テレフォン人生相談
柴田理恵・高橋龍太郎

柴田理恵・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2022年8月25日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
夏休み子育て週間、55歳女性から、中3の次女はテスト前に眩暈や頭痛が続き学校へ行き渋り高3の長男は不安で自分に自信がないと言う。子育てに失敗したというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、精神科医の高橋龍太郎さんが回答者です。

相談者は55歳女性、夫53歳、長女21歳、長男17歳(高校3年生)、次女15歳(中学3年生)の5人家族

目次

スポンサーリンク

これから出来る事を教えて

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですかぁ?
相談者:子育ての失敗と言いますか、
柴田理:えっとあなた、おいくつですか?
相談者:55歳です。

柴田理:はい、っと、ご主人さまは?
相談者:53歳です。
柴田理:はい、お子さんは、(はい)何人いらっしゃるんですか?
相談者:三人でぇ、長女が21、長男が17、次女が15です。

柴田理:子育て、を、失敗なさったっておっしゃるんですけどぉ、
相談者:主に、長男と次女、(はい)に、ちょっと、失敗したかなぁ、とか思うような、次女に関しては、(うん)今中学3年生なんですけれど、(はい)中1になった頃から、すごい緊張、した状態が続くような感じがあって、試験前とかになると、眩暈がしたり頭痛がしたり吐き気がしたり、

柴田理:あ、ああ、ああ・・
相談者:最初は中学になったばっかりだしなぁ・・(うん)とか言う風で、様子を見てたんですけれども(うん)、

柴田理:試験勉強も、出来ない感じ?
相談者:なんとか、(やってぇ)やるんですけど、はい、
柴田理:でぇ、試験は受けられるんですか?

相談者:不登校にもならないし、
柴田理:ならない、うんうん、
相談者:まぁあの、いよいよ体調が悪くなるとまぁ、一日は休んで(うんうん)、まぁ、治って行くって言う、出席日数的にも、別に問題(問題はない)・・はないし、(うんうん)表面的には、まぁそんなこともあるかな、(うん)ちょっと心配な様子だという程度ですが、(うん)

相談者:でぇ、過ごしてて、「もう行きたくない」って泣きだした時がありましてぇ(うん)、その時は、あのぉ、不安で不安で仕方がないし(うん)、40歳ぐらいの自分を想像すると、怖くなってぇ、普通に考えたらおかしいですけど(うん)、

相談者:もともと、すごい不安感があるんだと思うんですよ、(うん、うん)でぇ、学校の人達の全員が嫌いだし、(ふん)誰も信じることができないし、高校へも行きたくないし、学校へも行きたくないって・・

柴田理:えっ?学校行かなくなっちゃったんですか?
相談者:二日ほど休んだ後に、(うん)わたし、が、もう腹をくくって、フリースクールというかそういうのを探そうと思って、学校の先生にも、相談したらぁ、別室登校っていうのもあるから、それだったら欠席になりませんから、そういう対応方法もありますよとかいろいろ考えてくださって、(うん)

相談者:まあいろいろ話してるうちに、(うん)学校には行くようになって、結局不登校にはならなかったんですけども(ああ・・)、

相談者:最近、タブレットをもって近づいてきたんです。パニック障害の、情報が、(うん)書いてある画面を出してたんです。本人が自分はこれじゃないかと思う、って言うんですね、わたしの知る、範囲での本人の症状は、強い不安感と目眩と頭痛、とかですね、(うーん)

相談者:だから、よく言われる電車に乗れないとか、(うん)動悸が激しくて、なんか息ができなくて動けなくなるとかいう、事は無いんですがぁ、(うん)本人がたぶん、あまりにも不安で(うん)、たどり着いたところがそういう情報だったんじゃないかと、思うんですね、

相談者:だから病院に連れてってくれって言うからぁ、(うん)児童、精神科?って言うんですかねぇ?(はい)なんかそこを今、やっと予約が取れてぇ、(うん)受診する予定にはなっています。(うーん)

相談者:この不安・・っていう**には、ちょっと根の深い部分があって、この子を妊娠した頃、夫婦仲も、あんまり良くなくて、三人目でもう、子育てもちょっと疲れてたのでぇ、「産みたくない」って言ってぇ、「中絶させてくれ」って主人に言ったんです。

相談者:でもまあちょっと可哀想だから、産みなさいってことで、そのまま妊娠を継続してたんですけど、どうしても不安感が拭えなくて、出生前診断まで受けてぇ、(うん)検査をしたり、精神的にはこう、お腹の、子供出したくてしょうがないっていう精神状態だったんです、にゅ、妊娠中、(はい)

相談者:でもまぁ、ま、無事に生まれて、でも、どうしても、何年も、可愛いと思えなくて、三人目は、(うん)だから、上の二人、と違って、何年も何年も、自分の子供のような気がしなかったんです。

相談者:もちろん、口に出して言ったことはないですけれども、(はい)やはり、感じ取るものがあったんだと思うんです。わたしはぁ、はっきり言って、身に覚えがあるっていう、(うん)感覚でいます。

相談者:殴ったり蹴ったり罵ったり、っていうような虐待めいたことはないですけれども、(うん)わたしがヒステリックに、小さい頃イライラして怒った、子育てでありましたし、不安定さが伝わってこんなことになって、

相談者:併せて長男もですね、次女がこういうふうにゴタゴタし始めた頃、学校からカンニングをしたっていうふうに連絡がありまして、授業中も、ノ、本も出さずにボーっとしてたり、(うん)注意して聞かなかったり、

相談者:ずっと態度が悪かったって聞いて、積もり積もって、そういう、ことになったのかな、ってわたしは思ったんですね、それもまぁ、何かのサインなのかなぁと思って、ちょっと話をしてみたら、長男も(うん)、

相談者:小さい頃から、家の中がぁ、いつも「お金がない」「お金がない」って言って、揉めててぇ、そんなの見てたらもう、自分も自信がないし、自分をクズだと思ってしまっているし、次女と同じようにこう、不安で自信がないっていうようなことを、言ったんですねまぁ、同じ時期に、

相談者:自分も、子供の頃になんか、あまり、いい目に遭ってないので、(うん)自分の子供はそういうふうな目に遭わせたくないと思って、(うん)頑張ってたつもりがぁ、結局自分はぁ、自分の親と同じような目に遭わせたんだなぁと思って、こういう、ことだったんだ、なんか、わ、わき目もふらずやってきたつもりが、あっ、こういう答えをもらったんだなって、思って、まあ、自分の、家が貧乏で、母親が働かなくて、すごいお金がなくて母親のだらだらした姿を見るのが嫌だったので(う、うん・・)あんな思いさせたくないと思って、わたしは一生懸命働いてきたんですよ、(うん)
相談者:だけどもそれが裏目に出たというか、(うん)「お母さんは、家に全然いなくて、わたしはいつも一人で泣いていた」と、(うん)「誰か側にいてくれればいいのにと、ずっと思ってった」って、(うん)この間、泣いたんですね、(うん)

相談者:その言葉を聞いた時に、ああもう・・自分がい、勝手にいと思ってた(うん)ことばっかりで、なんにも、なんかぁ(涙声)・・ああ、ひとりよがりだったんだなぁと思ってぇ(涙声)
柴田理:うーん・・

相談者:じゅあ、今後は、どんなふうにしてやれば、「不安で不安でしょうがない」とか(うん)、そういう子供達の気持ちを、少しずつ拭い去っていってやれるのか(涙声)、を、相談したいなと思い・・・

柴田理:十分に優しお母さんだと思いますよ、わたしはぁ・・

相談者:(嗚咽)
柴田理:ほんとですよ、
相談者:ズズッ・・

柴田理:三人、ちゃんと育てたじゃないですか、
相談者:ウウ、その答えが、この事件と言葉だ、ったのかなと、思ってぇ、
柴田理:まだ、答えは出てないですよ、
相談者:ズズッ・・
柴田理:17だの、15だのなんて、どんなことだってしますから・・・自分だって、どんなことだってしてましたからぁ、親なんて、山ほど学校に呼ばれてたし、まだまだですよ、

相談者:長女だけ、わりに元気なのはぁ、望んで望んで生まれてぇ、最初だからわたしも、一人にしたらいけないと思って、(うん)仕事が終わったら、小学校から帰る前に帰るような、理想的な、は、母親の生活してましたので、

相談者:ところがだんだんまぁお金もいるし、仕事の時間を伸ばしたり、(うん、うん)お兄ちゃんとお姉ちゃんがいるからいいやと思って、緩くなっていったわけですよねぇ、そしたらぁ、母親まぁ、いないわけですよねぇ、あの次女にとって(うん、うん)、

相談者:だから、そこが(言葉に詰まる)・・もう気が付かなかったんです(泣)

(絞り出すように・・)
相談者:そんなにまで苦しんでたの・・(うん)つい最近まで気がつかなく(うん)・・でも、まあ、もう、過ぎた時間取り戻せないので、ほんとにこれから・・これから出来ることを・・(うん)したいなぁと思って・・ズッ・・

柴田理:わかりました、あの先生に聞いてみましょうよ(ズッ・・はい)、今日の回答者の先生は、精神科医の、高橋龍太郎先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA