テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年8月12日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
73歳女性から、21歳の孫娘が親のカードを使い込み実家から飛び出し我が家に来た。仕事も辞め自立できない孫娘とどう向き合えばいいのか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は73歳女性、夫81歳、3ヶ月前から孫娘21歳が来ている。他、息子、嫁、孫娘の姉?

加藤諦三氏の〆の言葉『自分の人生を活性化する最も安易な方法は、他人の人生に絡んでいくことです』

目次

スポンサーリンク

この私の不安をどうしたらいい?

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもしぃ・・
加藤諦:はいテレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いいたします。
加藤諦:最初に年齢を教えてください。

相談者:はい、わたしは73歳です。
加藤諦:73歳、結婚してます?(はい)、ご主人何歳ですか?(81です)、81歳、(はい)でぇ、お二人で暮らしてんの?
相談者:いいえ、孫のことでちょっと、相談したいと思って、

加藤諦:お孫さんは何歳ですか?
相談者:21歳です、女の子の21歳です。
加藤諦:21歳で女の子、(はい)でぇ、どんな相談ですか?

相談者:それで、その子が、うちを出てぇ、親が探せなくってぇ、母親が、「来てませんか?」って、メール来たんで、母親から、あたしがメールで、「どこにも行かないで家に来るんだよ」っていうことを、メールしましたぁ、

相談者:そしたら家のほうにきたんですね、(ええ)それで、丸三ヶ月になりますか、(ええ)その子が、来ててぇ、両親と、お金の問題があったらしくってぇ、カードを使えるようにしてたみたいですね、(はい)

相談者:そいでいろんな、引き落としがすごいんでぇ、(あっ)調べたらやっぱり使ってるっていうことで、(ええ)そのお金を、「返してくれ」と、言ってるわけですよ、親が、(はい)

相談者:でぇ、働いてたんですけども、(うん)職場の、おばあさんがどうのこうので辞めちゃったらしいんです。(はい)それで、一人暮らししたいと、思っていたみたいなんですね、(ええ)でもそれができないん、ですよねまだ、ほんとに、正規に勤めてるわけでもないし、(はい)

相談者:バイトなのでぇ、(はい)それで、来て、一ヶ月くらいしてから、あたしが住んでるところの、区役所に聞きに行ったら、やっぱり、それは、住んでるところの、役所の方に行って聞いてくださいということで、足を運んで聞いたんですね、(ええ)

相談者:そしたらやっぱり本人、が、来ないとぉ、ダメっていうことだったんですね、ちゃんと、話は、してぇ、もらえなかったんですね、うん、それで・・
加藤諦:うん、それを常識から言って、あなたのやってることがで過ぎてるもん、

相談者:そうですかぁ・・
加藤諦:だってぇ、あなた、ご主人、81歳でしょう、(はいそうです)、片方は21歳のお嬢さんでしょ、

相談者:この子には言ってます。あと一年ぐらいしか、面倒見れないけれども、
加藤諦:一年ぐらいの面倒なんてもう、みれないどころかもう、みる必要ないでしょ、
相談者:いやぁ・・ほんとにこの子は、小学生中学生から問題の多い・・子だったみたいでぇ、

相談者:すごく気には、かけてたんですねぇ、(ええ)やっぱりこうなるんだ・・っていう感じです、今は、

加藤諦:だけどなんか、余計なことをやってるって感じはしないですか?
相談者:うーん、余計なことですよねぇ・・
加藤諦:そこがあなたの、今日の相談のメインで、なんでこの相談をして、きたんですかっていう、ところなんですけど、

相談者:主人と話をいろいろ、したりはしてたんですけどもね、(うん)なかなか、やっぱ主人もおとなしい方なんで、二人では解決できないなと思って、ま、息子もちょっと、おとなしいところがあって、話を持っていけない、お嫁さんも、「口出すのをやめてください」とか「いい加減にしてください」って、か言われてるんです。メールできてるんですねぇ、

加藤諦:うん、だから(確かに)、そのおとなしいっていう、いい表現を使うこと自体が、おかしいんじゃないの?
相談者:うーん・・
加藤諦:人から悪く言われることが怖いんじゃないの?

相談者:いや、怖くはないですけどね、
加藤諦:それだったらこの21のお嬢さんに、なんで、家に、来なさいなんてこと言うわけですか?

相談者:ま、最初きたときにはぁ、遊ぼうと思って、遊ばれたりするときもあるからねぇ、っていうことを、言った、そんなのしてないって、(でぇ)この女の子は言ってましたけどぉ、そういう心配があるわけですよ、

加藤諦:いや、だから、
相談者:あたしが心配するのは、やっぱりおかしいんですかねぇ?
加藤諦:そうすっと今日の、相談というのはどういうことなんですか?

相談者:この子を、どういうふうに、くどくっていうか、話をしてぇ、動かすっていうかぁ・・

加藤諦:この子の・・責任者は誰ですか?・・・母親でしょ、
相談者:あ、そうですねぇ、母親ですねぇ、その母親も・・

加藤諦:母親に・・本来の、責任を果たすことを・・求めないで・・・なんで、この高齢をあなたが・・(うん・・)それを背負い込んでぇ、(うん)しかも、周りの評判がも、気にしてこういう事しちゃう、その弱さっていう**、弱いっていう表現じゃなくてぇ、おとなしいっていう、いい表現にしちゃうんですよね、

相談者:あ、ああ・・

加藤諦:もっと言えば、もっとキツい、ごめんなさいね、あのぉ、せっかく電話掛けてぇ(いえ)、きてくれたのに、(あ、はぁい)あなた、周りに迎合しすぎてんですよ、(はぁぁ・・)

相談者:そうですかぁ・・
加藤諦:うん、だから、不安なんですよあなた自身が、自分が、
相談者:あ、それはあるでしょうねぇ、

加藤諦:だから、基本はあなたが不安だから出ている行動を、(はい)それをわたしが、不安だからこういう風になっちゃうんです、って言わないで、孫の面倒を見なければいけないというふうに、合理化しちゃうんですよ、(ああ・・)

加藤諦:ちょっと難しい言葉使うと、(はい)不安の消極的な解決なんですよ、
相談者:ああ・・

加藤諦:不安な時に(はい)、子供の、を怒ったとしますよねぇ、(はい)怒ってぇ、(はい)、それなのに、(はい)躾のために怒ったっというように言い方をしちゃうのが、合理化なんですよ、(はあ・・)

加藤諦:消極的な解決っていうのはそういうことです。(ああ・・)だからあなたは自分のやる事を(はい)・・全部、良い方に評価しちゃうんです。
相談者:ああ、そういうとこあります、はい、

加藤諦:じゃなくてあなたは自分の、今やってる事は、基本はあなた自身が不安なんですよ。
相談者:確かに先考えると不安ですよねぇ、

加藤諦:そうすっと今日の相談というのは、このわたしの不安をどうしたらいいですか?ってことですか?
相談者:ああ、そういうことになりますねぇ、じゃあねえ、

加藤諦:これはちょっと難しい(ええ)相談ですけれども、(はい)今日はスタジオに、(はい)弁護士の、(はい)中川潤先生がいらしてんので、(はい)伺ってみたいと思います。(あっ)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  加藤 中川 両先生 共に 怒っておられたかな❔
     孫に構いたくなるお気持ちは分かりますが やはり ご自身 今後の生活第一で 孫のことは 息子夫婦にお任せなさい、老婆心をいくら発揮しても いいことはあり得ません!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA