テレフォン人生相談
柴田理恵・塩谷崇之

柴田理恵・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2022年8月18日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
夏休み子育て特集、66歳女性から、33歳の次女が子供に歯を磨かせるときに両足を押さえて血が出るまで歯を磨かせるのでやめるように言ったら疎遠になったというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

相談者は66歳女性、夫は10年前に他界、長男38歳、長女36歳、次女33歳、次女の子供2人(3歳の女の子と8ヶ月の男の子)

目次

スポンサーリンク

血が出るまで歯を磨かせる

柴田理:もしもしぃ、(はい)テレフォン人生相談です、今日は、どんなご相談ですか?
相談者:わたしのあのぉ、次女、娘と、(はい)それからその子供の、わたしの孫ですが、(はい)それについてのご相談なんです、はい、

柴田理:あなた今おいくつですか?
相談者:66歳です。
柴田理:ご主人はぁ?
相談者:10年前に亡くなりました.
柴田理:次女の方、は、おいくつですか?
相談者:30、3歳です。
柴田理:ってこ、ことは、おね、お姉さまとかお兄さまとか(はい)いらっしゃるんですね?
相談者:はい、そうですね、はい、あの、長男、38歳、長女、36です。
柴田理:はい、

柴田理:次女の方はぁ、(はい)ご結婚なさっててぇ、(そうですね、はい)ん・・
相談者:っと、よ、四年前に結婚してぇ、(はい)今、あのぉ、上の娘が、に、3歳と、(はい)下の子が、8ヶ月です。で、男の子です。
柴田理:はい、男の子が、はい、

相談者:あの、半年前に、(はい)下の、男の子が生まれて、初めてうちに、4ヶ月ですかね、(はい)来たんです。(はい、はい)遊びに、連れて、(はい)それで、そのときに、あの、歯磨きするからって言って、その長女、孫の、

相談者:部屋にこう、ドアを閉めて入ったんですね、(うん)あのぉ、わたしが呼ばれて、孫の、(うん)、あのぉ、お母さん、足を捕まえって、って言うんです。えっ?って思って、歯磨きをするから、その足をもってって言うんですよ、

柴田理:次女の方がぁ、
相談者:次女の子、娘、あの、歯磨きをする・・
柴田理:3歳の子の、足を(はい)、足をもってろ、
相談者:って言うんです、
柴田理:もってて、はい、はい、
相談者:ほいでぇ、じゃあ、そこから、30分間、(はい)以上なんですが、(はい)

相談者:歯ブラシでこう、血だらけになるのに、
柴田理:ええっ!?
相談者:ずーっと、こう、歯磨きを続けるんです。

柴田理:ええっ!・・うん、
相談者:でぇ、わたしども、途中で、「やめて」「やめて」って言うんですけど、(はい)「これは、保健師さんに教わってるから・・」あのぉ、「わたしはやめないから」って、ずっと泣き叫ぶ子供を、続けたんですね、

相談者:それでぇ、
柴田理:そんな事毎日やってんですか?
相談者:そう、ってことがわかったんです。それで、それはやっぱりわたしは間違ってると思うと言って、娘に教えたんですが、自分は保健師さんに習ってるから、でぇ、わたしは間違ってないから・・って言うんです。

相談者:でもわたしは、いけないと思うよ、ってことで、それで物別れに終わったんですけど、(はい)その翌日も、(はい)また夜、歯磨きをするからと言って今度は、長女の方呼んで、(はい)長女に、「足押さえてて」って言って、また始まったんです。

相談者:それでぇ、わたしはぁ、そのとき回覧板を、あのぉ、回しに行ってたら、3、4軒先でも、あの孫の、泣き叫ぶ声が聞こえたもんですから、
柴田理:うわぁぁぁ・・

相談者:でぇ、ほんとに「とんでもない」って言って、もう、わたしほんとにもう、泣きながらお願いして、「ほんとにやめてちょうだい」って言ったんです。(うん)わたしはもう、なんか、どうしていいかわからなくってぇ、(はい)そいでぇ、お婿さんのほうに、(はいはい)あのぉ、LINEにしたんですね、(うんうんうん)

相談者:でぇ、前回来たときよりも、その孫の様子がね(うん)、なんとなく、常にこう、次女の顔色伺ってるような気がしたのでぇ(うーん)、あのあなたのほうから、何とかそれ、やめさせてもらえないかしらっていうふうに(ふん)お願いしたんです。(うんうん)

相談者:そしたらまた長々とこ返事がきましてぇ(はい)、自分は、その次女のぉ(うん)、そのやり方を尊重してると、自分には何も、言うつもりはないし、(はい)それでいいと思ってるって言うんです。(はああ・・)

相談者:それでもう、なんともらちがあかないなぁと思いましてぇ(はああ・・)、娘の住んでるぅ、街の、市役所の、(はい)支援センターに電話して(はい)、保健婦さんに本当にこういうことを教えるでしょうか?って(あっ)、聞いたんですね、(はいはいはい)

相談者:そしたらぁ、ま、そのお返事はなかったんですがぁ、(はい)産後に、様子は見に行ってるのでぇ、(うん)あのぉ、娘のところにも、(はい)じゃあ、ちょっとぉ、見てきますっていうことで、答えてくださったのでぇ、(はぁい)でぇちょっと安心はしたんですがぁ、(はい)

相談者:でぇ、3、4日経っても、何も連絡はないのでぇ、また電話しましたら、支援センターに(はい)、結果については何も教えられないって言われたんです。

相談者:えっ?わたしが発信したのに、(うーん)わたしには何も教えていただけないんですかぁ?って言ったんですがぁ、そういうふうに決まってるからということでぇ、どういう話をされたのか、結果がどうなったのかも全く分からずじまいでぇ、(はああ・・)そのままになってあったんですね、(はい)

相談者:でぇ、それからも、あのぉ、次女からは、節句のお祝いとかそういうのも一切いらないっていうLINEが来たっきりでぇ、(はああ・・)あのぉ、もう・・半年になるんですがぁ、没交渉の状態なんです。(はぁい、はぁい、はぁい)

相談者:でぇ、わたしはもう孫のことも、と、気になりますしぃ、(はぁい)次女との関係も、このままでは、と思いますしぃ、(うーん)わたしは、どう・・動いたらいいのか?っていうのが、今一番、悩んでるところなんです。

柴田理:あの、お姉さんはどう、おっしゃってるんですか?(あっ)一緒に、足押さえたぁ、
相談者:あり得ないっていうことでぇ、長女も、公のところにっていうふうに、今、言ったんです。(はい)でぇ、そのあと、何度かぁ、次女のほうに連絡してるんですけどぉ、(うん)「わたしは悪くないから」っていうことだけ、一点張りなんだそうです。でも、い、いいの、お母さんとはって、いうふうには、言ってるとはいうんですけどぉ、

柴田理:血だらけになるまでっていうのはねぇ、ちょっとぉ・・
相談者:あり得ないですよねぇ、
柴田理:あり得ないですねぇ、はぁい、(はぁい)

相談者:もう、なんかもう、ほんとにティッシュが何枚もこう、あかぁくなるまでぇ(うわぁ・・)やるんですぅ、はぁい、
柴田理:なんか他にぃ、次女の方にぃ、潔癖症なぁ、教育の、し、躾とかぁ、(はい)そういうところありませんか、(あっ)歯磨き以外に、

相談者:二番目の男の子産むときもぉ、(はい)あのぉ、あたしが、手伝いに行くよって言ってもぉ、(うん)もう一切、全否定、全拒否というかぁ、いいって言うんですねぇ、(はぁい)こう、ま、もともとそういう傾向あったんですけどぉ、(うん)

相談者:一応、遠慮して言うんです、二人でやってみるからぁって言って、言うんです、(うん)なのでぇ、それはそれで尊重してわたしも、一切、行かなかったんですが、(うん)その後、お宮参りとか、なんとかも、二人でやるからいいって言って、(うん)もう全部、拒否でぇ、

相談者:最初の子供の時も、うちで出産したんですがぁ、(うん)ちょっと、のミスで、すぐに帰ってしまうっていうか、(うん)なんか、(うん)そういう、(うん)ちょっと難しいとこもある子でぇ、

柴田理:子供の頃から、そのとても、潔癖だったとかぁ、例えば先生から、こうこうにしろ、って言われたらもう、ひたすらやり続けるとかぁ、(はい)そういう傾向の、お子さんですかぁ?

相談者:ほとんど年子なんですよ(はい)、でぇ、それで、夫の仕事、自営の仕事を手伝いながら、(うん)三人を育ててっていう状態だったのでぇ、(うん)次女はぁ(うん)、わたしはほんとに手をかけてないっていうのは(うん)、わたし、常にこう、あったんですねぇ(うんうん)、

相談者:なのでぇ、この子のこと、わかってあげてないっていうのは、ずーっと、あたしもなんか、引きずってた思いはあったんです。(うーん)なんとなく遠慮がちにあの子には、接するみたい、(うーん)でぇ、あの子も、あまり、人と接したくないっていうのが、感じられるような子だったのでぇ、

相談者:もしかしたらわたしがぁ、支援センターに連絡なんかしたからぁ、(うん)余計ぇ、娘のほうも、あたしのことを、こうちょっと、もう許せない、長女には、「許せない」って言ったみたいなのでぇ、(あ、ああ・・ん)もしかしたらあのぉ、

相談者:最初はあのぉ、夫の方に言ったこと、許せないって言ったんですね、はい、
柴田理:ご主人も・・それはいいんだ、みたいなことを言う、(おかしい)ご主人も、ちょっと(そうですねぇ、それで)、不思議だなっとぉ、思いますけどぉ、(そうなんです)

柴田理:お子さんのことが心配ですもんねぇ、
相談者:はぁーい、そうなんですぅ、
柴田理:歯磨きだけですか?
相談者:だけぇ、そ、それ以外でその、妙にキツくあたってる、っとかなくぅ、なのでわたしが今、出来ること?(うん)がぁ、あるのかどうかを、(うーん)あのぉ、お伺いしたくて、このままわたしが黙ってていいんだろうかっていうのが、(ああ・・)はぁい、

相談者:はい、すいません、
柴田理:じゃあ、ちょっと先生に、聞いてみましょう。今日の回答者の先生は、(はい)弁護士の、塩谷崇之先生です。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  この次女さん 歯磨きだけでなく 他のことにも 強いこだわり 思い込んだらどこまでも(・・? では 無いでしょうか もし歯磨きが解決しても お孫さんの成長に伴い 他のこと(例えばしつけ 教育)などでも 変なお考えのもと 突き進まれるのでは(・・?
     これは弁護士先生より 高橋医師の方がよかったかも  明らかに 統合失調症の傾向が あるかも(・・?

     そんな妻に対して夫は 口も手も出せないでいるのでは(・・?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA