テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年8月15日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
夏休み子育て週間、47歳女性から、離婚して一人で育てている7歳の子供が「学校へ行きたくない」「自分を切り刻んで死ぬ」と泣くのでどうしたらいいかわからないんですというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は47歳女性、息子7歳、7年前に離婚し母子家庭

加藤諦三氏の〆の言葉『愛着人物との関係の不安定、それはその人の一生、尾を引きます』

目次

スポンサーリンク

学校へ行きたくないとグズる7歳息子

加藤諦:もしもし?
相談者:はい、
加藤諦:はいテレフォン人生相談です。
相談者:はい、よろしくお願いいたします。

加藤諦:最初に、年齢を教えてください。
相談者:47歳です。
加藤諦:47歳、結婚してますぅ?
相談者:離婚しました。
加藤諦:何年前ですか?
相談者:えっと、7年前です.
加藤諦:7年前、お子さんは?
相談者:はい、一人、おります。

加藤諦:今一緒に、暮らしてんのは、
相談者:あ、えっと、息子です。
加藤諦:息子、(はい)息子さん何歳ですか?
相談者:7歳です。
加藤諦:7歳・・はいわかりました、(はい)それでどんな相談ですか?

相談者:二週間ぐらい前からぁ、(はい)「学校に行きたくない」とぐずりだしましてぇ、(ええ)ぐずりだした、初日は、無理矢理、手を引っ張ってぇ、学校に連れて行った、んですけれどもぉ、(ええ)

相談者:泣いてぇ、いたんですけども、わたしの出勤の時間が近づいていたのでぇ、(はい)そのままぁ・・学校に、置いて、きたんですがぁ、(はいはい)次の日、また行きたくないと、すごくぐずりましてぇ、(はい)

相談者:一時間かけてぇ、説得して、車に乗せて、学校に連れて行ったんですけども、(はい)、車から降りてくれなくってぇ、(はい)「自分を切り刻んで死ぬ」と言って泣き出したのでぇ、(はい)

相談者:休ませました。(はい)でぇ、次の日も、「行きたくない」ってグズったんですけども、(はい)「学校に、行かない僕でも、好きでいてくれるか?」って聞いてきたので、(ええ)「大好きだよ」って言ってぇ、たぶん、わたしが無理させてしまってるんだと思ってぇ、(ええ)

相談者:その日も休ませました。(はい)でぇ、それで元気になってくれるかなと思ってたんですけども、さらにぐずるようになってぇ、でぇ、なんとか説得して、遅刻はしてるんですけれども、学校には、1時間とかぁ・・行ってはいるんですけれども、(はい)

相談者:でぇ、あたしぃ、息子が「死ぬ」と言ってぇ、言ったのでぇ、スゥゥ、わたしもぉ、何か、ちょっと辛いことがあったりするとぉ、いつも口癖のように、「死にたい」って(息をのむ諦三)言ってしまっていたのでぇ、子供の前で、(うんうんうん)

相談者:それでぇ、それがぁ原因でぇ、息子も、「死ぬ」って、言い出したんじゃないか、っと思ってぇ、(うんうんうん)もう、どうしたらいいかもわからなくなってしまってぇ、(うん)

相談者:それでぇ、わたしに、伝えたいことがあるなら、文句の手紙とか、書いて、っていう話をして書いてもらったら、(うん)『気持ちを殺してる』ってぇ、(ううん)書いてきたんです。(うん)

相談者:それでぇ、ほんとに無理させてしまってたんだな、ってぇ、思ってぇ、いるんですけども、あたしもひとりで育てていてぇ、もう仕事を休んだりとかぁ、(うん)するとぉ、失業してしまうのでぇ、(うん)もうどうしていいかわかんなくなってしまってぇ、(う、うんうんうん)ご相談のお電話、させていただきました。(うんうんうん)

加藤諦:いやあ、よく電話ぁ、かけてくれましたねぇ、あなたが「死にたい」って、わたしが口にするんでぇ、息子が「死ぬ」ってぇ、言うんじゃないかってぇ、おそらくあなた自身もぉ、「死にたい」って思うことがぁ、たくさんあるんでしょうねぇ、

相談者:はい・・

加藤諦:そいで、7年前ぇ、に、離婚という事はぁ・・(はぁい)・・息子からすればぁ、(はい)もう生まれたときには、お母さんしかいないということ?

相談者:そうです。

加藤諦:それで、二週間前に学校に行きたくないって、言ったっていうことですけど・・幼児期の頃っていうのは、そういう事は言わなかったわけ?
相談者:いえ、わたしも、仕事ぉ・・が、あったものなのでぇ、スゥゥ、ほとんど、おばあちゃんに、送り迎えをしてぇ、もらっていた、んですね、ズズッ・・

相談者:その時から、「もう行きたくない」ってぇ、ぐずっていたようなんですけれども、(うん)園に着くとぉ、みんな、遊んだりぃ、あと、先生と、遊んだりしてぇ、そんなに、トラブルを起こすっていうような事は、なかったようなんですけれど、

加藤諦:まあ、息子からすればだって、かなり、良い子でいたわけですよ、気持ちを殺して生きてきたっていうことを、手紙に書くっていうことはぁ、(はぁい)それで今日のあなたの相談っていうのはぁ、(はい)

加藤諦:とにかく、今7歳でぇ、(はい)まあ、こういうような状態になっていて、(はい)この子に、どう接したらいいか?っていうことですね、
相談者:はい、

加藤諦:大変難しいことだと思いますけど、幸い今日は、子育ての天才です。幼児教育研究の、大原敬子先生にお話を伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA