:あ、28歳、おんな(28・・)、25歳、おんなです。
柴理恵:じゃあ、お二人ともお嬢さんってことですね、(はい)もう独立なさってますか?
相談者:いえ、家に、いて、会社勤めです。

柴理恵:家族的なことが薄いっていうのは、どういうことなんでしょうか?
相談者:日常、いろいろなことが起きたときに、(はい)相談しても、相手方の立場に立って、発言したりして、自分らの(うん)、ことなのに、相手方のぉ、ことみたいにぃ、話すと言いますかぁ・・
柴理恵:うーん、ふーん・・

相談者:家族なら、(うん)こっちを中心に、(うーん)考えれぇば、いいなと思うんですけど、
柴理恵:うんうん、具体的に言うとぉ・・どんな感じですかぁ?

相談者:家の床がぁ、(うん)ちょっとミシミシするということも、(うん)、季節ぅ・・によってなるんじゃないかとかぁ、前に一度、建設会社を呼んで、床ぁ・・をみてもらったんですけどぉ、(うん)直したような感じだったんだけど、帰っていったら、やっぱちょっと、床が、ミシミシいってたんですけど、(うんうん)

相談者:それがぁ、家、新築し直したぁ、当初だったんですが、(うんうんうん)それから何年かしてぇ、(うん)今またぁ、ギシギシ言うもんでぇ、(うんうんうん)それを言うとぉ、(うん)季節の変わり目やからとかぁ、

柴理恵:ちゃんとぉ、奥さんが言うことを聞いてくれないんですねぇ?
相談者:そうですね、一緒になってぇ、(うーん)おかしいなぁって、言ってくれればぁ、(うーんうんうんうん)こちらもぉ、(うん)そうだねっていって、連帯感みたいなものもあるんです、生まれるんですけどぉ、(うーん、うん)

柴理恵:床のミシミシにぃ、関してはぁ、お嬢さん・・たちは何ておっしゃってます?
相談者:下の娘にぃ(うーん)、聞いたことあったけど、「うん、わからん」って言っとったときもあったかな、

柴理恵:お、おお・・だとするとぉ、「え?なんでなの?」って、「ほらほら、ミシミシするじゃない」とかっていうのぉ、
相談者:へへへへへ(苦笑)、はい、
柴理恵:家族全員でぇ・・話し合えばぁ、いいんじゃないのかなぁ、と思いますけど、

相談者:家族自体も、(うん)あんま話し合うっていう雰囲気がなくてぇ、(ほお・・)子供が小さい時もぉ、(うん)夫がぁ・・娘ぇたちが喋るとぉ、(うん)遮るような喋り方ぁ・・夫がしてぇ、(はあ、はあ、はあ)あんま会話が続かなかったんですよ、(うん)

相談者:淡々と生活しとるふう、家族って感じですね、和気あいあいっていうよりも、(あ、ああ・・)家族のぉ、会話っていうのがあんまり、出来ない感じでぇ、
柴理恵:例えば、あのぉ・・お母さんと娘さんは・・

相談者:出来てるんです、夫が加わるとぉ(と)、あのぉ、話が、途切れるんです。
柴理恵:どこの家庭もそうなんじゃないですか?(笑)、じゃあ、おか・・
相談者:自分の(うん)、理想っていうかぁ、(うん)思い描いた家族が、和気あいあいとぉ、(うん)しゃべってぇ、家族ぅ・・っていう、(うんうん)感じを思い描いてぇ、(うーん、うん)結婚したんですけどぉ、(うん)

柴理恵:いつぐらいからぁ?こういうふうに、こう、お母さんと娘さんは、うまくぅ話できるけど、お父さん入るとちょっと、
相談者:あ、もう、最初の頃からです。もう、小っちゃいときからです。子どもがぁ、(うん)こんなんできたよ、とかって言うとぉ、(うん)じゃあ、これはって言って、なんかこう、できんことを、示してくる感じでぇ、

柴理恵:うーん・・
相談者:子供がぁ、幼稚園のときなんかも、(うん)こうやよ、って言ったら、じゃあ、これはぁ、って言って、いつも、ぱ、パターンが決まってるんですよ、(うん)会話のパターンが、(うん、うーん)いつもこう、遮るような、(うーん)言葉尻を、なんかこう、もってくるみたいなぁ、(うーん・・)

相談者:それでもう、だんだんと、子供もあんまり、和気あいあいと、しゃべらんようがなってぇ、まあ、でも子供に、たちにしたら、お父さんやからまあ、(うんうんうん)お父さんはこんなもんやろう(うーん)みたいな感じでぇ、(うん、うん)ずっと、推移してきてぇ、(うん、うん)今に至っとるっていう感じでぇ、

柴理恵:うーん、あのぉ、お父さんは、旦那さんは、あな、たに対しても、そんなふうな感じ?うーん・・
相談者:まっ、よそよそしい感じと言いますかぁ、あの一緒にスーパーマーケットに買い物に行ったときなんかも、(うん)他所のぉ・・夫婦とか、他所のぉ、家族とかを見とるとぉ、(うん)お母さんが、カゴもったり、まあ、してぇ、(うん)お母さんの周りにこう、近くで、立ってこう、一緒に、こう、おるみたいな感じなんですけど、(うんうん)うちの、夫と一緒に、スーパーマーケット買い物に行くと、(うん)

相談者:夫はいつもカートを、(うん)引きたがるんでぇ、(うん)それの係にぃ、夫がし、なってるっていう、なんか自然とそうなってるんでぇ、(うん)わたしはぁ、あの、食料品を、(うん)吟味して、選んで、(うんうん)先に歩いていくっていう感じでぇ、(うん)

相談者:他のぉ、家族見てると、(うん)一緒になって、そこで一緒に、商品の前に立ってぇ、(ああ・・)こう、見とるのを、まあ、多いと思うんですけれど、(ああ)うちの夫は、3メーターぐらい、わざわざ離れてぇ、(うん)後ろに、ついてくるっていう感じでぇ、(うん)

相談者:先へ先へと、わたしがみ、身勝手にぃ、(うん)先へ歩いて、買い物しとるみたいなぁ、(うん)感じにぃ、思えてぇ、
柴理恵:これどう思う?って、そのぉ、3メートル後ろに、言いに行ったらどうなん?

相談者:あ、そうしたらぁ(うん)、近づいてきてぇ、まあ、言うっていう感じだけど、まあ・・そんなぁ・・ことは、あんまないですからねぇ、
柴理恵:相談されなかったら、相談にはのりませんよねぇ?

相談者:子供がぁ、小さいときぃ、ベビカー乗っ取るときもぉ、(うん)わたしと、ベビカー乗っ取る子供と、もう一人、一緒にかたまって歩いてぇ、(うんうん)夫は、3メーターほどぉ・・後ろを、わざと、遅れてなんか、歩いとるっていうかぁ、ちょっとした苛立ちぃとかぁあった(うん・・)、まあ、夫がぁ、後ろから来るならいいがぁ、みたいなので諦めてぇ、わたしは先に、買い物して見とるって感じで・・

相談者:あのぉ、家の中ですれ違うときもぉ、(はぁい)割とぉ(うん)、キュッキュとぉ・・体を避けるぅ・・(はあ・・)感じなんですよね、(うんうん)、横に座ったらこう、体をちょっと、離す(離すみたいな)みたいな、そういうのがあるんですよ、(ああ・・)うん・・

柴理恵:ちょ・・
相談者:そうかと思ったらぁ、(うん)外出て、外出ぅ・・のときはぁ、(うん)、あのぉ、他所の、他人様には、全然距離感なくぅ、(うん)あのぉ・・横を歩いてくっていうか、すれ違うんですよね、

相談者:夫はぁ・・
柴理恵:どうしてですかねぇ?なんか理由あると(他人にはぁ)思う、うん・・
相談者:なんのぉ・・距離感もなくぅ、(うん)横を、割とギリギリこう、(うん)横をすれすれにこう、すれ違ったりしてぇ、***・・

柴理恵:聞いてみたいことありますぅ?
相談者:ぶつかれって言うんかぁ、ってぇ、(うふふふ)半ギレ、してぇ、(ふふふ)違和感があるっていうかぁ、そうかと言ってぇ、(うん)じゃあ、わたしのことを、(うん)とか家族の事を、なんか距離置いとるのかなぁ、と思ったら、(うん)

相談者:頼みもしんのに、土日の休みに、(うん)自分だけで、(うん)こう、車に乗って行ってぇ、(うん)なんか、気に入ったペットボトルのお茶を、買って帰ってきてぇ、(うん)そのついでに、(うん)まあ、わたしの好きな、お茶も、(うん)一緒に、まあ、自分のお小遣いでですよ、(うんうん)

相談者:買って帰って来てぇ、(うん)わたしがぁ、夫の立場やったら、お小遣い減るし、そんなもん買わんわぁと(笑)、(うん)思うんですけどぉ、(うん、優しい)なんか、(優しい)図書館行ったときにぃ、(うん、うん)頼んでもないのにぃ、(うん)女性雑誌を一緒に、借りて来るとかぁ、そういうちょこっとした親切はするんですけどぉ、

相談者:バランスですよね、あのぉ、(うん)バラ・・不信感を思いつつも、(うん、うん)親切なぁこと、もするからぁ、まあまあ、今までぇ、来たみたいなぁ、
柴理恵:(笑)うふふ、でも、そのご主人に対してぇ、もう、こんなご主人とは一緒に居られないってわけではないんでしょう?

相談者:一番、アレなのはぁ、(うん)一緒に住んでてぇ、(うん)建築会社に対する対応とか(うん、うん)そういうのもぉ、こっち側の立場に立ってぇ、味方ぁ、したりしてほしいんですけど、(うんふん)、他人目線って言うか、他人、(うん)側の肩を持つって言うんかねぇ、(うんうん)何かにつけて、(うん)そういうのがぁ、わたしにしたら一緒に、生活しとってぇ、(うん)

相談者:こちらびいきの、考え方にして欲しいんですけれども(うーん)、
柴理恵:わかりました、じゃあ、ちょっと、先生に聞いてみましょうか、今日の回答者の先生は、弁護士の野島梨恵先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA