テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年9月1日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
壊れる心~若者たちの葛藤~ 心が打たれ弱いと言われている若者たちの「心の問題」を特集します。30歳女性から、自分は結婚して子供も生まれ幸せだが、10年前付き合っていた彼を奪い、今は結婚し幸せに暮らしている元カレの奥さんがどうしても許せないというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は30歳女性(育休中)、夫31歳、0歳の子供が一人

加藤諦三氏の〆の言葉『人を愛する条件は積極性です』

目次

スポンサーリンク

元彼を奪い結婚した女が許せない

加藤諦:もしもし?
相談者:あ、もしもし?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。最初に、年齢を教えてください。
相談者:30歳です.
加藤諦:30歳ですか、今、一人ですか?結婚してますか?
相談者:結婚しています。
加藤諦:ご主人何歳ですか?
相談者:31です。
加藤諦:31歳、お子さんは?
相談者:0歳です。
加藤諦:0歳が一人?
相談者:はい、
加藤諦:はいわかりました、でどんな相談ですか?

相談者:どうしても許せない人がいる、憎んでしまっている人がいて、(はい)2ヶ月前までは、(はい)全然、そんなことも忘れて過ごしていたんですけれどぉ、(はい)なんかこの2ヶ月ちょっと、ふと思い出してぇ、(はい)その人のことに対してイライラして、許せなくって、その人が、幸福に、人生を送ってるんだと思うと何か、すごいそのことばっか一日中考えて、辛く過ごしているので、(ええ)

相談者:自分の気持ちを、どうにか整理させて、元の生活に戻りたいなっていう(うーん)ところです。

加藤諦:その、どうーしても、許せない人っていうのは、どういう関係の人ですか?
相談者:元カレの奥さんにあたる人で、もう10年も前の話なんですけどぉ、(ええ)当時わたしが付き合ってたのに、横からちょっかいを出してきて、奪っていってそのまま元カレと結婚したっていう、ところで、

加藤諦:で奪っていった彼女と、彼とは今上手くいってるわけですね?
相談者:いってる・・はい、
加藤諦:そうですよねぇ、(はい)うまくいってぇなければ別に、(そうそうそう)「許せない!」っていうことにならないわけ(ならない)ですからねぇ、(はい)

加藤諦:それで大変失礼な、質問ですけども、(はい)あなたは今ご主人とは、(はい)うまくいってないわけですね?
相談者:いやそれがぁ、上手くいってるし、全然その元カレよりもぉ、今の主人の方が、わたしにとってはすごく大切だし、この人で良かったなと思ってぇ、いぃるのにぃ・・

相談者:だから元カレに対しては未練は無いけれども、その女の人が許せないっていう感情に、なってしまっている、

加藤諦:なるほどねぇ、僕、ごめんなさいねぇ、(いえ)あなたの言ってる事そのまま信じられないんですよ、(ほう)今の、彼との関係が、うまくいっていればねぇ、(はい)その10年前の彼女との、ことでぇ、(うん)どうしても許せないって言うそういうふうになる、はずがないんですよねぇ、(うんうんうんうん)

加藤諦:だからぁ、アナタぁ、今の彼との気持ちに、嘘があんじゃないですか?
相談者:そうでもないかなとは思うけれども、強いて言うならば、(うん)一緒に過ごす時間が、あんまりとれてない仕事が忙しくて、主人の、

加藤諦:うん、
相談者:でぇその、一人と、赤ちゃん二人っきりで過ごしてる時間がぁ、とっても長いのでぇ、(うん)その、赤ちゃんを見ている間にぼーっとして、昔の事を思い出してしまっている、ような状況、

加藤諦:だから、単純に言うと、今あなたが、自分の生活に、満足していないんですよね、(そうですね)だから、生活に対する張りとか意味とか、(うん)生きがいとかがあれば、(うん)イライラいないはずなんですよ、

相談者:うーーん、その可能性もあるかなとは思う、なんか正直今ぁ、赤ちゃんを産んで、仕事を休んでる状態で毎日ずっと暇ではある状況なのでぇ、

相談者:うん、
加藤諦:あなたぁ、外から見て今夫はいるし、子供はぁ(そう)できるし、(うん)満足しているはずなのに、(うん)なんか満足していないんですよね、

相談者:うーーんうんうん・・
加藤諦:ところがぁ、わたしは、満足しているっていうことはぁ、認めるのが悔しいんですよ、
相談者:ふぅーーん・・

加藤諦:本当の自分の気持ちを今あなたは、無意識に追いやってます。
相談者:満足してない・・(うん)っていう?

加藤諦:だから、あなたぁ、今、意識の上の自分と、無意識の自分とは乖離している。
相談者:ふぅーん・・

加藤諦:だから不安定です。
相談者:うーん・・

加藤諦:だいたい2ヶ月前まではぁ、(うん)そうでは無いのに、(うん)ある時からそういう気持ちになりだしたっていうことはぁ、(うん)満足していないということが、2ヶ月以後、はっきりしてきたっていうことだと思うんですけど、
相談者:うーーん・・

相談者:なるほどでもまぁ、これからしばらく、自分は子育てでずっと家にいて、主人も仕事が忙しいのはずーっとこれからも変わらない現状でぇ、どうしたらいいか、

加藤諦:大変難しい問題ですよねぇ、(うん)だからと言って、10年前の、その、男性に、(うん)あなたの一生を振り回されるのも・・
相談者:いやです。

加藤諦:いやですよねぇ!
相談者:うん、なんか本当に、それこそ酷い時はなんか、こんなこと言ってはいけないし、やってはいけないのはわかっているので、やるつもりは今のところはないですけど何か、(うん)嫌がらせの、ひがみ(そりゃそうです)、やってやろうとかって正直思ってた時期も、

加藤諦:あ、そういうふうに思い出す、そいでぇ、やってやろうかっていう気持ちが強まって来ますよね、(はぁい)それで、今日はぁ、あなたぁ、このイライラしてる気持ちをどうしたらいいかということでぇ、(はい)

加藤諦:幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんのでぇ(はい、はい)伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA