テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年8月8日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
47歳女性から、離婚して実家に戻ったが母からイジメられて息子も虐待を受けたので家を出た。母と縁を切りたいのですというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は47歳女性、長男(小学5年生)と2人暮らし。12年前に結婚し10年前に離婚、一人暮らしの母72歳、母の姉(伯母)夫婦

加藤諦三氏の〆の言葉『攻撃性は安全な場所に向けられる』

目次

スポンサーリンク

母と縁を切りたい

加藤諦:もしもし?
相談者:よろしくお願いします。
加藤諦:はいテレフォン人生相談です。

加藤諦:最初に、年齢を教えてください。
相談者:47歳です。
加藤諦:47歳・・結婚してます?

相談者:10年前に離婚しました。
加藤諦:今は、そうすっと、お一人で暮らしてるんですか?

相談者:息子が一人、小学5年生です。
加藤諦:小学校、5年生の息子・・(はい)

加藤諦:と、二人で暮らしてるわけですね?
相談者:はい、そうです、
加藤諦:はいわかりました、でぇ、どんな相談ですか?

相談者:母との関係なんですけれども、(はい)、***
加藤諦:お母さんは今別に、暮らしてんですね?
相談者:あ、はい・・えっと、一人・・
加藤諦:お母さんは何歳ですか?

相談者:っと、72歳です。一人暮らしです。
加藤諦:70・・はぁい、でぇ?
相談者:子供の、頃、わたし、大切に両親から、育・・ってたんですがぁ、

相談者:社会人になった頃から、母は・・ちょっと人が変わってしまったようになってしまったんです・・たぶん父の女性関係が、出てきた頃、からだと思うんですがぁ、(はぁい)

相談者:それから、わたしにぃ、対してぇ、イジメ・・って言いますか、そんな感じのぉ、態度に、母は、なってしまいましてぇ・・それから今まで・・

加藤諦:お母さんがぁ、あなたをいじめる、ようになった・・
相談者:はい・・***

加藤諦:という事は、お母さんは要するに、(はい)本当はあなたが(はい)、憎らしいわけじゃなくて夫が憎らしいんだけれども、(はい)女性関係があるんで、夫に対する憎しみを・・あなたに置き換えていくわけですね?

相談者:そうだと思います。
加藤諦:はぁい・・でぇ、そのイジメっていうのは、どのくらいひどかったですか?

相談者:わたしが社会人に、なった、くらいに・・彼氏が、できたんですがぁ、(はい)そのぉ、ことを、あたしの手帖を見て友人に探りを入れたりとかぁ、ゴミ箱を見て、(はぁい)何かないかとかぁ、(はい)そういう、ふうに、監視、ですかねぇ、

相談者:あとぉ、家族の夕ご飯作っていたんですけどぉ、(うん)それを捨てられたりとかぁ・・無視が一ヶ月続いたりとかぁ、(ああ、はぁ)そういう、感じでした。

加藤諦:うん・・それであなたは、結婚はいつしたんですか?

相談者:12年前に結婚してぇ、10年前に離婚しました。
加藤諦:ああ、そうですか、じゃあ2年間だけぇ、結婚、生活はしたわけですね、
相談者:そう、ですね、1年半ぐらい、だったと思います。
加藤諦:1年半ぐらい・・

相談者:でぇ、また実家に戻ってきたんですけれどもぉ、(はい)また、イジメが始まったので一度は、家を、出ようとしたんですがぁ、(はい)母から、謝られてぇ、「出て行かないで欲しい」と・・言われましてぇ、留まったです、その時は、(ええ)

相談者:でも、またぁ、今度は息子に虐待をするようになったのでぇ、5年前に、家を出てぇ・・それからわたしはすごく幸せに、なったんですけれども、(はぁい)でもわたしの住んでる地域は、ちょっと車がないと生活できないようなところでぇ、(はい)

相談者:母は車の運転ができないので、(はい)1年ぐらい前からぁ、週1回、わたしが買い物支援、連れてってるんです。(はい)、でぇ、週1回会うたびに、また嫌なことをわたしに、言ってくるん、です。(はい)

相談者:でぇ、だんだん子育てに、口出しするようになってきましてぇ、(はぁい)、「あんたの子育て間違ってる」・・(ああ、はあ)って、おととい、はっきり言われたんです。(はい、はい)・・それでぇ、そこまで言われてぇ(涙声)・・もうほんとは、買い物支援辞めたいんですが、(はい)

相談者:買い物に不自由、になってしまうのでぇ、我慢して続けた方がいいのか・・それとも、もうきっぱり、縁を切る、じゃないですけれど、やめて、しまっていいのか、

加藤諦:それはあの、きっぱり縁を切った方がいいに決まってるけど、お母さんの方がぁ・・縁、切らないでしょう?(そうですねぇ)お母さん、(うん)必死ですから、(うん、うん)、要するに、お母さんは・・(はい)あなたに不満が、ぶつけて、(はい)、だけど、一人になるのが不安なんですよ、
相談者:はぁーい、

加藤諦:不安っていうのはものすごい強い感情ですからぁ、(あっ)そう簡単にあなたから離れられないですよね、

相談者:そうですかぁ、(うん)

加藤諦:それで今日のあなたの相談というのはどういうことですか?

相談者:はい、
加藤諦:このお母さんと、(はい)、縁を切りたいということですか?

相談者:そうですねぇ、そこまでして、いいものか、でも可哀想でぇ・・我慢して続けるか、ズッ、あと、あたしの子育てほんとに間違ってるのか?、とか・・
加藤諦:ああ、あなたの子育てが間違ってるとお母さんにはっきり言われたからぁ、
相談者:はい・・

加藤諦:わたしの子育てで、間違ってんか、ろうかどうかということですね?
相談者:はぁい、そ・・
加藤諦:はい、わかりました。今日はあのぉ・・スタジオに心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA