テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年8月5日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
58歳女性から、夫は離婚した姉との心の距離が近く金銭的援助を始め、外ヅラのいい態度をとるが、自分の家族にも同様に愛情を注いでほしいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は58歳女性、夫63歳、娘33歳との3人暮らし(他に娘がいる様子)、夫には3人姉妹のきょうだいがいる

加藤諦三氏の〆の言葉『外面(ソトヅラ)が良くて、内面(ウチヅラ)の悪い男、最も卑怯な男である』ヒルティ

加藤氏、中川氏の回答に、執拗に食い下がる相談者から、もしかして・・

ここからは管理人の勝手な妄想の世界

けして、けして、パーソナリティや回答者のアドバイスに異議を申し立てるわけではありません(汗)

もしも、義姉と夫が禁忌な関係だったら

そして、義姉の子の父親が夫だったら

この義姉だけにお金を貸したり

自分の子と優劣つけれないのも納得できないか?

相談者も言っている、義姉と夫の特別な関係

そう思って聴いて欲しい、読んで欲しい

真実は、明かされないが・・

目次

スポンサーリンク

自分の子供達い愛情を向けてほしい

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもしぃ?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いいたします。
加藤諦:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:58歳です。
加藤諦:58歳・・結婚してます?
相談者:はい、
加藤諦:ご主人何歳ですか?

相談者:63歳です。
加藤諦:63歳、でぇ今ぁ、お二人で暮らしてるんですか?
相談者:娘とです。
加藤諦:お嬢さん何歳ですか?

相談者:30、3歳です。
加藤諦:33?(はい)、はいわかりました、でぇ、どんな相談ですか?

相談者:夫には、(はい)三人姉妹がおりましてぇ、(え、はい)、その、すぐ上の姉なんですけれども、(はい)夫とものすごく距離が近いんですね、(はい)心の距離が、(はい、はい)離れたところに、姉たちは住んでるいるんですけれども、(はい)すぐ上の、姉と、夫というのがぁ、わたしが結婚する前からぁ、(はい)

相談者:ものすごく、金銭的な援助をしたりとか、(はい)、あの娘が、おりましてぇ、姉はすぐ離婚しておりましたのでぇ、(はい)父親代わりの役割をしたりとか、(はい)っていう感じだったんですけれども、(はい)わたしどもと結婚してぇ、子供が生まれてもぉ、(はい)姉との関係について状況が全く、変わらないんですね。

加藤諦:あ、あ、ああ・・
相談者:でぇ、とてもあの夫自身は外面がすごくいい人でぇ、(はい)とても優しくって、いい人って印象、皆様にもたれましてぇ、(はい)でぇもちろん姉たちも、怒ったところ見たこともなく、(はい)自分の子供や、お嫁さんに対してもきっとそうだろうというふうに思ってるんですね、(はぁい)

相談者:でも実際はですねぇ、(はい)、姉の、子供達の方を優先して・・我が子に対して・・こういうことしてあげたいなっていう気持ちが夫に全くぅ、ないんですね、(はい)、どちらかと言うと、姉と、姉のその家族に対してぇ、喜んでもらいたいっていう一心でやってるんですよ、(はい)

相談者:でぇ、姉の娘も、娘の、子供?(はい)たちも・・夫に対して、ほんとに、甘えるのは上手なんですね、(あ、はぁい)、でぇ、夫も・・自分は・・お姉さんや、その子供たちから・・甘えられて嬉しい、頼りにされて嬉しいっていうことを日々申しておりまして、(はぁい)・・・

相談者:ただ、言われたら断れないんですよ、(はぁい)でぇ、姉からも、わたしからよく、お金の、話を結構されましてぇ、(はい)「必ず返すから」って言われるんですけれども、(はい)お金が渡っても、返してくれることはなくてぇ、(はい)

相談者:「返せなくなった」って姉から、連絡が来ると、「大丈夫だよ、気持ちは受け取ってるから」・・っていう感じでぇ、催促もその後一切しないんですね、(はぁい)、でぇ、姉との関係でいつもわたしと喧嘩になってぇ、(はい)

相談者:「返してもらう筋合いは無いんだ」「俺が働いた金だから」・・「俺の言うことが聞けないのか」・・っていう感じでぇ、家の中でものすごい怒りの感情をあらわにしてぇ、それをわたしにぶちまけるですね、(はいはい)

・・

加藤諦:先ほど外面が良いって言いましたけれども、人間の攻撃性っていうのは、(はい) 一番安全なところに向かいますから、63歳の夫は、(はい)あなたが一番安全なんですよ、だから不満は全部あなたに持って行くんです。

相談者:あ、ああ・・
加藤諦:それで外に対しては・・安全な場所じゃないですから、(はい)・・みんないい顔しちゃうんです。
相談者:そうですねぇ、

加藤諦:これはあのヒルティという人が・・男の中で最も卑怯な男だっていうんですよ、
相談者:あ、ああ・・わかります・・あのぉ、わたしぃ、夫に言ったことがあるんですけれども、(ええ)、お願いだから(ええ)、「他人様と同じ扱いでいいのでしていただけませんか」って言ったことがあります。

加藤諦:ああ、無理だね、
相談者:どうして優しく出来ないんですか?

加藤諦:だってぇ、優しくできないでしょう、いろんな・・人と接したらぁ、不満が出るもん・・・怒りも・・嘆きも・・悲しみも・・(うん)、それをそのまま・・表現できるのは、一番甘えられる人でしょ、

相談者:ふぅーん・・
加藤諦:つまりあなたに、全部表現してんですよ、

相談者:それをしたらぁ・・人はぁ・・嫌いになる・・っていう自覚はないんですか?
加藤諦:自覚がぁ、あるもないも、それ以外に生きていかれないんですよ、

相談者:生きていかれない?

加藤諦:あなた以外の人は、(うん)不満を持ってもその不満の、を、表現できないんですよ、気に入られたいから、
相談者:そうですね、
加藤諦:だから、周りの人には迎合するんです。

相談者:はい、

加藤諦:でぇ、あなたには攻撃性になるんです。

相談者:はい、

加藤諦:だから・・ヒルティの言うように、男の中で最も卑怯な男だっていうのはそういうことなの、
相談者:じゃあ逆にですねぇ・・お姉さんと、どうして、縁を切れないのか?ってあたし思うんですよ、
加藤諦:そりゃ切れないでしょう、

相談者:お姉さんと縁を切ってぇ、わたしや子供達を大切にすればぁ、もっと楽しい人生があると思うのに、なぜそれができないのか・・いや、うん、
加藤諦:だってあなた、全くご主人を理解していないから、

相談者:***
加藤諦:ご主人は大人になった幼児なんですよ、

加藤諦:社会人としては大人です。肉体的には大人です・・だけど感情は幼児です・・・だから人を愛するなんて事は、こりゃできないです。

相談者:じゃあ、お姉さん達の事はぁ・・好きだからやってるだけではないんです?

加藤諦:好きだからやってるんじゃないですよ、

加藤諦:でぇ、今日のあなたの相談っていうのはどういうことですか?
相談者:その人達に向ける・・愛情を少しでも子供達に向けることってできないものかな、と思いまして、
加藤諦:わかりました、これはもう(はい)極めて一般的な・・問題です。

相談者:はい、
加藤諦:スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  管理人さんの ご勝手な 妄想 (・・? を前提に 読むと(聞くと)納得できますね。
     やはり そんなに嫌なら さっさとわかれなはれ !

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA